既婚だけど食事に誘ったら来てくれた女性の心理。これって脈ありなの?

乾杯2

旦那が女性と食事に行ってる…仕事か何か知らないけど既婚者の誘いに応じる女って何?と思っていらっしゃる方もおられるかもしれませんね。もし2人きりでなければ問題ありませんか?

また逆の立場から言えば食事に誘ったけど来るっていうのはもしかして好意があったりする?と期待している既婚男子さんがこの記事を読んでいらっしゃるかもしれませんね。

もちろん考え方は人それぞれなので一概には言えませんが、既婚者と二人で食事に行くという段階で女性の中である心理が働いていることは間違いありません。そこで今回は既婚者と食事に行く女性の心理について、ご紹介したいと思いますのであなたのケースに当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください!

 

ご馳走してもらえそう!

一般的に既婚男性が独身女性を食事に誘う場合などを考えると年下の女性が多いのではないかと思います。

ですので、こういったシチュエーションの場合、女性の心理としては単純に「美味しいものが食べれるかも!?」というような考えがあります。もちろん行くか行かないかは相手によって大きく異なります。

女性は基本的に嫌いな人とは食事に行くようなことはありません。明確に断りはしないもののはぐらかされたり、具体的な日程調整などになると仕事が忙しいからなど様々な理由を行ってきますのでそのうち誘うことも億劫になるようなかんじです。

ただ異性として意識すような相手であっても、相手が既婚だからと食事の誘いをきっぱりとお断りする場合もあるのです。これはもう理由は言わなくてもわかるかと思いますが、少なからず意識してしまっている場合があるので、そういったリスクを持ちたくないという部分があるのも事実です。

中には、そういった行動をとる人を受け入れられないという女性も中にはいらっしゃいますが、連絡が取れているのであれば、正直悩んでいるというような心理状態なのかもしれません。

 

ですが多くの場合は、ちょっと一緒にご飯を食べるくらい、別に問題ないだろうと思ったりするのです。せっかくのおいしいものをご馳走してもらえるチャンスなのだから、食事に行くくらいいいだろうというのが、既婚者と食事に行く女性の心理にあるのです。

 

既婚者に何らかの好感を持っている

女性が既婚者と食事に行く場合、基本的にはその既婚者の事は嫌いではありません。

嫌いだったら間違いなく断っています。ですのでどの程度好感を持っているのか?というところが気になるところだと思うのですが、異性として好きかも♡と考えている場合は仮にそこまで親しく話せなくてもその既婚者と時間を共有したいという思いが強くなり応じてしまうのです。

既婚者の妻側からすればイライラしてしまう話だと思うのですが、実際のところそういったケースは少なくありません。

もちろん誘われた彼女は彼女の方で、彼女の中でも葛藤はあるのです。本当は既婚者と食事に行くような時間を過ごすのは奥さんに対してまずいかも…と思っていても、相手の事がなんとなく気になったり好意を持っていると、食事に行こうといわれたら、つい行ってしまうのです。

ただ普段からある程度、会話などしていて2人での食事であっても気を遣わない関係という場合、友達感覚の場合が一般的です。こういった場合、あまり深く考えていない場合が多く、単純にご飯を奢ってもらえるという感覚しかないのです。

もちろんそのことをきかっけに、下手に親しくなりすぎても困るのですが、おいしいものを食べて楽しく過ごすくらいは別に問題ないと女性は考えているのです。ただいずれにしても女性が既婚者と食事に行く場合というのは、相手に対して何らかの好感(異性として、ただの友人として)を持っているという心理があるといえるでしょう。

 

時間が空いていた

女性が既婚者と食事に行く時の心理として、たまたまヒマで時間があったという場合もあります。

もちろんあなたの事もそれなりに何らかの好感を持っているというのが条件です。嫌われているようであれば時間が空いていたとしても食事の誘いには応じてくれないでしょう。

ただこの場合、好感を持っていたとしても別に恋愛対象とか、異性としてという感情は一切なく、単純に”いい人”だからという理由が大半です。まっすぐ家に帰っても面白くないし、せっかくだから行ってみよう、もしかしたらおごってもらえるかも…そんな気持ちが心の中にある時、女性は既婚者であっても一緒に食事に行ってしまうのです。

 

仕事上の付き合いで必要と感じている

最近は女性でもバリバリ働いているのが一般的ですが、ある意味ビジネス観点で言えば女性が既婚者と食事に行く時、その相手がもしかしたら社内であったり業務で影響するようなポジションにいる場合などである場合、食事に応じることはすくなくありません。

実際に多くの会社で必要なのは社内コミュニケーションが重要と言われています。

仕事でつながるにしてもよほどのことがない限り、人同士のつながりなわけですからある程度理解できるのではないでしょうか?単純に親しくなっておけば、有利になるかもしれないなどと考えている場合があります。

ただこの記事を読んでいる方が気になるのは恋愛的な感情があるかどうか?というところですが、仕事優先で捉えた場合、1軒付き合う程度で2軒目などに応じることはほとんどないでしょう。

あなたに仕事以外に魅力を感じているのかどうかというのは、このあたりで判断できるかもしれませんね。

 

 

行きたかったお店を提示された

既婚者に食事に誘われた場合、異性として何らかの好感を持っていないのであれば、食事に行くというだけではメリットを感じない事も少なくありません。もちろん、普段できないような贅沢を期待できるのであれば話は別ですが、以前から行ってみたいと思えるような場所であった場合というのはそれだけで既婚者と一緒に食事に行く大きな理由づけになるのです。

例えば何らかの状況で既婚者と食事にいった理由を説明するとき、既婚者ではなく、そのお店に行きたい!という気持ちを説明できれば自分の中に葛藤などあった場合、それらを払拭する理由になるからです。

ただし、前提条件としてはその既婚者の事が”嫌いでない”ということはもちろん条件として挙げられます。

 

まとめ

いかがでしたか?

女性は特に深い意味があってもなくても、既婚者と食事に行く事があります。その女性によってその時の心理は変わってくるので、その女性の本当の心理に気が付かないと、男性は勘違いしてしまう事もあるかもしれませんね。

まぁ、妻側からすればイライラするしかない内容だと思うのですが、そもそもなぜ自分ではなく独身女性を誘う必要があるのか?というところに着目しないといけないかもしれません。言えることは夫婦仲は大丈夫ですか?

画像:http://zafigo.com/

関連記事

ピックアップ記事

バーベキュー

2015.4.21

【女性編】バーベキュー合コンするなら押さえておきたい好感度アップさせるコツ!

これから本格的にアウトドアを楽しめるシーズンに入っていきますね! アウトドアで合コンといえばバーベキュー!そんなBBQは普段の飲みの場では…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る