結婚や子供、人生の分岐点に差し掛かる時に知っておきたい行政のサポート色々!

家族

みなさんは結婚する時、新居はどこにかまえるかなどちゃんと調べてけっていしたでしょうか?もちろん職場が近いというのは条件に入ってくるかとは思いますが、そうは言っても、行政の制度を使うことでとってもお得なことがある場合あるので気にしておいたほうがいいかもしれません。

各自治体にによって様々な援助が受けることが出来るので、一概には言えないのですが、補助がある地域もあれば当然ながらない地域というのも存在するのです。

また、子供が欲しいとかんがえているのであれば、子供が出来た時に受けれる行政のせいどであったり、気にしておきたいのは子供にとってどういった援助が受けれるのか?ということは気にしておく必要があります。

たとえば新婚のためにお祝い金が支払われたり、また家賃の補助などを受けれるけーすというのは少なくありません。毎月の家賃、みなさんはいくらぐらいかけているでしょうか?実際に給料の3分の1なんていう目安なども聞いたことがあるかと思いますが、正直3分の1も家賃で消えてしまうのはもったいないでしょう。

もちろん手取りが少なければ少ないほど圧迫感は半端ないので行政の制度を有効的に使えうようにして賢く節約してみてはいかがでしょうか?

ぜひ気にして欲しいのは“子供がいる”、“新婚”、“都内に住む親元近くに引っ越す”という人は絶対に地方自治体が行っている制度をチェックしておきましょう。

もちろん、様々な制度がありますの全てをチェックするのはかなりの労力が必要です。ですのであらかた候補地をあげてチェックするようにしましょう。
ただこれらの制度というのは毎年、変更される可能性もありますので、現在の制度を把握するためには、地方自治体のホームページをチェックしたり、電話で問い合わせるのがベストです。

 

1. 都内の子育てファミリーなら5年で最大180万円!

もちろん全ての区ではありませんし、色々な条件はあるのですが、例を挙げると新宿区で子育てをしているご家庭なら、条件を満たせば月3万円×5年間、合計180万円ももらえます。

また、子育てしている家庭だけでなく、新宿に暮らす学生や働きながら一人暮らしの人を対象にした助成金もあり、こちらは毎月1万円×3年間、合計36万円の補助がでるようですのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

また、目黒区などでも子育てファミリー支援の制度などもありますのでしっかりチェックしておくのと、社会保障のバランスなどもあわせて確認しておくと良いでしょう。

 

2. 大阪で新婚夫婦という条件があるのであれば

たとえば大阪の場合、所得が一定額以内などの諸条件を満たすと、毎月2万円が補助される制度があります。条件にもよるのですが、最長6年間で最大144万円。
また新婚のみならず、小学校卒業前の子供を扶養している子育て世帯にも補助金がでますので該当する人はぜひチェックしておくとよいでしょう。

 

3. 援助金だけで判断しないことも大切

様々な援助が受けれる地方自治体の制度でもありますが、家賃補助などだけで判断するのは危険な場合もあります。
もちろん、子供が出来ればいずれは引越しをするというのであればよいかもしれませんが、引越しするだけで場合によっては数十万使うことも少なくありません。

子供の事を考えるのであればやっぱり医療制度は注目しておきたいところでしょう。子供というのは親はんんともないようなことであってもすぐに体調をくずしたりしてしまうものです。これは赤ちゃんのころだけでなく、少し大きくなった小学生でも十分に考えられますからしっかり比較検討しておきたいところです。

 

まとめ

いかがでしたか?
地方自治体が様々な援助をしてくれるケースが多いのですが、あったりなかったり、隣の区や市はあるのに自分が住んでいる地域は保障がないなんてケースは少なくありません。
各地方自治体が行っている行政の制度はしっかりとチェックしておきましょう!助成金についてはインターネットで調べてみたり、よくわからなければ役所にいって直接聞いてみれば間違いないでしょう。知らなければもらえない制度はたくさんありますので、こまめに情報収集をしておくとよいですね!

画像:http://free-photos.gatag.net/

関連記事

ピックアップ記事

バーベキュー

2015.4.21

【女性編】バーベキュー合コンするなら押さえておきたい好感度アップさせるコツ!

これから本格的にアウトドアを楽しめるシーズンに入っていきますね! アウトドアで合コンといえばバーベキュー!そんなBBQは普段の飲みの場では…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る