年下男性を好きになったあなたへ、ピチピチの若い女性と一気に差をつける方法を伝授!!

カップル 04

若い頃は頼りがいのある男性が魅力的に見えたりすることも多かったと思うのですが、アラサーともなるととした男性が可愛く見えてきたりして年下男性を好きになってしまった!という経験もあるのではないでしょうか?また相手が若ければ若いほど恋敵も若くなるかのうせいが高くなりなすよね。恋敵はピチピチの若い女で万事休す!と思っている方、まだmだ諦めるのは早いですよ!

男性は基本的にマザコンなので年上であっても十分に可能性はあるのです。ですがそのためには十分にあなたが大人の女性としての魅力を出さなければいけません。ですので男性にあなたのの魅力を伝えるためにも、年下男子がどういった部分で年上女性にキュンとくるかをあらかじめ知っておけば、ピチピチの若い女になんて負けないのです。

ですので今回は大人の女性が若い女性に勝つための方法をご紹介しますので知識を蓄えてから、戦に望みましょう。

 

年下男性に大人の女性の魅力を見せつける方法

基本的に大事なのは器の大きさを見せつけることが重要です。ただ器が大きいといってもピンと来ないことがあるのではないでしょうか?ですので大人の女性がモテる条件の器の大きさについて触れていきたいと思います。

経験からくる「余裕」を見せつける

何に計りにかけても若い女性が勝てないのは経験です。

アラサーのあなたであればそれなりに社会経験なども積んできているのではないでしょうか?ですので仕事で落ち込んでいる時などに支えてくれたり、彼に必要な優しい言葉をかけられたりすると男性はその女性に憧れに似た切望の感情を抱きます。

また若い女性と違って、年上女性の強みは”優しさに無理がない”ことです。いくら優しくても若い女性である場合、不自然であったりする場合があります。そうすると優しいのは優しいんだけれど、彼からすると違和感しか残りません。

その反面、社会の荒波に揉まれてきたアラサーであれば、必要なときに、必要な優しさで接することができるので若い女性と違って、安心感が出て、より強い母性アピールができるのです。

まず第一のポイントは年下の男性には、自然に優しくサポートすることが大事です。

これが、若い女性に負けじと必死さが出てくるようであればただの焦っているおばさんとしか映らないので注意が必要です。

 

 

「包容力」で甘えさせてあげる

よく器が大きいというところで包容力というものが上げられますが、男性は「自分が引っ張っていかなきゃ!」と頑張りすぎてしまうことがあります。そんな頑張りすぎの時に癒やしてあげる包容力も、年上女性ならではの魅力なんです。

そもそも、ほとんどの男性は、そのプライド故になかなか弱みを見せられない生き物です。ですが、母親のように無条件で受け入れてくれるような女性にはとても弱いのです。もちろん弱さを見せることなどあまりないかもしれませんが、無条件で受け入れてくれるという安心感が男をさらに成長させる源になるのです。

時には弱みを見せてきてもそういったモノをしっかりと受け止めてあげることが器の大きい女性と言えるのです。もちろん厳しくしないといけないときはありますが、男だから!という理由で彼を見るのはやめるようにしましょう。

そうして、できることならいっそ懐柔してしまえば、マザコンのこじらせを防ぐという嬉しい効果も期待できます。

 

男性が知らないような「深い話」までできる

若い女性があまrりにも知識を持っていると男性は避けがちになります。

ですが年上の女性であればそういった知識を持つこともかなりの武器にはなるのです。同世代の女性なら「賢しい女」と避けられがちですが、年上の女性は別。男性と共通の趣味があった場合には、自慢にならないように注意しつつ、豊富な知識をアピールするのが効果的です。

もちろん、自然と身についた知識だけではなかなかなびきませんが、あなたが今までに取り組んできたものの中でもそれなりに知識を得る経験などがあったのであれば、なかにはもっと相手を知りたくなるという男性もいるんです。

これは年下女性ではあまりない、プライドを刺激されることで年上女性に興味を抱くケースです。

ただ反面全く何も知らないようでは逆に”ドン引き”される可能性もあります。ですので一般常識的なことぐらいはしっかりと把握しておく必要があります。

 

 

男性のことを「認めて」あげる

これは男女あまり関係ないかもしれませんが、人は誰かに認めてもらえるととても嬉しくなるものです。

特に、自分よりも年上の人に認めてもらえるということは何よりの褒め言葉にもなります。ですのでプライドが高い男性は、年上女性に褒められると格段に喜び度合いが高くなります。自分より年上に褒められるというのは、男女関係なく嬉しいことです。

ですのでそういった喜びを体験させてあげられるのは、同世代の女子ではできません。年上だけに許された技ですので、自慢話をされても、余裕を持って「可愛いな」という気持ちで褒めてあげて、気持ち良くさせることが大切です。

 

 

2人になった途端「弱いところ」を見せられる

一般的に年上という要素からハードルが上がっているところは認識したほうが良いかもしれません。ですが、ちょっと好きを見せればギャップが生まれます。「実はプレッシャーに弱い」など、意外とモロい一面を見せると、彼にあなたを支えたいという気持ちをかき立てることができます。

ただし!、グチっぽくなったり、怒りっぽくなったりするのは悪い印象を与えるので要注意です。ギャップをどれだけ効果的に演出できるかにかかっています。できる年上女性からのギャップなのか、オトナの部分を見せてからの甘えキャラなのか。自分に合う攻め方を見つけてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

年下女性には出せない、魅力というものが年上女性にはあるのです。ただし男性のタイプにもよりますが、イケ女ンすぎるとあこがれで終わってしまう部分がありますので、多少なりけり弱さというギャップを用いることをオススメします。

年上女性のキャラクターを活かして、気になる年下男子にどんどんアピールしていきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る