あなたはどんな優しさがいいの?本当に優しい男性の見抜き方

男性グループ

よく女性がどんな男性が好みか聞かれると”優しい人”と返答する場合が多いですよね。これに関しては無難であったり、確かに優しくしてくれない人に惹かれることも少ないのではないでしょうか。まれに厳しい人が好きという方もいらっしゃるのでそのあたりは別として、基本的に優しい男性を求めたりするのではないでしょうか。今回ははそんな優しい男性をどうやって見つければいいか?ということに着目してみましょう。

一般的に言われていることですが、男ばっかりの兄弟で育っている男性よりも、姉や妹がいる男性の方が優しいと言われています。そして特に妹がいる男性はやさしいと言われています。世間にはいろんな人がいるので、妹がいてもわがままな男性だっていると思いますが、全体の傾向としては妹がいる男性は、女性にやさしい可能性は高いものです。

ただ、優しい男性を探すために、初対面の男性に、いきなり「あなたには妹がいますか?」とは聞きづらいでしょうから、何気ない会話のなかから垣間見える彼の本性を探ってみましょう。

 

本当にやさしい男性とは?

本当に優しい男性を見抜いていく上で、正直、この”優しい男性”という言葉が、あまりにも広義すぎて難しい面もあります。ただあなたが求める優しさがなんなのかにもよるので、かりに優しい男性をゲットしたとしてもしばらく付き合うと物足りなく感じることがしっばしば発生してしまいます。

よく言いませんか?優しいだけじゃねぇ・・・・みたいなこと。

そうなんです、優しくされると確かに嬉しいものなんですが、それは最初だけのことがほとんどでしばらく付き合っていると物足りなくなってしまう方が結構おられます。ですが考えてみてください。本当にやさしい男性とは、簡単に言えば”じぶん”を潰している男性なのです。

”じぶん”があると、自己主張が始まります。

例えばあなたが「今日はパスタが食べたい」と、可愛らしくふくれっ面をしたとしても”じぶん”を持っている男性というのは「いや……オレは今日はラーメンが食べたい」と言います。これでは「本当にやさしい男性」とは言えないのではないでしょうか?とりあえずそんな”じぶん”を潰している男性の見抜き方をご紹介します。

 

”じぶん”を潰しをしている男性の特徴

 

  • よく働くけれど特別なアピールはしない

じぶんを潰している男性というのは簡単に言えば自分のためではなく他人のためによく働くということです。

皆さんは滅私奉公(めっしほうこう)という、言葉をご存知でしょうか?最近はめっきりきかれることもなくなりましたが、私利私欲を捨てて、主人や公のため(ここではあなたの事になります)に忠誠(自分の身をささげる)を尽くすことです。

結婚などすることを考えれば”よく働く男性”というのはいいものですが、きっと女性の皆さんは働く男性の中でもきっと華やかさがある方を追いかけるのではないでしょうか?ただ華やかさというのは人間の内面ではなく、一般的には外面を見て言いますよね。

そう考えると華やかな男性というのはある意味自己主張が強いという傾向があるのです。

いい服を着て、いい時計を持っていて…きっとこんなふうなイメージだとは思うのですがいかがでしょう?世の中には結婚相手の条件の一つでもある”よく働く男性”なんていうのはざらにいます。ですがそこに華やかさを求めてしまうとどうしても我が出てきてしまうのです。こうなってくると本当に優しい男性というのはちょっと恋愛対象外になってしまうのではないでしょうか?

本当にやさしい男性は、私利私欲を持たない男性です。

まとめるとよく働きつつ、身なりは比較的質素ということが条件になるはずです。

 

  • 文句を言わない

本当に優しい男性はじぶんを潰しているわけですから、言い方が悪く感じてしまうかもしれませんが、じぶんの意見などありません。

もちろん心の中ではイライラする時というのもあるかもしれませんが、イライラしていたとしても絶対に口にも表情にも出さないのです。考え方としてはいたってシンプル。「そういう事もあるのは仕方ない」という程度でしょう。

 

ある意味、仏様か神様かといったような考え方かとは思いますが、本当に優しい男性というのは文句を言いません。これは初対面であっても優しい男性かどうかという見極めについては比較的簡単に見抜けるでしょう。

だって彼は優しいのですから絶対に怒りません。ですので少し失礼なことをしてみればいいのです。

 

本当にやさしい男性というのは、あなたがどんなわがままを言っても、すべて受け止めてくれるはずです。もうここまで優しいとなると女性の言う優しさの究極にまで行き着いてそうなのでそうそう不満なども出てこないはずなのですが、こういった男性に対する女性からの不満というのは尽きることがありません。つまり冒頭で言う”優しいだけじゃぁ…”ということになるのです。

では次に、そういった不満を持つ女性が主張する優しさとはなんなのでしょうか?きっとすべてを女性側でそんな優しい彼を導いてあげなければいけないことがしんどいと感じてしまうのではないでしょうか?

