遠距離恋愛で別れないカップルはどういった努力をしているの?

カップル 抱き合う6

遠距離恋愛になって上手くいかなくなったなんて経験のある方も多いのではないでしょうか?ですがその一方では遠距離恋愛でもきちんと愛を育んで最終的に結婚した人たちもたくさんいるのが事実です。

もしかしたら最近、自分であったり、相手であったりが転勤を経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は遠距離恋愛になって別れてしまうカップルとそうではないカップルとではいったい何が違うのかというところにフォーカスしてみました。

 

連絡はこまめにとる

人はコミュニケーションを取らなくなってしまうと色々と不安に感じたりするものですが、これは信頼関係が悪くなってしまうことが影響しているのです。ですので遠距離恋愛を続ける秘訣というのは相手との信頼関係をうまく築くこと、維持することが重要なポイントになってくるのです。

そのためにはやはり2人の間の距離を埋めるには連絡を取り合うことが大切。

近くにいれば会うだけでもお互いの考えていることがわかったりすることも遠距離ではなかなかうまくいかないものです。昔に比べればコミュニケーションをとることなんて容易になりましたよね。LINEやskypeといった便利なツールが使えるほか、そういったものを使えなくても最低限携帯電話なんていうのはほとんどの方が持っていますよね?

遠距離になると相手の環境が見えにくくなることから「忙しいかな…」「今日は嬉しいことがあったから彼にも知ってほしい…」など色々と考えているかもしれませんが、思っているだけでは伝わりません。

もちろん相手の時間や都合は気にすることが大事ですが、お互いに時間を決めてこまめに日々の些細なことも共有することが実利的な距離を超えて2人の距離を縮めることにつながります。

 

たまには手紙も効果的

最近はメールなどが主流ですが、日々の連絡とは違った魅力が手紙にはあります。

会話では思ったことをついつい口にしてしまいますが、手紙となると何を書こうかと考えますよね。その時間がまた相手のことを考える時間にもなります。また手紙というのは不思議なもので、普段やり取りしているコミュニケーションと違って恥ずかしくて口にできないこと、そしてなかなか会えないから連絡をしたときはできるだけ明るく楽しく接しようという思いから、心の奥の気持ちを伝えられないことも遠距離恋愛ではよく起こります。

ですのでそういった普段恥ずかしくて言えない言葉であったり、切ない感情であったりというのは手紙というツールを使うことで相手の心にもより響くようになるのです。

 

1度でもいいから相手の住む街を訪れる

1度は相手の住む街をおとずれるようにしましょう。

そうすることでより強い関係が生まれることが多いものです。もしかしたら海外などに相手が行ってしまっていたり、お互いが学生同士で親の目もあり実際に行き来することが難しいこともあると思いますが、できれば相手の住んでいる街を訪ねてみることがオススメです。

そして相手の今の状況を把握するのです。相手がどんな家に住んでいるのか、今の友人はどんな人がいるのか、どんな人と過ごしているのか、1人のときはどんな部屋で過ごしているのか、など知らないことが不安へつながってしまいがちですがそれを防止するのです。

相手の生活している環境を知っていることで安心感がまったく違ってきまよ!

 

会えない時の不安感は抱かない

遠距離恋愛で分かれる原因となるのが大抵の場合、離れている相手の環境を負のイメージで想像してしまうカップルです。

離れている彼氏や彼女が実は、離れた地でも、恋人を作っているのではないか?これはどんな人にも訪れる不安ですが、マイナス思考に陥れば陥るほど遠距離恋愛というのはうまくいかなくなるものなんです。

不安感に耐えられなくて、暗い性格になったり、相手を疑うようなそぶりを見せたり、負の行動を取りがちです。ですがそんな人には魅力なんて感じませんよね?

ですので何かあったら、その時に考えるという潔さを持ち、 明るい想像だけするようにしましょう。

離れていても自分は相思相愛であるというプラスの意識は人を陽気にし、魅力的にしてくれます。

 

会えない時の自分の生活を大切にする

これは先ほどの項目につながることですが、恋人と会えない時間を自分磨きに使いましょう。

大好きな恋人に会えないからと落ち込んだり、悲しがっていては、人間としての魅力がなくなってしまいます。会えない時間こそ、自分がもっと輝けるようにいろいろなことに挑戦して、自分を向上させるように勤めましょう。

何かに頑張っているあなたはどんどん素敵に輝けますし、次に恋人に会える時には以前よりもっと、魅力的な人になっているはずです。

魅力的な人を手放したいと思う人はいません。離れている相手をいつまでも引き止めるには自分磨きが必要なのです。

 

寂しい時こそ負担を感じない・感じさせない

遠距離恋愛なってしまうと、近くに住んでいても遠くに住んでいても会えない時は同じ事なのに、相手のことを思う時につねに物理的に距離に思いを馳せるようになってしまい余計に寂しさがつのります。

だからつい、連絡をこまめに毎日などと決めて取ってしまいがちですが、実際に暮らしていると綺麗ごとばかりじゃないことが色々あります。大好きな恋人同士との連絡とはいえ、「毎日」は段々負担に感じ始めてしまう事もあり、遠距離恋愛はそう言ったほんのちょっとした綻びから破たんへ向かうケースが多いのです。

ですから、「毎日」とかぎゅうぎゅうなルールはわざと設けずに、適度な加減でマメに取りあうようにするようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

もちろんあなただけの努力ではままならないこともあります。ですのでたまにはお互いが努力して、ふたりの中間地点などで会うなどといった事も大事です。お互いが努力して直接相手と会う機会を意識して設けるということにお互いが感謝の気持ちを持てるはずです。

大好きな相手といつまでも一緒にいるにはそれなりのエネルギーであったり気遣いというのが必要ですがこれらの事を意識していればきっと効果があるはずです。遠距離恋愛に不安な人や心配を感じている人はぜひ参考にしてみてください!

関連記事

ピックアップ記事

女性 仮面

2015.6.25

大好きな相手に”本当の自分を知ってもらいたい”と悩んでしまっているあなたへの処方箋

コンプレックスというのは誰でも持っていますが、そういった自分が気になっているところ、つまり悪いところを隠して恋愛を続けていっても、うまくいか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る