高望み?オバサン?超美人?「合コン」に絶対誘いたくない女の特徴3つ

女性 グループ

合コンが成功か失敗かを判断するときに重要なのがみんなで楽しく過ごすことができたかということが一番わかりやすいのではないでしょうか。これは男性、女性にかかわらず言えることですがせっかくみんなが集まって楽しい時間を過ごそうとしている時に失礼な言動があってはその場はしらけてしまいますよね。

そしてその楽しい時間を過ごすために男性チーム、女性チームが繰り広げる華麗とも言える、同性同士の絶妙な連携プレーで成否が分かれる合コン。ダメンバー(残念なメンバー)を連れて行くと、気になる異性と話すチャンスを失うばかりか、連絡先すら入手できない残念な結末を迎える可能性も十分にありえます。

そこで今回は、あなたがもしそういった人種に片足を突っ込んでいる状況であればすぐにでも改善しないと合コンにこれから呼ばれることがなくなってしまいますので女子メンバーが考える「絶対に連れていきたくない女」を紹介して見たいと思います

 

1.高望み婚活女

本来、合コンは出会いの場です。婚活と呼ばれる集まりでなければ、基本的に男性は結婚を意識している人はあまりいません。交際して、将来的には結婚できる相手が見つかればいいな……と思っている男子にとって、婚活女子が参加するのはすこし場違いな場合が多いようです。

男性陣に『会社は?』と聞いて、大手広告会社の名前が出た瞬間、満面の笑顔を浮かべていたのに、『子会社』とか『出向中』と付くと急に気を落としたり、『大学はどこ出身?』と聞いて東大・京大・早慶以外だと、バカにしたような顔をするような女子は、もう二度と連れて行きたくないと思われているはず。

何かにつけて男子の社会的地位や、ステータスなど、そして挙げ句の果てには給料の話などばかり敏感になてしまうというような面倒くさい女子もいるようです。

ほかにも世間には初対面にも関わらずいきなりその男性の家族構成を確認しに走るなどですが、「長男? 次男?」なんて聞くツワモノもいるようです。流石にここまで来るとあいた口が塞がらないといった状況になってしまいますよね。会社や学歴などのフィルターで男子を瞬時にジャッジする、高望み婚活女を連れて行くと、自分も同類に思われて警戒されるので気をつけて。

 

2.オバサン級マシンガントーク女

盛り上げ役は必要だけれど、ほどほどにしておかないとドン引きされる結果を招くこともありえます。

というのも初対面では、やっぱり気さくに話ができる人がいたほうが会としては盛り上がりやすいもの。そしてそんな人は、盛り上げ役になってくれ、軽快なトークができる女子であれば、連れて行くと大活躍してくれますが、オバサンのようなマシンガントーク女になると、話は別です。場の雰囲気をすべて持って行ってしまいます。

要注意なのは、自虐性のある話題が多い女子。お酒が進んでくるにつれて、自分の過去のツライ恋愛話を延々と披露したり、DVに遭ったとか、男性陣はドン引きに!そこまで言ってしまうと、 話を変えようとすると機嫌を悪くしてしまったりする女性も。普通に考えてみるとあえて自分の株を落とす行為は意味不明の域ですが、こういった自分が主役にならなければ気が済まない女子を連れて行くと、その人の独擅場になったり、注目を集めないとブスッとした表情に切り替わるので危険です。

 

3.超美人な女

意外と不人気な美人さん。けっこう女性の合コンに関するアンケートで質問項目に出る”自分以上にかわいい女の子を連れていったことがある?”という質問。この自分より可愛いというのは女性と男性とでのカワイイの基準が全く異なるのだとか。

女の言う可愛いは動物みたいでいじり甲斐があるっていう意味であったり、女子の”かわいい基準”を疑う声が男性にはとても多いことが分かります。女子の本音を聞くと”女のかわいいの基準は違うから、誤差があるのは仕方がない”や、”外見だけがかわいさではない。トータルでかわいい子ならいいじゃん”ど、あいまいな回答しか得られないようす。

ただこれは女性が本音で言わない男性の行動心理をよく理解した上での行動なのかもしれません。というのも女性と、男性とでは恋に落ちるプロセスが違うからです。その女性と、男性の考え方の違いがわかる作家さんの言葉があったのでご紹介します。

A man falls in love through his eyes, a woman through her ears.

- Woodrow Wyatt (ウッドロー・ワイヤット) -
男は目で恋に落ち、女は耳で恋に落ちる。

(英国の政治家、作家、ジャーナリスト / 1918~1997)

いかがですか?男性はやっぱり目で見えてしまうものに恋をしてしまいがちのようです。これを本能的に理解しているのかわかりませんが女性が”自分より可愛い女子”を連れて行かないという理由がわかるのではないでしょうか?

実際のところ、女子が真の美人を誘うことはないと解釈してもOKかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか?片足を突っ込んでいるようなことはなかったですか?

基本的には気遣いは大切です。まして、みんなが時間を共有するためにその場に集まっているわけですから連携プレーは大切です。どうしても楽しくない合コンとかも”ゼロ”ではないでしょうから強制的にお開きにすることも場合によってはあるかと思いますが、その場合はもちろん同性同士で、相談して決めるのであれば問題ないでしょう。

ひとりで、暴走しないようチームプレーを意識してみて!

関連記事

ピックアップ記事

女性 仮面

2015.6.25

大好きな相手に”本当の自分を知ってもらいたい”と悩んでしまっているあなたへの処方箋

コンプレックスというのは誰でも持っていますが、そういった自分が気になっているところ、つまり悪いところを隠して恋愛を続けていっても、うまくいか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る