そういう風に考えると、やっぱり自分の意見を少しくらいは主張できないと、あなたをリードしつつ優しくするというのは不可能ではないでしょうか。ではどういいた男性がそういうことが出来るのかを考えてみましょう。

 

リードしてくれて優しい男性とは?

 

1.気遣いが出来る

喧嘩になるカップルはたくさんいますが大体はコミュニケーション中の何かで起こるものですよね。

例えば彼女の手料理なんかというのは男性からしたらとっても嬉しいものですが、女性が苦手だったりした場合なんかというのは、上手にできない時ももちろんあるでしょう。そんな時でも気遣いができる男性というのは、まずは作ってくれたことに対してちゃんと「ありがとう」などの感謝の言葉が出てくるのです。

その中でもし味に不満があったとしても、ストレートに伝えるのではなく、遠まわしに提案するというような内容で伝えてくるのです。そしてもちろん本当においしければ「おいしい!」だけで終わるのです。

 

2.厳しい事も言える

リードしてくれる男性のイメージとしてはやっぱり厳しいことも言ってくれるということがあるのではないでしょうか?

厳しいことを言ってくれるなんていうのは社会人になるとなかなかありませんよね。もちろん仕事などでは怒られたりというようなことがあるかもしれませんが、それは仕事だからです。

仕事と関係ないことを本気で怒ってくれるようなかたなんてほとんのの方はいないのではないでしょうか?女性の多くは色々と相談したりすることが多いかと思いますが、その目的の多くは、”ただ共感して欲しい”というのが女の本音ですよね。

例えば本当に優しい男性に相談するとどうでしょう?きっと返ってくる言葉なんていうのは「頑張ってるもんね。」などだと思うのですが、そんな返答しかしてくれない男性に対して、いざという時に相談すべきかどうか悩んでしまいませんか?

 

3.無理に干渉してこない

2番とは逆になりますが、あまりに干渉されてもしんどくないですか?

干渉されなさすぎというのもさみしい感じもしますが、これは人によって欲求するレベルが違うので一般的には・・・という説明が出来ません。ですが無理に干渉してこないのはあなたの事を信じているからなんです。

もちろん大切な人に必要とされたいというのは自然な欲求ですが、あなたも彼に対して信頼できればとても素晴らしい関係になると思うのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたにとってどんな優しい男性が好みなのでしょうか?

もちろん”じぶん”を潰している男性も間違いなく優しい男性です。ただこういう方は誰に対しても優しいのであなたもいろいろと嫉妬したりという部分も出てくるかもしれませんし、優しいがゆえに断れない状況というのも考えられますよね。

断れないとなるとこれもまた困ったことで、騙されたり、利用されたりしてしまう可能性があるのです。こういう優しい男性にどっぷり浸かってしまうと良くない方向に向かってしまうこともすくなくありません。

これは歌なんかでも表現されている部分があるのではないかと思うのですが、”あなたのやさしさがいつまでも忘れられない”などのことを歌っている歌が世間にたくさんありますよね。

本当にやさしい男性は「別れても忘れさせないために」女性にやさしくしているのかもしれません。

だとすれば、それはそれで一番怖いことかもしれませんよね。

そしてもう一つの優しさはあなたの事を考えて意見を言う男性についてですが、彼の発言や行動を前向きに受け取ることが大事です。

だってその裏にはあなたのための優しさがあるからなんです。ただ、どうしても嫌なことはあります。優しさがあるはずと無理に我慢しすぎるのは体に毒です。本当に嫌だと思ったらしっかり「嫌だ、変えて欲しい」と伝えましょう。それでも謝ってくれない人は、優しいのではなく、自分勝手な人でしょう。どちらにせよ自分の気持ちをしっかり伝えるのが良いのではないでしょうか。

これらがあなたの好みになりますのであなたの考える”優しい男性”の目安になればうれしいです。

 

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る