彼女なんていらない!”ぼっち充”を楽しむ絶食系男子の思考回路とアピール方法!

男性 くつろぐ

最近は別に女子が苦手ではないけれどあまり恋愛自体に興味がないという男子も少なくありません。

あなたがいくら彼との素敵な恋愛にあこがれていても、実は彼側にその気がないのかも?ちょっと前までは草食男子なる恋愛に興味はあるけれど積極的でない男子騒がれたものですが、今は恋人なんていらないと思っている男がたくさん!

恋をしたい女子にとっては悩ましい問題ですが、なぜそういうふうになってしまったのか、彼らの心理を理解して恋愛成就の糸口を見つけてください!

 

「彼女?別にほしくない」という男子、絶食系男子が増加中!

最近は、彼女を欲しいと思わない…と考えている男子が増えています。

勘違いしたらダメなのが、いかにもモテなさそうという男子ではなく、モテそうな男子であってもそういうふうに考えている場合があるのです。そんな彼らは決して“モテないから”というわけではなく、あえて”彼女を持たない”というスタンスを取っています。

昨今は消極的な男子に対して自らが積極的になる女性が増えているなんていう事も言われていますが、”彼氏が欲しい!”と考えている女性からすると、いくら片思いの男性にアピールをしても彼が”彼女は作らない”派の男性だった場合、切なくなってしまいますよね。

でも、なぜそういった考えを彼らは持っているのか考えたことはありますか?

実は、いまの時代特有の社会背景というのが大きく影響しているんです。

時代が変われば、今まで当たり前だったことが大きく変わることは何ら不思議なことではありません。ですのでそんな男性の恋愛に対する心理や気持ちを知っておかないといくら頑張ってもそういった男性を振り向かせることは難しいでしょう。

そこで今回は「彼女なんていらないよ~」と思っている男子が多くなっている理由を紹介します!

もしきになる彼が絶食系だった場合、何らかの対策を考えることができるかもしれませんよ!

 

1. お金がかかるから

これが一番の理由として考えられるかもしれません。

いつの頃かもう記憶も経験もしていない方が今の恋愛市場の主役なんですが、実際に景気が良かった頃と比べると、真面目に働いていてもそんなに余裕ある生活を送れないというのが現状として多いものです。それに対して気持ちとしては見栄を貼りたい男の気持ちというものがあるのですが、男女で収入にそれほど差もなく、収入自体も決して多くない今の状況では単純に彼女を作ると「デート代や記念日のプレゼント費用」など、お金の心配をして恋愛に興味を持てなくなる男性が多いのです。

最近はカップルのデート代割り勘なんてのも当たり前になりつつありますが、それでも見栄を張りたい男性は少なくありません。ですが現実問題で言えばそこまでの余裕がないというような葛藤に悩まされているのです。

また女性としても彼や、結婚する相手として見るにはそれなりの年収を望んでいる方も多いのではないでしょうか?一昔前であれば年収は最低でも700万などと言われていて、現在は大分下がりつつあるものの大半の男性はなかなか厳しいものです。

もちろんそれなりに稼いでいる男性もいるにはいてますが、絶食系と呼ばれる男子が増えている背景にはそういった部分が大きく影響しているようです。ですのでもし気になる彼がそういったタイプの場合、普段から割り勘が基本という態度を取る!ということが大事です。

また女子としては不本意かもしれませんが、派手な趣味であったりファッションなどを控えて、デートの仕方を選ばないような節約家のイメージを出すと「お金がかからない女性」という印象を与えることができるので恋人にするハードルを低くできるかもしれませんよ!

