普段積極的にアピールできない女子は看護師を見習え!男が看護師に惹かれる大きな理由!

看護師

男性が憧れる女性の職業として看護師がいつの時代でも根強いものですが、なぜ根強いのか?というところにフォーカスすれば、理由はやはり”優しさ”ではないでしょうか?

よくそんな看護師に憧れる男性が好意を寄せてみるものの、「仕事しているだけ」というような冷めた意見が返ってくるというのは少なくありません。ですがそうは言っても、入院している時など惹かれてしまうことは嘘でもなんでもありませんので、こういった状況を使えば、気になっている男性に対して自分から積極的にアプローチできないアラサー女子であったとしても、小悪魔ばりに恋愛テクで落とせるシーンといえるのではないでしょうか?

そこで今回はこれからの季節の変わり目で起こるであろう体調不調や、風邪気味の彼にしてあげると喜ばれることをご紹介していきます。

 

今までの頑張りを褒める

気になっている彼であれば、体調が悪そうなことなど周りよりも早めに気づけるのではないでしょうか?

なんか雰囲気がいつもと違う…など、誰よりも先に「体調が悪そうだけど大丈夫?」と気遣いたいと考えるものですが、あまりにも積極的に行くと、狙っているのが見抜かれそうですよね。

ですので、自然なかたちで入り、さらに印象を上げる方法としては、周りの人が先に体調の心配をした後、同様に体調を気にかけつつも、「ここ最近頑張っていたもんね」など、今までの頑張りを褒めるようにしましょう。そうする事で、一般的な気遣い以上に、相手のことを認めるという言葉が入ると周りと差が一気につくのです。

看護師の視点で言えば、気にかけることはもちろんのこと、相手を元気づける言葉であったり、不安を解消するような言葉というのがやはり使われています。そういった相手を勇気づけるような言葉というのは特別な印象を与えてくれるのです。

 

二人きりというシチュエーションではまた違った言葉選びを!

先程は周囲の目を気にしないといけないシチュエーションでのアピール方法ですが、2人きりでいる場合のシチュエーションではまた違った言葉選びが必要になってくるのです。先程は、周りと差を付けるためのアピール方法ですが、2人きりのシチュエーションではグッと距離感を縮める言葉を彼に言ってみましょう。

先ほどの「今までの頑張り」を褒める言葉であっては、受け取り方によってはあまり体調を心配していないようにも聞こえますよね。ですのでそんな2人きりの時に響く言葉は、「できることがあれば言ってね」といった内容です。

これは彼女であれば色々と世話を焼いてしまうシチュエーションなのですが、まだ交際していない状況であればあまりにもガツガツと踏み込むのは危険です。看護師が人気ある理由として、体調などが優れない時に、一定の”仕事だから”と割り切っているスタンスが男ゴコロを魅了するのです。やはり看護師も仕事ですから相手の望んでいる範囲でのサポートをするというところを意識しています。ですから男性からするとちょうど良い距離感が心地よいのです。

ですので看護師のように「できることがあればお手伝いするからね」など、気にかけているアピールをしつつも、付き合っていないので言葉だけに留めておきましょう。

 

やはり温かみを感じるのはアナログ?

実際、体調不良に悩まされている時というのは、なかなかそういった言葉だけでは響かない場合もあります。

そしてコミュニケーションツールが発達した昨今であっても、人とのコミュニケーションは慎重にならざるを得ない部分があります。LINEやメールで気持ち簡単にを伝えられる時代だからこそ、手書きのメッセージカードを貰うと嬉しいもの。彼は風邪で身体も心も弱っているので「早く良くなってね」「身体あっためて、休んでね」など、体調を気遣う短い言葉にしましょう。

もちろんそれに合わせて栄養ドリンクでああたり、のど飴など、何らか体にやさしいものも一緒に渡せればいいかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか?

彼が風邪を引いた時や体調を崩した時、いつもは積極的になれない女性であってもアプローチしやすいきっかけではありますよね。看護師さんが出すオーラというのは仕事であったとしても男性は惹かれるものです。

多くの看護師さんが困惑するのも仕方ありませんが、やはり程よい距離感というのが惹かれる一因でもあるのです。ですのである程度の距離を保ちつつ、小悪魔恋愛テクニックを駆使して、彼の気になる存在になりましょう!

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る