付き合っている彼、気になる彼が年下…どういうふうに接したらいい?

年下彼氏

ここ数年、年下の男子というのが注目を集めていましたが、事の始まりは女性は男性よりも寿命が長いという統計から。

年下彼氏を捕まえることができれば生涯において、長い時間、幸せを感じている事が可能になるという気持ちの現れなのかもしれません。ですが年下の彼となると付き合うまでにも自分の方が年上だからと甘えるわけにはいかないという気持ちが少なからずあったりしてどうアプローチをかければいいかと悩んでしまう女子も多いのではないでしょうか?

そこで今回は年下彼氏と上手に付き合う秘訣をご紹介していきますので今現在、年下の彼が気になるという方はぜひ参考にしてみてください。

 

自分が年上だという事実を意識しないようにする。

年下の彼を年下だと意識するのは一番だめなことです。

とは言うものの気になってしまうし、現実は彼は年下です。ですが恋愛するとなると立場的にはフィフティ、フィフティでなければなりません。年下の彼とうまく付き合ったりできないのは大抵の女性が、相手が年下という意識が強いあまり自然な自分を出せずに、お姉さんのようなまたは、お母さんのような態度で彼氏に接してしまいます。

もちろんそういった愛情というのもときには必要ですが、ずっと同じ調子で接するのは彼的には良くありません。

というのも最初はすごく優しい彼がワガママな男に豹変することがあります。例えば年下の男性が母親に駄々をこねる子供のような人に変わってしまうことも。もちろん、豹変する年下男が悪いのですが、あなたが年下彼氏を甘やかす態度を取った事がきっかけになるということを覚えておきましょう。

また年上彼女だと、年下彼氏を弟のようなまなざしで見てしまったり「わたしががんばらなきゃ」と思ってしまいがちですが、それでは年下彼氏の立場がなくなってしまいますよね。

 

相手を年上だと思い込む

上記と正反対ですが、年下彼氏のことを、年上の男性だと思い込む事はどちらかというといい影響を与えます。

というのも年上の男性の前だと女性は甘えてしまいますし、普段の自分よりももっとかわいらしい女性になるのではないでしょうか。ですのであなた自身がもっと素直になれるというメリットがあるのです。

もしかしたら彼に嫌がられるかもと考えてしまうかもしれませんが、実際、年上でも年下でも、男はかわいい女性には弱いものです。

相手を年上だと思って、彼がするいろいろな事に尊敬の眼差しを向けてみましょう。そうするといい意味で年下男性はまるで母親に期待されている、できのよい息子のように、あなたの期待に応えようとがんばるはずです。

 

自分の同級生の男性の話をしない

年下の男性がすばらしい男でいるためには、彼を卑屈にさせるような内容は話さないように気遣うべきです。

年齢を重ねている分、社会的な地位や様々なチャンスというのを経験しています。ですので、もし、あなたが年下の彼の前で、あなたには特に意味がなく何気なくあなたと同年代の男性の活躍などを口にした場合、男というのはプライドがありますからよっぽど精神の立派な年下男性でないかぎり、卑屈な思いを抱えてしまうのです。

もしあなたが仕事などバリバリするタイプでキャリアを重ねている中でその年上の男性とあなたが同等の立場であるといった場合、さらい隔たりを感じるきっかけになりかねませんので注意が必要です。

 

 

年齢の話はしない

どうしても年上ということを気にしてしまうと、そのことを茶化すような行動をとる場合も少なくはないのでなないでしょうか?

彼も彼なりにあなたに見合うように努力しているのです。ですのでその努力していることをどちらかというとネガティブな発言で茶化されるというのは、男性的にはあまり好まない話題なんです。

あなた自身年上の彼女であるということは、たしかに年下彼氏にとって申し訳ないという思いを抱きがちですが、それでも年上彼女を選んだのも彼の意思のはず。引け目に思う必要はありません。

加えて「わたしはオバサンだから」「もう年ね~」などという話題も男性側は聞きたくない話題なんです。

 

常識的なことは忘れない

年上彼女には年上彼女のよさというものがあります。もし年下の彼氏といい関係になろうと考えるのであれば努力すべきは教養といった部分かもしれません。ドジで失敗ばかりの目が離せない女の子…というのは、基本的に年上彼女には通用しないものと思ってください。

ただ必要以上にしっかりしたり、自分のキャパシティ以上にがんばる必要はありませんが、必要な教養やマナーは正しく使えるようにしましょう。

きちんとした年上彼女の姿を見た年下彼氏も、あらためて年上であることの魅力を感じるはずです。

 

 

自分の仕事や趣味の世界をしっかり持ってる感じを出す

あまり年上ということは気にしないということに矛盾してしまいますが、やはり年上なのですから、相手からひとつは尊敬される、一目置かれるところを作ることは大事だと思います。

ポイントはしっかりと持っている自分の仕事や趣味の世界を、ひとつか、ふたつくらい相手に見せることです。

ただこれは年上でなくても、一般的に2人の関係がよくなる傾向としてはお互いが尊敬しあえるという環境です。ただ、年下の彼女に比べると若干はハードルが上がってしまうことは否めません。

やはり年下の彼からすれば自分の知らない世界を知っているということでしょうから、自分の世界をひとつも持ってない人というのは、年下みたい、というか、人生経験していないやつ、という感じに思えてくるのです。

年下の彼は、自分にふさわしい相手かどうか、年上の彼女を見る時があらためてくるのです。

 

 

いつも可愛くいる

可愛くいる、というのは年下彼氏だけではないかもしれませんが、自分が年上だというと、頑張っちゃう女性も多いのでは?

今まで以上にいつも、可愛くいましょう。中身も外見も大事です。

 

まとめ

いかがでしたか?

年下彼氏と見てしまっている時点で、年齢を意識しすぎてしまっているかもしれません。ただ根本的なとこを言えば年齢が離れていようがいまいが、お互い好きになったもの同士が恋愛へと発展するんです。そこには自信をもって付き合っていきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る