久しぶりに結婚した友達と会う!自宅にお呼ばれされた時に気をつけたいマナー

女性 訪問

いくら平均的に晩婚化しているといっても30代にもなると周りがぽつぽつ結婚していっている方もおられるのではないでしょうか?

自分は独身でも周囲には既婚者の女性友達が増えて来るのも事実。そしてそんな既婚友人からおうちに招かれることもあるでしょう。ただ、既婚者の女性に対しては、独身の女友達とは違った気遣いが必要になることがあるので既婚女性とつきあうときに気をつけるべきマナーを考えてみました。

 

ちょっとした手土産を持って行く

別に高価なものは必要ありません。午前中に訪問するのであれば一緒にお昼が食べれるようなものであってもいいですし、お昼過ぎであればおやつタイムに食べるようなものでも構いません。おうちにお呼ばれしたら、そこでおもてなしを受けることになるのですから手ぶらではなくちょっとした手土産を持って行きましょう!

もし時間が一緒に食べることができるような時間ではない場合、長持ちするようなお菓子であったり、石けん等の生活用品などでもいいかもしれませんね。こういったちょっとした気遣いがよい友人関係を作る秘訣です。

そして旦那さんのためにも何か用意しておくとあなたの評価も”ぐっと”上がることは間違いありません。

 

勝手に部屋のものを触ったり、ものを使わない

お互い独身の間では”家飲み”などすることもあるかもしれませんが、友達であればそこまで気を遣うこともなかったかもしれませんが、結婚して友達だけの家ではなくなった場合、独身の時と同じような”ノリ”ではいけません。

これは一般的なマナーではあるけれど仲が良ければよくなるほど崩れてしまったりするものですが、部屋においてあるものを勝手に触ったり、勝手にものを使ってはいけません。何をするにしても一言断ってからにしましょう。まして冷蔵庫を勝手に開けるなんて絶対にNGです。親しき仲にも礼儀あり、ということです。

また、トイレに行きたいときも一言声をかけてから行きましょう。円滑に人間関係をすすめるためにはこのような気遣いが大切です。

 

大きな声を出したり騒がない

これも一般的なマナーですが、一人暮らしであれば夜な夜な宴会とかもしていたのかもしれませんが、大声を出したり騒いだりしてはいけません。少し想像してみましょう。人の家にお邪魔しているわけですから友人自身がその隣人から「うるさい」などと思われてしまっては迷惑をかけてしまいますよね。

親しい友人と家にいるとつい羽目を外してしまいがちですが、大人のつきあいなので子供っぽく騒ぐのは控えましょう。

あなた一人で訪問するのであれば問題ないかもしれませんが数人で訪問するとなると一番気を付けたいところでもありますよね。

 

話題を選ぶ

大人の友人同士のつきあいですから話題も適切なものを選びましょう。

友達同士の普通の会話であれば問題ありません、問題があるのがどういったものかというと具体的には、他の既婚家庭と比べるような発言をしたりしてはいけません。またあなたの独身貴族ぶりを披露したり、自慢をしたりしてもいい印象は持たれないでしょう。そして相手がよほどのお金持ちでなければ、絶対に収入等のお金の話をしたりはNGです。

一番いい話題としては、たとえば自分の悩みを聞いてもらうなどがいいのではないでしょうか?些細なことでも大丈夫です。悩みを話すというのは信頼している証拠ですから、相談された方も頼られている感じがして親近感を持てるものですよ。

 

長時間居座らない

独身の女性が一番なかなか気づけないのが夕方という時間です。昔話や、久しぶりに会った友人の場合、きっと話も盛り上がることでしょう。けれど友人のお宅にお邪魔する際に気をつけたいのは、長時間居座らないことです。

先ほども言いましたが、特に既婚者の場合は夕方頃になると片付けをして夕食を作ってなどの仕事をしなければならないことが多いので、いつまでもお客が帰ってくれないと内心焦ってしまうこともあるそうです。だからといって「そろそろ帰って」などと言えるものではありません。

そこで、相手が「帰ってほしい」という雰囲気を出していなくても、こちらの方から気を遣って「そろそろ帰るね」と言って早めにおいとまさせてもらいましょう。

このようなちょっとした気遣いが、長期のよい関係を持続させるコツですよ!

 

まとめ

いかがでしたか?

一般的なことではあるけれど、改めて気を付けないといけないマナーをご紹介させていただきました。気を許していた者同士であってももう一度確認してみたほうがよいかもしれませんね。

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る