誰にでもできるわけでないけど、美人がブサイクな彼を選ぶ理由は意外とシンプル。

美女と野獣

街を歩いていると美女と野獣のカップルに出会うことってちょくちょくありますよね。

そんな時に思うのは何故こんなに綺麗な人なのにこの彼氏なの?と疑問に思ってしまうことが多いものですが、他人の事なので考えるのは失礼かとも思いつつも人間好奇心の塊ですから気になるものですよね。

実際そういったカップルが成り立つのは美人が野獣に惚れ込んでいる場合が多いものです。好きでなければ野獣のような人と付き合うことなんてまずありませんよね。そこで今回は美人がブサイクな彼氏を選ぶ理由を読んで美女と野獣カップルの美女は野獣のどこに惹かれたのか考えてみたいと思います。

 

思ったより肉食男子?

美女と野獣のカップルでの傾向は男性が草食系でないという傾向が強いように思います。

実は、ブサメンだと言われている彼らというのは、意外にも肉食タイプの男性が多いのです。これは自分からアプローチをしなければ、彼女なんてできないということがわかっているからなんです。もちろん格好をつけることもなく、ナチュラルな人間性という部分も重要視されていますが、最近はイケメンであっても、草食系で恋愛に進めない方も少なくありませんが、そんな野獣だけれどグイグイくる肉食系の彼氏の押しの強さに惚れてしまい付き合う事もあるんです。

もちろん中には、そういった肉食でないタイプもおられますが、何かのきっかけで男らしいというアピールが出来ている可能性があります。ですのでブサイクだからと言って卑屈にならずに行動できているブサメンというのは、惚れられる可能性があるということです。

 

 

屈強からのトークや気遣い

もしかしたら頭がよくて、政治のこと経済のことから文学、映画のことまで詳しくて、話していて退屈しないかもしれません。

また、女性に対して気遣いや気配りが出来る。

女性からすればイケメンにはそういったことを期待してしまうものです。ですがブサメンな野獣の彼に対してはもともとの期待値というのはありません。ですのでブサイクが気遣いや気配りといった女性が重要視する部分が合格ラインに達するとギャップが生まれ好印象を持ってしまうのです。

ただそういった気遣いや気配りであっても、あまりにも度が過ぎたりすると相手は警戒してしまいますし、アピールされても女性からすると困惑するのです。女性の表情や周りの空気を読み取って女性に最適な提案をする事が求められますがこればっかりは経験が物を言います。

普段どれだけ女性とコミュニケーションを取っているかでそのスキルは磨かれるのですが、イケメンの場合であれば女性が寄ってくるので自然と女性の扱いを磨く事が出来るのですが、ブサイクはそう簡単には行きません。

その為、自ら積極的に女性との接点を持つように色々な出会いの場所に出かけて行き一人でも多くの女性とコミュニケーションをする事でスキルを磨くのです。目の前の女性とどうやったら会話が楽しめるか、どんな事をすれば喜んでくれるかを考えながらコミュニケーションを取る事で少しずつ身につけて行くのです。

 

女性はあまり外見にはこだわらない

女性は男ほど、外見を最重要視しません。もちろん第一印象で絶望的にアウト!という状況であれば話は別ですが、生理的に受け付けない!というような印象を持っていても、意外と怖いもの見たさで少し絡もうとしてしまうのです。

これは男性にはあまり見られません。どちらかというと男性は少しでも”ない!”と判断した場合、話なんて聞く気は一切なくなってしまうのです。

もちろん男性全員が外見に対して厳しいのかというと、そうではありませんが、ただ女性に比べると外見で判断してしまう方が少なくありません。ですが女性の場合、価値観などが合えば女性は例えブサイクでもその人を好きになるのです。

 

 

まとめ

正直、美女がブサイクな男性を好きになる理由というのは様々です。

男らしい一面をみたのか、ギャップが好印象に映ったのかはわかりませんが、答えは意外とシンプルなのかもしれません。

というのも、美人がブサイクな彼氏を選ぶ理由は好きになった人がブサイクだっただけ・・・美人は自分が美人である事を認めていて、見た目に興味が無く相手の内面を深く見る事が出来る人なのかもしれません。

それ故、上辺だけ綺麗に着飾って中身の無い人よりも中身がある人を選ぶ傾向があるのかもしれませんが、その中身のある人がイケメンであれば美男美女カップルと呼ばれブサイクであれば美女と野獣と呼ばれるだけで、好きになった人がブサイクだっただけの話なのでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

女性 怒る

2015.6.24

男性に嫌われる女はなんと…!?冷め切った夫婦でありがちな○○できないオンナ

男子から嫌われる女子の特徴をあげると、必ず入ってくる項目があります。冷め切った夫婦でありがちな○○できないオンナ。そこで今回は、男子に嫌われ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る