好きだけど別れた理由。相手との将来がイメージできなくなってしまった方へ

カップル サンセット3

好きだけど別れる方がおられますが、別れる理由は人によって違いますよね。

そういった好きだけど別れた事で引きずる時もありますが、結果的にはちゃんと前を向くことができて、いずれそれぞれの幸せを掴んでいる人たちがほとんどです。

もし、あなたが今付き合っている人に対してこの先の未来をイメージできないのであればぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

好きな人と遠距離恋愛になってしまった

社会人同士であれば悩ましい問題である転勤。多少の距離であればなんとかしようと考えることが少なくはないと思うのですが、相手が自分の目標や夢のために海外へ移住すると言い出した時というのは先のことを考えてしまいますよね。

またこういうふうに目標や夢を持っている方というのは遠距離が長期に渡ったり、帰ってくるのかどうかわからなかったり、未来永劫帰ってこないという場合が少なくありません。そのような場合、相手の人と別れを考える事になるのではないでしょうか?

あまりにも距離が離れ過ぎる場合というのは、お互いの気持ちというのを維持できる保証はありません。相手は相手で世界が広がるわけですからいつか、相手の地へあなたを呼び寄せるというようなことを約束するならば、もう少し、お付き合いも延長できるかもしれませんが、その約束が実現できない時や、相手が自分のことしか考えていないで二人の将来について何も考えていないようであれば、どんなに今相手を好きであっても、二人の未来が見えないので、別れる理由になります。

 

好きな人の家族と相性が悪いから

若いうち、つまりお付き合いという時点では乗り越えようともがく方も多いかと思いますが、どんなに相手のことを好きであってもその家族と相性が悪いと感じた時は、別れる原因になることは十分ありえるのです。

嫁姑問題がよくフォーカスされるように、相手の母親の言動が我慢できない時はというのは別れを選択する人が多いのではないでしょうか。お付き合いが深まるといずれその二人は結婚を考えるようになります。ですが、結婚というのは、二人の気持ちだけではうまく行かないことが多々あるのが現実です。

結婚する前から、相手の母親が嫁姑戦争を連想させるような人であれば、相手との将来を考えるだけで、ストレスが溜まってしまいます。するといつの間にか結婚に幸せを見出すことができなくなってしまうのです。

 

好きな人が自分に酷い仕打ちをするから

人が人を好きになるタイミングというのはなかなか計り知れない部分がありますが、相手の事がどんなに好きであっても、相手の人が自分に思いやりのない人である場合は、別れを考えることになります。

これは浮気などもありますが昨今ではDVという問題もあります。もちろん最近始まったことではないでしょうが、問題視される切っ還kは以前よりも多いのではないでしょうか?DVの代表的な例としては男性が女性に対して行うイメージが強いものですが、最近話題のモラハラなんかは男性が女性にというだけでなく、女性が男性にというパターンも決して少なくありません。

このような場合どんなに好きであっても、心が傷つき精神的に辛すぎてお付き合いを継続することができなくなってしまいます。

 

価値観の違いから

価値観の違いはかなり大きいです。

価値観の違いとは価値を感じるもの大事だと考えているものの優先順位が違うことなのですが大切にするものの順序でズレが生じるということです。大切なものだからこそゆずれない部分が大きいということは誰にでも理解できることなのかもしれませんが、相手に自分の価値観を押し付けるという行為は相手からすれば苦痛のなんでもありません。

こういった自分の価値観、つまりマイルールを押し付けるのは自分大好き人間に多いタイプ。「自分の価値観が当たり前、自分がルール」だと思っているので、相手の価値観を尊重することができません。そうすると価値観の違いで疲れてしまうのです。

またよく見られるケースとしては生活習慣、食、家事の価値観の違いで見られることが多いものです。価値観の違いを指摘ばかりされると、もううんざりしてしまいます。実際エスカレートしだすと相手の親への批判が出てくることも少なくありません。

このケースで言えることはあなたがいくら努力しようと考えても相手に価値観をすり合わせる努力をするほど好きでないという可能性があります。好きな相手なら、価値観の違いを新たな発見と前向きに捉えたり、二人でうまくやっていくための方法を考えるものですがその努力をするほど、相手のことをもう好きではないのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

別れる理由なんていうのは星の数ほどあるかと思いますが、将来にイメージを持てなくなった状況で恋愛を続けるメリットはあまりありません。一般的な常識に振り回されず、自分の気持ちに従って決断することが何よりも大切です。

その決断が気持ちを軽くさせて、今まで辛かった日々から抜けだせるキッカケになります。今、あれこれ悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る