お酒に酔って電話してくる男は何を考えている?気になる男性の心理

男性 酒飲み2

恋愛にお酒は失敗も成功も招く関連深いもの。

お酒を飲んで酔っ払うとどうしても行動が大胆になってしまったり、気が大きくなってしまいがちですが、最近の男性は草食系が多いという現実を考えるとお酒の力を借りた行動であっても彼の気持ちの部分である本質的なところはそこまで変わりません。

というのも、基本的に嫌いな人に電話することはあまりないため、嫌われていないという部分では評価してもいいかも。

そこで今回はお酒で酔って電話してくる男は何を考えているのか、良い意味もあれば悪い意味もあるけれどご紹介したいと思います!

 

好きだからお酒の勢いを利用して電話をする時の特徴

アルコールによって自制心が弱まるところがあるので思い切ったアプローチができるのが”お酒”ですが、酔った勢いというのは実はストレートアピールしているのかもしれません。酔って連絡する男の心理として、恋愛的な好意を持っている可能性があるパターンは以下のとおりです。

  • 電話をかけてきたのに謝ってくる

  • 電話してくるほどの用事ではない

  • 翌日に謝ってくる

  • 電話を切ろうとしても話を引き延ばす

  • 頻繁に酔った勢いで電話をしてくる

あなたに対して、好意を持っているかどうかというのは実はお酒を飲んで連絡してきた時というのはわかりやすいのです。

ひとつは、思いやりがあるかどうかということ。そしてもうひとつは目的があるかということです。

泥酔までいかず、電話に出た瞬間から呂律がまっわらないような状況でない限り、相手の反応とかもわかるかと思います。また、泥酔してなくて、ほろ酔い程度であれば自分が普段取らない行動を取っていることに興醒めてしまい、段々冷静になっていくパターンなどmあるので女性からすれば”可愛い”と感じる場合もあるかもしれませんね。

 

飲んだ時に連絡したくなるのは好きな人?

基本、間違いなく好意を寄せている人と考えても良いでしょう。

普段のシラフ状態であれば踏みとどまるところを、お酒の力を借りて一気に突破していると考えてもいいかも。また、お酒に酔うと人恋しい気分になることも関係しています。この部分は誰でもいいという感覚が無いわけでなく、楽しい飲み会のあとの何とも言えない寂しさを感じたりしてしまい、好きな人に連絡したくなる気持ちになってしまうのです。

要は、彼の本当の気持ちに素直になっているのですが、よってテンションが上がったりしていて普段はガチガチに緊張するような相手であってもお酒の勢いを利用して電話をかければなんとかなるかもという事を考えているのです。

これは男女関係なく言えることですが、好きな人と話をする時は、ある程度仲良くなっても緊張を伴うのは共通していますよね?特に大事な人だと意識すると余計に自然に振る舞えない人は多いのでは?

酔った勢いで連絡する時というのは、緊張しないで自然に話しができそうな気分になるものですし、自分自身のテンションも上がっているので電話しやすいということが考えられます。もちろん訳のわからない会話をされて困惑する場合もありますが、相手はそれで満足なんです。

 

まとめ

いかがでしたか?

男性がお酒によって連絡してくる多くの理由は単純にあなたの声が聞きたいということがほとんどです。

ただし、注意点もありますので最後は注意点をご紹介したいと思います。

電話を受けたあなたが元カノであった場合、甘えてくる酔っ払った元カレの相手をすることになりますが、そういったことが頻繁にある場合、あなたは「利用しやすい」と考えられている可能性は否定できません。もちろんあなたとよりを戻したいと考えている場合もありますが、こればっかりは慎重に見極めないと難しいでしょう。もしあなたも元カレに対して未練を感じている場合、要注意です。

また、もしかしたら何人かに電話をかけている場合もあったりしますので会話の中で確認してみるのもいいかもしれませんね。で、もしあなたが目的でなかった場合、すぐさま電話を切っちゃいましょう!

 

関連記事

ピックアップ記事

バーベキュー

2015.4.21

【女性編】バーベキュー合コンするなら押さえておきたい好感度アップさせるコツ!

これから本格的にアウトドアを楽しめるシーズンに入っていきますね! アウトドアで合コンといえばバーベキュー!そんなBBQは普段の飲みの場では…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る