社内恋愛に踏み込むきっかけって何?社内恋愛が加速するポイント3つ!

社内恋愛

今現在、彼や彼女がいなくて仕事などで忙しい状態が続いてしまうとなかなか出会いを探そうにも時間が取れないですよね。外に出会いを求めることができなければ社内にしか出会いは残されていません。男子はともかく女子からすると貴重な可愛い若い時代というのを無駄にしたくないというのが本音ではないでしょうか?ただ社内恋愛となると周りの目も気になってしまうのがネックですよね。

そこで今回は社内恋愛のきっかけやポイントなどをご紹介します!

 

同じ環境で苦楽を共にすると仲良くなる

人は同じ環境のもと辛さや喜びをともにすると仲が良くなりやすいものです。

そして男女の間においては、仲が良くなり恋愛に発展しやすくなると言われています。一番わかりやすいのはもうシーズンは過ぎてしまいましたが、恐怖を共有するお化け屋敷が効果的ということを聞いたことありませんか?

お化け屋敷が恋愛において効果絵的な理由はこちら

2人の距離を縮めたいなら、夏限定のお化け屋敷デートはいかが?

お化け屋敷と同じように、例えば、社内の男女で同じチームに属していた場合、業務内容は一緒で、違いがあるとするとクライアント先くらい。つまり、仕事で抱える悩みや喜びを感じる部分も、とっても近いのです。

所属するチームが忙しくなって余裕なくなれば、彼(彼女)も忙しのは変わりありません。

この忙しいという状況は、会社としては避けたいところですが、恋愛面では、会社への不満が募れば募るほど、その感情共有をきっかけにした絆ともいえるものが不思議と強くなっていくのです。

 

同じ目標や課題に向かって、一緒に進めていくには時間の共有が不可欠

学生時代も文化祭や体育祭の運営委員をやっている人間同士で付き合っているケースって多くなかったでしょうか?これは何か同じ目標や課題に向かって、一緒に進めていく為にはある程度一緒に過ごす時間が必要になるため仲良くなるという典型的なパターンです。

そう考えれば社内イベントも同様です。

レクリエーションで球技大会をする、といった行事があれば当然打ち合わせが複数回必要になりますし、場合によっては時間が遅くなって、そのまま夜ゴハンを食べながら打ち合わせの続きをしよう、となるケースも珍しくありません。

また、イベントまでの期日も限られ時間に追われていれば、休日を返上してカフェで打ち合わせをしたりすることもあるでしょう。

そんな会社(オフィス環境)を離れた出会いが、一気に男女間の距離を縮めることになるんです。

そういったことから普段仕事しているだけでは見ることができない新たな一面を見ることができることで新たな感情が芽生えることもあるのです。

 

今まで知っていたけど“よくは知らない相手”と一緒に仕事する関係になった

少し規模の大きいような会社であれば顔を知っているけれどよく知らない人というのは結構いらっしゃるはずです。フロアは一緒でお互いの顔はいつも見えているのだけど、部署が違ったりした場合などありますよね?

知っている人であればそれが日常であまり新鮮なモノを感じることはありませんし、逆に全く知らない人というのはどちらかというと警戒心が強くなってしまうものです。ですが顔は知っているけれど話す機会がなかったというような人の場合、なんとなくイメージはできているけれどそれがリアルでない部分というものが形成されるのです。そると“何となく知っているけどよく知らない人”に対して警戒心もさほどなく新鮮さだけがクローズアップされるのでちょっとしたドキドキ感を感じるのです。

なんとなく知っていたけど、見た目より優しいな、男(女)らしいな、というようなギャップがあれば、一層恋を加速させます。

相手の意外な面を垣間見れた瞬間にもし好感を持てば、もっと知りたい、もっと知りたいというような感情になり、やがて恋愛に発展していくのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

同じ環境にいたり、共通点があったりするとやはりお互いひかれ合うものだということがよくわかりますよね。また社内恋愛が一気に加速する理由としてみんなには内緒で恋愛したりすると、より刺激的でドキドキするような気持ちになるという点もあります。

もしかしたら”社内恋愛はめんどう”と考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、たくさんのメリットや気持ちが高ぶる要素があります。社内恋愛をしてみたいという人はこれらのポイントを意識してみてはいかがでしょうか?

関連記事

ピックアップ記事

花火大会

2015.7.22

【保存版】花火デートに出かけるなら彼と相談して一緒に準備するのがコツ!

もう梅雨明けもして安心して花火を見に行くことができる時期になってきましたね。 暑い夏といえば花火デートはいつもとは違う浴衣姿に、彼もあなた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る