なんで?私が2番目?”いつの間にか”を演出する草食男子に要注意!!

カップル8

いつも気が付いたら彼にとって2番目のキープ女にされてしまっているということなどありませんか?それはあなたに男運が無いわけではなく、自分でそのような運を運んできている可能性があります。まして彼とそれなりの関係があるのなら都合のいい女として見られている可能性もあるので一度、自分の恋愛の仕方を考えてみませんか?

 

愛しているから彼のためにという気持ちは非常に危険

草食男子が増えた現在、女性が強くなっているといわれています。ですが、草食男子だって、男性の本能としての部分がないとは言い切れません。

あなたがもし今、草食男子と付き合っているのならば注意が必要です。というのは意外かもしれませんが、草食と呼ばれている男性もここぞという時は男としてのプライドがムクムクと顔を出して来るのです。ただ草食男子の場合それが目立たないだけです。そんな彼の気持ちに気付かずに、「彼のために・・・」という気持ちから、どんどん頑張ってしまうと、それはもう恋人関係ではなく、彼にとって彼女が母親うあ最悪の場合都合のいい女性のような感じになってしまうのです。

これがまた草食系ではない場合、意外とそういうポジションになるまでに意外と気づくもので、その段階で手を打てば2番目になることを阻止できるのですが、厄介なことにこの草食男子の2番目になるのは気付いた時にはもう完全に2番目じゃん!という状況になってしまいます。

というのも、草食男子といえど男性です。表面には出さないだけでそれなり欲もあるのは認識したほうがいいと思います。

10代後半から、反抗期も手伝って男子は母親をうっとうしく思い避け始めます。母親に感謝の気持ちはあっても、それをなぜか重く、うっとうしく思ってしまうのです。だから彼女を母親のように感じてしまうと、彼女の親切をうっとうしく思ってしまうのです。

お分かりでしょうか?ここがポイントになります。あなたが母親のように何でもやってしまうことで彼は”うっとうしく”感じるのです。この”うっとうしい”という気持ちあなたはショックを受けるかもしれませんね。でもこれが現実なのです。ですがここからが草食男子の本領発揮といっても過言でウはありません。

というのも彼が少し”うっとうしい”というそぶりを見せてもあなたは本気にとらえないのです。きっと「すねちゃって♡かわいい!」みたいな感じでしょうか?

ですが草食男子の心理状況は着々と悪い方向へと進んで行っているのです。”このまま付き合っていては結婚を押し切られる”というような強迫観念に駆られて、”結婚後もこんなに世話をやかれては窮屈で仕方ない”と勝手に恐れおののいてしまうのです。こうなると、彼はあなたから早く逃げなければ、という気持ちになってしまうでしょう。だからといっても、草食男子は白黒はっきりさせ彼女と別れる勇気も厄介ですが、ありません。

あなたが尽くしてくれる気持ちも好意から来るものだとわかっているからです。そんな時に、気楽な女友達ができてしまったら、その気楽さから何となくそちらへ逃げてしまうのです。そしていつのまにかあなたの方が2番目になってしまうのです。

 

強い女性に男性が惹かれる理由

草食男子が広く知れ渡っていることからもわかるように、強い女性に男性が惹かれるのは、強い女性が好きというよりは、何でも決めてくれるから楽だという理由の方が多いのです。本当に勝手なことだと思うかもしれませんが、今はこんな恋愛観なのです。だから、楽はしたいけど、男としてのプライドは残っているということです。

だから、女性が安心して何でも決めつけてしまうと、ちょっとしたことで男のプライドが傷つくこともあるのです。そんな時に「少し嫌だな」と思っても、彼女の気持ちも考えて「まあいいか・・・」と思っているのです。それに気付かずに、良かれと思ってどんどん尽くして彼が足を踏み入れて欲しくないと思っている所まで土足で入ってしまったら、彼は居心地のいい女性の方へと逃げてしまうという構図です。

それに、一方的な尽くし過ぎは相手の言葉を封じてしまうものなのです。

「私はあなたのために・・・」この言葉が彼の言葉を封じます。それが彼にとって大きなお世話だったりしたとしても、草食男子はそのことを言うタイミングを失うか、喧嘩になるのを面倒だと思って黙ってしまいます。

女性からすると身勝手な気もしますが、楽で自分を気持ち良い環境に居させてくれる女性が大好きなのです。
「男のプライド」を傷つけない程度の居心地の良い環境とは、尽くすのではなく、気遣い程度が丁度いい事を知っておきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る