また日頃からこういった男性いうのは節約傾向に走りがちですが、「お金をかけてもらえない」とか「貧乏臭い」と否定的な姿勢を見せずに「節約上手」として認めてあげることが大切なポイントです。

いずれにしても結婚すれば節約するに越したことがありませんので自分でも節約術を身につけ、彼の生活に合わせることで理解しやすくなったり会話が弾みやすくなります。

 

2. 男友達の方が気楽でいい

上記の理由の延長になりますが、男友達のほうが趣味も合わせ安いし、そもそも一緒に行動するうえでも気を遣わなくていいという理由から、彼女を作るより同性の友達とのコミュニケーションを大切にしたいと思っている場合もあります。

例えば、男同士であれば気にせず割り勘に出来ますし、もちろんどこかに出かけるといっても無理しておしゃれしなくてもいいのですから気楽ですよね。そしてちょっとしたマニアックな趣味であっても友達であればとやかく言われることもありませんが、彼女だと話は変わってきます。

また、彼女を抱きしめたりすることの安らぎや幸福感などの恋愛のいいところよりもそもそmこの醍醐味とも言えるようなことを「めんどくさそう」というイメージの方が先立ってしまうのです。これが彼女は別にいらないと感じている男性の本音なんです。

多くのカップルの場合、付き合っている彼や彼女がどこかに出かけると聞けば気になってついて行ったりしたいと思ってしまうものですが、彼氏が男友達と遊びに行っても「私もいく!」と着いていったりするのはNGなんです。

相手が誘ってくれば応じるなど、少し器の大きさをアピールする方がこれからは好まれやすくなるのかもしれません。

 

3. 趣味に時間が欲しい

ホント最近はいろんな娯楽施設が増えましたよね、

最近では”ぼっち充”という言葉も使われるようになった事もあり、一人でも充実した生活が送れるよ!的な発想が増えているのも事実ですから趣味に費やす時間を邪魔されたくなと考えている男子は結構多いものです。

男子にとっても昔であれば仕事して評価されたい!と考えている方が多かったかと思いますが、今では逆に出世なんかしたくないと考える人も増えたえり、昔に比べて、インターネットやゲームなど男性の趣味として楽しめるものはたくさん増えました。

ですので、彼女を作ると今まで趣味に使えてたお金が使えなくなるということに対して恋愛に億劫になってしまうのです。

こういった趣味が命の男性と接するにはどうすればいいのかですが習いごとやイベントなど要所要所で一緒に好きなことを楽しめば彼の考え方、「彼女はめんどくさい」というのが変わるかもしれません。

 

4. 「寂しさ」を感じることが少ないから

【3.】の延長にもなるかと思いますが、恋愛の魅力といえば、やっぱり2人でいる時間が楽しかったり幸せだったりすることですよね。

独身生活は気楽でいいものですが、時には寂しさを感じる事もありますよね。ですが最近はいつでもネットを開けば誰かが相手してくれるSNSなどのサービスがあります。

こういった世の中便利にするサービスですが、恋愛に至ってはどちらかというと不都合になってしまうのかもしれません。最近はそのSNSのおかげで「寂しさ」を感じなくなる機会が多くなったので彼女の必要性を知るキッカケが訪れない人も増えてきているのです。もちろんストレスを抱えたりと違った意味で問題になったりする事もあるかもしれませんが、それでも、男性にリアルな世界での「孤独」を感じ取らせにくくなっているという現実もそこにはあります…。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

なかなか”ぼっち充”をしている絶食系男子は手ごわいものですが、ポイントとしては彼の考え方に共感できるようになることです。ただ共感だけしてしまってはなんの進展もありませんので、”恋人がいる幸せ”を考えさせることが重要です!

たしかに結婚や子供ができたら…と考える上では”お金がないから…”というのは重要な問題ではありますが、そんなことも2人で協力すればなんとかなるものです。また”男友達と遊ぶほうが楽しいから”や”趣味に時間をかけたいから”というものはお互いを尊重しあえる関係であれば彼も納得できるはずです。

最後の”1人でも寂しくないから”はそんなことは絶対ありません。何らかの影響がそういう考え方になってしまっている可能性がありますので、だからこそ「恋人がいる生活の魅力」を男性に感じ取ってもらわなければいけません!

関連記事

ピックアップ記事

女性 仮面

2015.6.25

大好きな相手に”本当の自分を知ってもらいたい”と悩んでしまっているあなたへの処方箋

コンプレックスというのは誰でも持っていますが、そういった自分が気になっているところ、つまり悪いところを隠して恋愛を続けていっても、うまくいか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る