多くの恋愛って3年位で終わっることって多くない?その原因と解決方法

カップル ケンカ

恋愛って続いても3年位で終わることって多くないですか?

有名な歌でもありますが‟3年目の浮気くらい~♪”といった内容ですが、やはり恋愛は、3~4年が勝負どころのようですよ。正直、どれだけ最初ドキドキしていても1年も2年も経てばドキドキ感なんてなくなるのが一般的ですよね。当たり前のことですが、長年にわたって、同じ相手にトキメキを抱き続けることは容易ではありませんが、なぜ3年目辺りで恋愛関係が崩壊してしまうパターンが多いのでしょうか!?

そこで今回は恋愛が始まって3年くらいでダメになる理由と解決方法を考えて見たいと思います。せっかく数年続いた恋愛を無駄にしてしまわないためにもぜひチェックしていましょう!もしかしたら役に立つ方法があるかもしれませんよ!

 

1. 夜の営みがマンネリ

同じ相手と何年か付き合っていると、デートも夜の営み手順もお決まりのパターンにハマりがちですよね。

正直、お化け屋敷なんかでもどのタイミングでお化けが出てくるのかがわかることで演出があったとしても恐怖も何もなくなってしまいますよね。これはデートも夜の営みも同じことが言えるのですが、何が起きるのか前もって分かっていると、どうしてもドキドキ感って減少してしまいます。当たり前ですがこうおいったものがマンネリ化の大きな原因です。

そこで解決方法を考えるのは何が必要か?ですが、二人が倦怠期になっている事実を認めて、何らしかの変化を付けるように努力する必要があります。夜の営みに関しては、パートナーが抱いている妄想や性癖などをある程度叶えてあげるなどして、刺激を与えると効果があるはずです!

 

2. 知らないことを知ろうとするのが人間

上記のことと似たようなものですが、ある程度の期間交際すると、相手の生活パターンって見えてきますよね?

いつどこで、何をしているのかだいたい分かるようになったら、安心しきってしまって一種のスリル感がなくなってしまうのです。そういった安心感からちょっとしたスリルを味わうためにまた違う人にちょっかいを出したりしてしまったりするのです。

ですのであなたがいつどこで何をしているかわからない時間というのを作るようにしましょう。あなたの生活にミステリー感を残しておくことで相手は安心しきることができなくなりますのでこれが2人の恋愛のちょっとした刺激になるのです。

 

3. 相手を思いやらないケンカが増える

上記2項目を意識して取り組まないとちょっとやそっとのことでは別れない自信みたいなものが沸いてきます。

すると、多少キツい言葉でケンカをしたところで、パートナーが逃げて行かないと思ってしまうのです。簡単に言えば相手を想う心つまり思いやりなどが欠落してしまうようになるのです。ですが、その時が来るまでお互いは気づくことができないのです。

相手はもともと血の繋がりがない他人だったわけですから終わる時は終わる関係です。ですので、相手の存在にあぐらをかいたり、安心感から何も考えずに思いやりの書いた言葉を投げたりしていたら相手に見切りをつけられてしまうことになってしまうのです。

こういった事にならないようにするためには、まず相手への思いやりというところを常に意識するようにしなければいけません。あなたが今、普通に感じていることは相手がいてのことだということをしっかりと認識しなければいけません。

常にパートナーの存在に感謝する気持ちを忘れず、いつも二人がお互いにポジティブな気持ちを維持できるよう、上手に関係を育てていける環境を作ってみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

長年添い遂げているカップルって、外から見ただけでは分からない努力を意外と続けているものです。もちろん我慢し合っているカップルも中にはおられるかもしれませんが、そう長くは続かないでしょう。

そして相手あっての恋愛なのであなた一人が頑張るのではなく、二人がちゃんと思い会えるように努力するようにしましょう!

関連記事

ピックアップ記事

花火大会

2015.7.22

【保存版】花火デートに出かけるなら彼と相談して一緒に準備するのがコツ!

もう梅雨明けもして安心して花火を見に行くことができる時期になってきましたね。 暑い夏といえば花火デートはいつもとは違う浴衣姿に、彼もあなた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る