女性が考える30歳の節目、結婚を意識した時に改めて自分自身を振り返りたいこと

女性 見上げる3

女性が大きな節目と意識するのは30歳という年齢ではないでしょうか?

多くの働く女性たちにとって、30歳というのは“結婚”という人生における大きな転機を意識する第一ポイントと言えるのではないでしょうか?このあたりから恋人のいない人は、ままならない恋愛事情も相まって、リアルに焦りを感じ出す時期でもあるかもしれません。

また恋人がいたとしても、ままならない恋愛からなかなか抜け出せない場合も少なくありません。

男性にとっても30歳というのはある意味意識する年れではあるのですが、そうは言っても女性ほど意識していることは少ないでしょう。というのも男性が考える30歳というのはプライベートな部分というよりかはどちらかというと仕事に関係していたり、自分の社会的な位置確認ぐらいでしかないからです。

そこで今回は30歳を迎えた女性が結婚を意識した時に早い目にしておいたほうが良いことをご紹介しますのでぜひチェックしておきましょう!

 

1. 中途半端な関係はさっさと清算する

30歳を迎えればそれなりに出会いも経験し、社会も経験しているのですが、本命以外の手持ちカードだけを無駄に増やしてしまうことがあります。特に恋愛感情にもならないのにだらだらと付き合ってしまっていたり、決して真剣な交際には進展しないとわかっている恋に溺れてしまったり、友達以上恋人未満の楽な相手や人肌の恋しさを解消してくれる相手など……。

ですがこういった中途半端な関係でしかないような方といつまでもお付き合いをしていたとしても何のメリットもありません。もしあなたが結婚を意識しているのならそういった感情に対しても負の存在になっています。

大切な誰かに出会いたければ、すっぱりと関係を断つことが大切です。そこにとどまり続けてしまっては、よりさみしさを助長させるだけで、あなたを本当に幸せにしてくれる方との出会いを妨げるものになる可能性が十分に考えられます。

 

2. 素直な心を持つ

それなりにキャリアを積んできた女性というのはプライドが出てきたり、また社会の荒波に勝つための自我というものが出てきてしまう頃でもあります。もちろん仕事であったり、そういった人間関係という点では必要なものでもあるのですが、プライドや強い自我はいったん横に置いて、素直な心を持って本来の自分自身に立ち返ってみましょう。

ただいくら意識をしても経験を積み、知恵を身につけた分、賢くはなっていることがほとんどです。そのため、可能性が感じられなかったりした場合というのはすぐにジャッジしてしまうことが多いのではないでしょうか?

意識して欲しいのは物事をすぐにジャッジすることはやめるべき。もっと柔らかい心で相手のことを受け止められる為にもこの時ばかりは鎧を脱ぎ捨ててみてはいかがでしょうか。

 

3. 信じて身を委ねてみる

30歳になると今までの恋愛経験からくるトラウマや年齢的なものからつい慎重になりすぎてしまうことがあります。

そうなってる理由の一つとして相手のことを簡単に信用できないという方もいるのではないかと思いますがいかがでしょうか?ただそういった心理が前に出てくる場合というのは決していいことではありません。

確かに慎重に行動したいと考える方もいらしゃるかもしれませんが、不安とは心の弱さからくるものです。この際、相手を信じてその身を委ねてみることも大事なんです。「この人は大丈夫?」と相手のことを探りたくなるのは、きっとお互い様のはずです。

人と仲良くなるには何が大切かというのを忘れてしまいがちですが、やはりこちらが心を開かなければ、相手だってなかなか心を開くことができず、関係は平行線を辿るだけだけですよね。

待っているだけでは、幸せはやってきませんから自ら幸せをつかみにいくしかないのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

人と人との出会いは正直、縁に左右される部分が少なからずあると思いますが、それでもせっかくの縁を台無しにすることなく、強く結びつけることは自らの力で行うことです。仕事でも名刺交換で終わってしまう方が多いのはそのためではないでしょうか?

その心構えがあればきっと1年以内の結婚を叶えられる強い絆を築いていけるはずです。

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る