人生の価値を見極めるには?どんな条件下でも変わらない気をつけたいポイント

女性 グループ

いい人生かどうかというのはみなさんそれぞれの考え方もありますので、一概には言えませんが、たくさんの金を持っていても、どんなにすごい職場に勤めていたとしても、変わらないものといえば、いい仲間がいるかどうかということではないでしょうか?

最近は”ぼっち充”など言われている時代ではありますが、ずーっと1人がいいなんていう人はいないと思います。結婚に対する願望があってもなくても、友人や仲間と呼べるような方があなたの周りにはいらっしゃいませんか?

そう考えると、確かにいろんなスペックが高いことも大事ですが、なんといっても信頼できる仲間がいればその人生は幸せなのではないでしょうか?ですがそんな仲間と呼べるよな人であっても、中にはあなたの人生を悪い方向へ導く人もいる場合があります。

そこで今回は、”信頼できる仲間がいてこそ、いい人生!”なんですが、あなたの人生をよくするためにも、今すぐ断ち切るべきタイプの人間をご紹介したいと思います。

 

1. 自分に甘々な人間

自分に厳しく、他人に厳しい人間なんてのもたまにはいますが、やはり一番多いのは、他人に厳しく、自分には甘くする人ではないでしょうか?こういった方というのは、自分にスポットライトが常にあたることを期待しています。

とはいうものの、常に1位を走り続けるのはかなり至難の業、常に注目を浴びるためには、伸し上がってくる他の人たちを蹴散らす必要があるんです。その手段として、他人に対して厳しくしているパターンというのがあるのですが、他人の欠点を指摘して、相手に自信を無くさせる。そして自分がすごいということを証明したがるのです。もうめんどくさい極まりない人ですよね。

ですが、このタイプの人間に欠点がないわけではありません。やはり人間ですからお気には失敗したりもするのですが、欠点がないのではなく、欠点を必死で隠しているのです。脚光を浴びている人間に少しでも欠点があると分かった瞬間、みなさんはきっと一気に冷めるはずです。それを避けたいがために自分の欠点を見せないように、甘くしているのです。

まぁ、バレてるのが大半で、殆どの方は深く関わるようなことはありませんよね。

 

2. 怒りをため込む人間

人付き合いをしていると様々な人に出会うものですが、怒りを溜め込む人間といっても様々なタイプがいますが、怒ているのに、絶対に怒っていることを表に出さないタイプは注意が必要です。

怒っているのに感情を出さないとなると、なかなか判断するのが難しいのですが、感情は出さなくても、冷たくあしらったり、嫌がらせを繰り返すようなタイプが要注意と言えます。

その怒りを溜め込む人間は、嫌がらせを受けた、怒る原因となったことに対してその日のうちにやり返すことはしません。ふとした時に揚げ足を取るような行動、または発言を繰り返したりします。何を考えているのかわからないといったタイプに多いように思います。

また憂さ晴らしをしている最中というのは、その対象となっている人の話題になるとその人を落とすような発言を繰り返したりしますんどえそのあたりが見極めポイントとなります。

 

3. 責任転換しようとする人間

もしかしたら経験のある人もいるのではないでしょうか?

立場が危うくなった途端、あなたに責任転嫁するような方はいらっしゃいませんか?人は自分のみw守るために、色々と策をこうじてしまうものなんですが、最終的に自分で責任を一切取ろうとしません。

また、全く関係のない立場の人であってもトラブルが起こったときの原因にされてしまったりと気づかないうちに悪者になっている危険性もあります。あなたの人生をこんなタイプの人間に汚されてはたまったもんじゃありませんよね。このタイプだ!と分かった瞬間に、離れたほうがあなたのためです

 

4. 「他人の不幸は蜜の味」人間

人というのはとても難しいですよね。

人の不幸を喜ぶ人間というのは少なくありません。「他人の不幸は蜜の味」と思っているタイプは、先ほどの責任転換するタイプよりもたちが悪いといえるでしょう。根本的に自分以外の人が幸福になるのを嫌っています。

自分が幸せじゃないから、他人も不幸になればいい!そう思っているのです。見極めのポイントとしては、人がトラブルに巻き込まれている話に敏感で、そのこと自体に驚いたりはするものの、とても嬉しそうにしています。

このタイプの人間には、超ネガティブが多いので比較的分かりやすいと思いますが、こういった人とはできるだけかかわらないようにするのがいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

人生の価値を高めるためには、一緒になって楽しんでくれたり、応援してくれる仲間が必要です。ですが、仲間の顔をして近寄ってきても本心を見極めるには少しばかり時間がかかることもあるでしょう。ただし、ずるずると友人関係など続けるのではなく、すっぱりと縁を切ることをオススメします。

ただ、人は強くありません。もしかしたら上記のようなタイプの人の周りには奥の人が絡んでいる場合も少なくありません。ですが、そういったグループに属し続けるよりも、新たなで愛を求めに外に目を向ける方がよほどあなたの為になるでしょう。

しっかり見極めましょう!

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る