最近の男性はデートに誘うにも具体性が重要。女心を汲み取るのが苦手な男性心理

女性 ナチュラル

女性であれば気になる男性からのアプローチなんてめちゃくちゃ嬉しいですよね?

そんな風に妄想することも悪くはありませんが、最近は男性からのアプローチを待ち続けるのは時間のロスとも言えます。

というのもご存知のとおり、現代は男性の草食化が急速に進んでいる時代!男性からのアプローチを待っていたら日が暮れてしまいます。はっきりいって時間の無駄です。

そりゃ、男性側からグイグイ来てくれるに越したことはないです。女として、求められている喜びを実感できますからね。

とは言うものの、肉食本能を残した積極的な男性も存在しますが、都合よく自分の前に現れるとは限らないですよね?一日でも早くウェディングベルを鳴らしたいのであれば、自分から動かなければいけません。

そこで今回は、女性が男性にアプローチする時にきをつけたいことをご紹介しますのでぜひチェックしてみましょう!

 

男性は「誘ってほしい女心」を汲み取るのが苦手

まず基本的なことを言うと、自分から動くと言っても、ただ闇雲に動き回っても成果は得られません。もし普段、メールやLINEなど気になる彼とやり取りしていたとしても、男性は細かな女心というのは理解しません。たとえばLINEやメールのやりとりですが「おはよう」や「お疲れ」だけでは、はっきりいってそれ以上の関係には発展しません。

もし、あなたと彼がすでに正式交際まで発展していて、日常的にLINEやメールでやりとりする仲なら「おはよう」や「お疲れ」でも構いませんが、片想いの段階で中身のない文面を送っても、受け取る側にとっては「だから何?」という状態です。

もちろん彼が肉食系であなたに何らかの好意があるのであれば彼から何らかの質問がきたりするかもしれませんが、草食系であればそういった期待はできません。

また、何気ない文面から、誘ってほしい女心を汲み取って欲しい…と思う人もいるかもしれませんが、まぁ、ほとんどの男子は気づきません。もしあなたが彼とデートしたいのであれば食事に誘うなり、映画に誘うなり、しっかりと具体性を持たせる必要があるのです。

 

大事なのは、何ゴハンを食べたいのか

仮に、食事に誘った場合、内容にも具体性が欲しいところです。

「ゴハン行こうよ」とか「飲みに行こうよ」は、決して悪くないのですが、草食系の男子はあなたからの具体的な内容を待っている場合があるのです。せっかっく勇気を出して誘って、「いいよ!」という返事をもらっても先に進めないのは、どこに行きたいとかという情報がないと草食系は緊張してしまうのです。

また場合によっては、深読みしてしまう男性もいて「店は俺に決めろってことか?」と、プレッシャーに感じるケースもあるのです。

「美味しいイタリアンのお店できたみたいだよ!食べに行かない?」とか「美味しい日本酒のお店を見つけたんだけど一緒にどう?」とか、具体性を持たせることが大事です。とは言うものの、内容に具体性を持たさないといけないのですが、いきなり送るよりも、一つ手前のLINE・メールで、「イタリアンは好き?」とか「日本酒とか飲める?」などジャブを打っておくとより相手に対する気遣いもいい感じです。

だって草食系の場合、無理して苦手なところに行ってしまう場合もありますからそうなってしまっては楽しいはずのデートも気持ちが半減してしまいますよね。ですが事前に聞くことで、苦手な場合は、「じゃあ鶏はどうだろう?」と方向転換することができます。

 

「何でも良いよ」は絶対禁句

草食系であっても、あなたのお誘いに対してじゃあ「何食べに行く?」というような返答をしてくれることもあります。

女性の多くは、「何を食べたい?」と聞くと、「何でも良いよ」と答える方が多いのではないでしょうか?ですが「何でも良いよ」という回答はかな~り男性からすると頭を悩ます問題なんです。

ですので「何でも良いよ」ではなく、先ほどと同じように具体性を持たせることが重要なんです。

周りの女性と少し違う、そんなポイントがほかの女性と差を付ける大きなポイントになるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

昔は、逆のパターンだったかもしれませんが、今は男性がどちらかというと控えめな場合が多いものです。しっかりと具体的にアピールするようにしましょう!

 

 

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る