【悲報!!】高級レストランデートはNG

ディナー

気になる女性を口説こうと必死になっていいお店に連れて行っている男子、残念ながらそれでなびかないということはそもそも高級レストランという設定がだめなのかも。最近はデート代などを節約したいがために女性と恋愛しないという男子も少なくない中、貴重な人材ではあるのですが時代の流れにはやっぱり逆らえないのかもしれません。

というのもそういった雰囲気のレストランなんかでの食事がどうも落ち着かないという女性も少なくないようで感情的には連れていってくれるのは嬉しいけど、嬉しくないという感情があるそうなんです。

そこで今回はそんな女性の心理をご紹介したいと思いますので攻略方法を検討し直してみてはいかがでしょうか?

 

1. そもそも雰囲気が苦手で落ち着かない。

高級レストランって独特の雰囲気がありますよね。

ですがそういったお店って行き慣れていないとどういうふうに行動したらいいかわからなくなってしまいますよね。もちろん本来であれば男性がそういったことをしっかりとエスコートできればいいのですが、長引く不景気のせいで若い世代がそういったお店に行く機会というのはめっきり減ってしまっています。

そのことが影響してか、ここぞとばかりに高級レストランなどを利用して自分の本気さなどアピールしたいと考える男子などもいるかもしれませんが、どうも自分自身もぎこちない…なんてことに陥りがちです。

そういった雰囲気を感じると女子もやっぱり緊張してしまうし、自分自身もどうすればいいのかわからなくなって疲れてしまうのです。

また食事するときも、フォークやナイフがお皿にぶつかったりする音で響いてしまいますので余計に気疲れしてしまいます。

そんなことばかり、気にしなければいけない状況だと美味しいかもしれない料理も満足に感じることができないのです。

 

 

2. 時代の影響??お金が心配

やっぱり高級店というだけあってお値段も普通のお店で支払う金額の倍以上!

冒頭でも少し触れていますが、最近はデート代などが重しになるからといって恋愛へと発展しない場合があります。またカップルであっても節約するカップルも少なくなく、常にデート代は割り勘なんてこともありますよね。

もちろん多くは彼もちのケースがほとんどだとは思いますが、そうなってくると彼女的にはお金の心配が頭から離れません。まして割り勘なんてことになればそういった食事でなく他のことに使いたいというのが本音でしょう。

実際、何にお金を使うのか?というのはそれぞれの価値観にもよると思いますが、高級店が苦手な女子というのは彼とそういったところで食事をしたくないわけではないのですがやっぱり落ち着いて楽しめないということもありますので高級店で食事するぐらいなら…という考えになってしまうのです。

もちろん記念日なんかであればいい思い出になるのかもしれませんが、記念日でもなんでもない時というのは感動よりも気疲れの方が大きくていい思い出でもなんでもなくなってしまうのです。

 

 

3. 価値観の違いを感じざるを得ない

少し前なんかは高級レストランというと多くの方が羨ましがるようなデートコースだったと思うのですが、最近はそんなドキドキ、緊張よりもまったりしたデートが好まれるそう。

男性としては彼女といいお店に行って食事するというのはきっと彼女も喜んでくれるだろうと思い込んでるのではないかと思うのですが、女性側からすると自分の生活に合ってないことをされると、窮屈に感じてしまうのです。もちろんそういう場所へ行くのはとてもドキドキするし、緊張もするのですが最近はまったりが人気のようです。

また毎回そういったお店に行くのは男性的には”してあげた感”が強いのですが、女性側からすると金銭的な価値観の違いを感じて合わないかもと考えてしまうのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

大好きな女性のためにいろいろと頑張っておられるかと思いますが、奮発してセッティングした高級レストランが嫌というのは男性的にはちょっとショックですよね。

また価値観の違いを感じさせてしまって別れられるなんていうのは本末転倒です。もしお付き合いしている女性がいるのであれば、サプライズを狙うよりも事前に相談して決めたほうがいいかもしれませんね。

もちろん高級レストランで食事するのがドキドキして非日常を味わえるのでいいという方もおられますが、多くの女性は”どこに行くかというのは全く重要じゃない”ということです。

ただ近所のファーストフード店でばっかりでいいのかというとそういうわけではありませんが、毎回高級店で食事をするくらいだったら、頑張って手料理を作って彼と家で食べるご飯が美味しく感じるかもしれません。要は誰と?というところがポイントなんです。

理想で言えばなんでもないことを楽しめるカップルというのがいいですよね♪

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る