職場で恋するあなたへ。彼・彼女を振り向かせる方法!

ビジネス 会話

一緒に仕事をしていると、男性・女性に関わらず仲間意識は強くなるものです。そのためその意識が知らず知らずのうちに恋愛感情へとかわってしまうこともあるのではないでしょうか?決してこういった例は稀ではなく、いつ起こっても不思議ではありません。しかし、だからといって全ての人が意中の相手にアプローチするかと言えば、答えはNOです。

中には具体的に交際に至るまでの道のりが上手く想像できないという方も少なくのではないでしょうか?ですが、あまり悲観的に考えたり、最初から恋愛のチャンスを諦めたりする必要はありません。ほんのちょっとしたポイントさえ押さえていれば、素敵な職場恋愛に発展させることも難しくはありません。

人は男女問わず、恋をしていると人間的な輝きを増します。特に恋の有無が大きく魅力に関与してくる年代が、20代から30代といわれています。またこの年代は仕事もバリバリできるようになる時期でこの年代に差し掛かったら、素敵な恋愛をして輝きを増すだけでなく、人間的にも大きく飛躍したいものです。

恋の始まりは何処にだって隠されていますが、今回は『職場恋愛』について考えてみましょう!

 

職場で毎日会う異性との会話にも気を抜かない

 

たとえば、職場で気になる方がいる場合、可能な限り効果的に相手に自分を意識してもらうためには、相手にしか分からない手心を、周囲に察知されることなく加えるのが一番の近道です。
休憩中だったり、会社の飲み会やレクリエーションなどの何気ない会話の中にも、できるだけその手心を発揮させる必要があります。といっても、そんなに難しく考えることはありません。

大事なのは会話を途切れさせず、プライベートについての具体的な話題にまで発展させればいいということです。

例えば、意中の男性との会話を楽しんでいる際にも、相手の瞳をじっと見つめてみるのは非常に有効です。大抵、性別の異なる相手からの視線は、理由はどうあれ強烈に意識してしまうのではないでしょうか。女性ではあんまりないかもしれませんが男性の場合、意外とこういう単純なことですごく意識してしまうようになります。

ですので会話中もこの点を意識して、会話するようにしてみてはいかがでしょうか?もちろん、仕草だけが重要というわけではありません。これに加えて会話の中身もかなり重要です。相手が話することに対してしっかりと興味を持つように意識してみましょう。

では、簡単な例を挙げて考えてみましょう。

意中の男性が「最近釣りにハマっててさぁ」と話題を振ってきたとします。

この時に「へえ、すごいじゃん。よく魚に触れるね。私は無理」なんて答えは、当然おわかりのようにタブーですよね。
まず趣味の話をするということは、相手はそれなりに心を開いている証拠ですから、ここは(例え魚が苦手でも)グイグイ話題に食いつくのが一番いい印象を与えます。「わぁ! すごい! 魚釣りって始めるのに幾らぐらいかかるの?興味あるんだけど?」というような返答をすると、相手も思わず身を乗り出すこと間違いなし。自分の趣味に興味を持ってくれているとわかるとさらに打ち解けやすくなります。さらに上手く会話が盛り上がることは間違いありませんし、その流れで週末にデートをする約束まで結べるかも知れません。ただ実際に魚が苦手な方もおられるでしょうが、そのことはしっかり伝えていれば問題ありません。「魚釣りはしてみたいけれど、魚を触るのが苦手なの。」というように言っておけば苦手なことはしっかりとフォローしてくれるはずです。今回は女性が男性の趣味に興味を持つパターンで考えてますが、逆も同じです。意中の女性が興味あることに興味を持つことは間違いなく2人の距離を縮めることができるのです。男性女性に限らず、自分の趣味に興味を持って接してくれる人に対してはとにかく心象を良くするものですので、こうしたチャンスは絶対に逃せません。

 

ちょっとしたことでも頼ってみる

 

女性側の目線で考えてみましょう。男性のほとんどは、仕事上のトラブルについて頼ってくる女性に対して悪い思いはしないものです。これは頼ってくる人物の普段の言動によっても多少は異なりますが、仲良くしている異性からの相談には、基本的に親身になってくれるはずです。ですので、ちょっとしたミスをカバーしてもらうように頼んだり、分からないことがあったら質問してみるという行動は、ある程度の効果を得ることが期待できます。

もっとも、これだけで関係が前進するというわけではありません。むしろこの言動は、あくまでも前振りなので後々になって非常に有効な手段として発揮されるようになるのです。

では男性側の目線で捉えてみましょう。女性は男性と違って頼られたいと思う方が少ないように思います。そのため、仕事でのトラブルを女性に何とかしてくれと頼るのは少し違います。ですが、意見を聞きたいという姿勢であれば女性はしっかりと考えてくれます。頼られているという感覚を与えるより、信じているという感覚を与えるようにしましょう。

また仕事よりかはプライベートな日常のことを相談するのが効果的です。女性は現実的な方が多いのでとても参考になることを言ってくれるものです。また女性はプライベートのことを相談されると母性をくすぐられる方も多いので親身になって話を聞いてくれます。女性に対しては仕事よりかは、プライベートなことを相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

人間関係とは、相互扶助に成り立っています。誰かから厚意を受けたら、これに対して感謝をして、別の機会にお礼をすると考えるのは当然です。そういった心理を利用するというのは少しズルく感じるところではありますが、普段から親切にしてくれている異性に対しては、折を見て「普段のお礼に食事でも……」と切り出すことはとても理に適っています。しかも関係を親密にするためには効果的と言えます。

恋愛というのは心理戦。人間的に成長をする機会は、このような手段を使ってでもゲットするほうがいいですよ!

一番理想的なのは、特に意識していなかったにも関わらず、いつの間にか相思相愛に発展しているというパターンです。
ですが仕事に対してはイケイケな男性も、何故か恋愛はからっきし苦手という場合もありますので、待っているだけの受身の姿勢では、意外と事態は進展しません。女性とて同じようなものです。

今回ご紹介した手段は、いずれもそこまで難しいものではありません。
ほんの少しの勇気を出して実行に移すことで、素敵な恋愛への道のりを拓き、充実した日々を過ごせるように努力してみてください。

関連記事

ピックアップ記事

満月 デート

2015.9.15

満月の威力が半端ない!?お月見デートを勧める理由と、やめたほうがいい理由!

皆さんは、お月見デートをしたことがありますか? 天気次第ではありますが、満月が鮮やかに見える夜というのは、絶好のお月見デート日和と言え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る