今日から始めるシミ対策!! シミ予防の基本押さえときましょ!

女性 ビーチ

女性であれば年中気になるのが紫外線ですが、特に3月から9月にかけてぐんと増える紫外線。受けたダメージをどれだけ最小限に抑えるかが、シミやシワの予防につながります。また太陽が一番近くなる夏は、紫外線も強く照射量も多くなり、徹底した紫外線対策が必要ですよね。そこで今回は日常生活で紫外線を防ぐ方法をご紹介します。

 

シミのもとを作らない!今から始める美白対策

できてしまったシミを消すことは、とても難しいことです。そのため、美白ケアで一番大切なのは、シミの原因を作らない「シミ予防」だといえるのではないでしょうか。ところが、自分ではしっかりと美白対策をしているつもりでも、少しの油断でシミの予備軍は着実に肌に蓄積されていくのです。
一年中、白くて美しい肌を保つためには、紫外線防止グッズでシミのもとを作らない!ということが大事です。

シミができる原因の一つが紫外線です。肌の細胞を紫外線から守るために作られる、メラニン色素が過剰に作られるとお肌に残ってシミになるのです。そのためシミ予防では、シミのもとメラニン色素が作られないよう、紫外線防止グッズを使って、紫外線を浴びない工夫をすることが重要なのです。

 

ポイント1:外出するなら日傘・帽子・スカーフをセットで持ち歩く

当たり前ですが、紫外線を気にする女性の方は間違いなく準備できていますよね?

日傘・帽子・スカーフは紫外線からお肌を守るための、外出の際の必需品といえます。紫外線は晴れの日だけでなく、曇りの日にも降り注ぐほか、アスファルトなどの地表面や水面などの、下からの反射もあるため注意が必要です。上からの紫外線ばかりを気にしていると、思いがけない部分が日焼けしてしまうことになります。

出かける時に忘れないためには、玄関などの目につく場所にまとめて置いておくようにしましょう!

 

ポイント2:紫外線の影響は目からも影響する!

肌に浴びた紫外線だけでなく、目から入った紫外線でもメラニン色素が作られてしまうってご存知でしょうか?そのため、外出の際は目もとの紫外線対策も必要なんです。手軽にできる目の紫外線対策といえばサングラスですが、濃い色のサングラスはちょっと…という人は多いかもしれませんね。

ご安心ください!大切なのはレンズの色ではなく、紫外線透過率なんです。透明なレンズでも、紫外線透過率が1%未満なら、99%の紫外線を遮断することができるので、購入の際は必ずチェックしましょう!

 

ポイント3:室内でも紫外線対策は必要!

外出中は徹底していても忘れがちなのが室内での紫外線対策。

地上の届くUVAとUVBの2種類の紫外線のうち、肌を黒くする日焼けを引き起こすUVAは、雲やガラスを通り抜けることから、建物の中だからといって安心はできません。窓辺に長時間いると、外にいるのと同じ量の紫外線を浴びることになるのです。
家の中で紫外線防止するためには、ややコストがかかる紫外線をカットする窓ガラスのほか、手軽な値段で購入できるフィルムやシートなどがおすすめです。

今まで特に気にもしていなかった場合はぜひ今週末から紫外線対策を心掛けてみてはいかがでしょうか?

 

日焼け止めを正しく使って日焼けを防ぐ!

暑い夏などの薄着の時期や、白などの色の薄い洋服を着た際など、完全に紫外線をカットできないときの強い見方が日焼け止めではないでしょうか。クリームや乳液状のものから、パウダー、スプレーなどを、用途に応じて使い分けると便利です。

ただ日焼け止めの種類が多いのがややこしいですよね。最近は、UVBの防止効果を示すSPFとUVAの防止効果を示すPAの高い製品が出回っていますが、使用方法をしっかりと守らなければ、正しい効果が得られないため注意が必要です。

またいくら外出する前に塗ったからといって安心してはダメです。日焼け止めを正しくには、2つのポイントがありますのでしっかりと覚えておきましょう!

 

ポイント1:塗りっぱなしでは意味がない

日焼け止めはSPF50/PA++++など、日焼けを防止の効果が高い製品が占めるようになってきていますが、1度塗ったからといって安心してはいけません。特に暑い夏時期は汗や皮脂によって浮いてしまったり、摩擦によって剥げてしまったりすることがあるのです。

ですので、日焼け止めは2~3時間ごとに定期的に塗り直すことをおすすめします。実際持続時間というのは製品によって異なりますが、先程もいいましたが暑い夏は汗をかきやすいですので2~3時間を目安に塗り直すとよいでしょう。

 

ポイント2:日焼け止めがシミの原因にも

実際のところ、紫外線対策がきっちりできていたとしても、紫外線以外のシミの原因に、メイクの落とし残しがあります。メイク汚れがお肌の上で酸化することで、肌に悪影響を与えるのです。ここからわかるように同じことが日焼け止めにもいえるため、シミを作らないためには、必ずその日のうちに日焼け止めを落とすようにすることが大切です。

特に効果や効果の継続時間が長い商品というのはそれだけで肌に与える影響が大きい日焼け止めといえます。ですので使用場所と使用する商品というのをきっちりと選別する必要があります。普段はオフィスワークなどで室内での仕事なのに無意味に強い日焼け止めを使うというのは肌にあまりよくありません。塗り直しなどできるのですからしっかりとレジャー用と使い分けるようにしましょう。

また、顔など化粧もして日焼け止めも塗ってという場合、塗る順番などに決まりはありませんが、意識したいこともありますので以前の記事もぜひ読んでみましょう!

室内でも日焼けする!? 白い肌を維持、そして肌の負担を最小限に部屋の中でもやるべき日焼け止め
日焼け止めを落とす際に注意しなければいけないのは、製品によって、石鹸やボディソープで落とすことができるものと、クレンジング剤が必要なものがあるので、あらかじめ注意書きをしっかり読んでおくことが大切です。

 

生活習慣の改善でシミができにくい肌になる!

シミやしわなどの、皮膚の老化を促進する原因の一つに生活習慣があります。

偏った食生活、ストレス、睡眠不足、飲酒や喫煙など、さまざまな生活習慣の乱れがシミのもとになっていると考えましょう。
まずは、肌に悪影響を与えている原因がないか、現在の生活習慣を見直すことが重要です。

「睡眠を十分にとる」「野菜をたくさん食べる」「お酒やたばこを控える」など、健康的な生活を心がけましょう!

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る