旅行先での些細な価値観の違いがヤバイかも。彼に「結婚はないな…」と思われないために注意したいこと

カップル 旅行

お盆休みや夏休みを利用して彼と旅行に行ったという方も多いのではないでしょうか?

特に今年の夏が、恋人同士として始めてどこかに遠出したとなると新しく相手の魅力を感じたりできるいい機会ですよね。そんなちょっとした2人だけの時間であればいい思い出ができたのではないかと思うのですがいかがでしょう?素敵な思い出が2人の中にできたのならきっと、将来もずっと側にいたいなと感じたりしますよね。

ただ反面、一緒に旅行に行ったことで相手と結婚する気が失せることもあるのも事実。ちょっとした価値観の違いから誤解を招いてしまうこともありますので注意が必要です。そこで今回は男性に「結婚はできないな…」と思われてしまうような旅行でのエピソードをご紹介します。

 

せめて片付けてから部屋を出ようよ。

どうしても自分の部屋ではないから、散らかったままで帰ったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

というのも一緒に泊まった旅館を出る時に、『もう部屋出るし、このままでいいじゃない?』と部屋をぐちゃぐちゃにしたままだと普段の生活も疑われてしまうかもしれませんよ。実際そうでなくても普段、だらしないんだろうなと思われてしまいます。

男性は結構対外的な面を気にします。自分に対してという部分よりかは自分が関わる周りに彼女がどう影響するのかというのを考えてしまうのです。きっと女性の多くは体裁を気にすると言われるかと思いますが、男性は自分よりも自分と関わる人を大事にして欲しいと考えている方が少なくありません。ですので旅行先の宿泊先であったとしても彼よりもあなたの方が率先して片付けるという姿勢を忘れてはいけません。

 

有名なお店に入れないと不満

旅行というのは最初からビシッとスケジュールを組んでいてもなかなか予定通りにいくことはありません。

旅行先のパンフレットであったり、旅行雑誌なんかはやはりたくさんの観光名所であったり、お勧めスポットなど掲載されていますが、そういった情報というのは多くの方が見ています。そのため予想以上に混雑していたり、行こうと考えていたところに行くことができなかったりすることも少なくありませんよね。

そんな行けなかった場合の時、「仕方ないかな。」と考えれるかどうかです。

旅行はもちろん目的地もありますが、恋人同士で一番大切にしたいことというのは、一緒にいる時間ではないでしょうか?2人でどこかに行ったという思い出で十分良くないですか?今回行けなかったとしても、次回という考え方もできますよね。「旅行雑誌に付箋をいっぱいつけていて、今回の旅行を楽しみにしてくれてたんだ!と嬉しくなったけど、現在地から付箋を貼ってたレストランには遠くて行けないことが判明。すると、『掲載されてる評価が高いお店じゃないと行きたくない』とずっと機嫌が悪くて困った。

彼女の旅行の楽しみが、「二人で過ごす時間」よりも「旅行雑誌に載る店に行く」ことだと分かってしまった時、彼が冷めてしまうのも無理はないかも。

 

それも写真を撮るの?

最近はInstagramやFacebookなど利用されている方は多いのではないかと思うのですが、どうしても投稿したくて写真ばかり撮っているという方も多いのではないでしょうか?有名スポットではもちろん、食べる料理一品一品を写真で撮ってていては2人の思い出作りなんなのかが疑問をもたれる事になります。

こんな状況では旅行というプライベートな出来事ではなく、ただの取材みたいになてしまいますよね。

もちろんあなたの投稿で誰かの役に立つことも出てくるでしょう。ですが、あくまでプライベートな空間です。しかも彼氏といるとなるとあなた1人だけの時間ではりませんよね。そのあたりは注意したほうがいいかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか?

男性は自分の周りに関係する人たちに対する気遣いは結構、重要視します。また、最近はSNSなどの投稿を皆さん利用されていると思うのですが、一緒に行動している人の心境も考えるようにしましょう。

あなたは良くても、相手が一切楽しめていない事も少なくありませんよね。そのあたりはしっかりと考えておいたほうがいいかも。彼氏と旅行に行くことは、二人の将来を考えるきっかけにもなります。もう少し二人の時間を大切にしなければ「結婚」から遠ざかってしまうのかもしれませんね。

関連記事

ピックアップ記事

満月 デート

2015.9.15

満月の威力が半端ない!?お月見デートを勧める理由と、やめたほうがいい理由!

皆さんは、お月見デートをしたことがありますか? 天気次第ではありますが、満月が鮮やかに見える夜というのは、絶好のお月見デート日和と言え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る