男を格下げする”さげまん”恐ろし女性の特徴

カップル シルエット

男性の運気を下げてしまうと言われる”さげまん”。

女性として”さげまん”などと言われてしまったらショックですよね。実際、多くの女性は”さげまん”なんて言われるのは心外ではないでしょうか?どちらかといえば男性の運気をぐっと上げる存在で有りたいと思うのが女子の望みのはず。

そこで今回は「私もしかしたらさげまんかも?!」と現在お悩みの女性のために、一般的に「さげまんと呼ばれてしまう女性の特徴」をいくつかご紹介しますので是非チェックしてみてください!

 

”さげまん”って何?

そもそも”さげまん”って何?という方のために簡単に説明させていただくと、一般的に男性の運気を下げてしまう女性のことを”さげまん”と呼びます。その対義語として、男性の運気を上げる”あげまん”がありますよね。

”あげまん”の女性なら、男性との交際はとても有意義なもので、男性からしてもぜひ交際したいと考えるものです。一方で”さげまん”女性は、男性を不幸にしてしまうため、男性から敬遠されてしまうことも…。男性の運気をぐんぐん吸い取ってしまう「さげまん」女性。

彼女らの持つ共通点とは一体何なのでしょうか…?

 

1. 自由をゆるさない

もしあなたが好き過ぎて男性を束縛してしまうタイプであるならば、残念ながら”さげまん”の可能性があります。

束縛してしまう理由として言えるのはイマイチ「彼の事が信用できない」ということだと思うのですが、男性は、女性から信頼されてこそ本来のパワーを発揮できる生き物ということをまずは認識すべきです。

ですがそれに対して逆行するような貴方の行動というのは、男性は気持ちよく仕事にも打ち込めません。また、男性は自由を求めるのですが、あなたの束縛によって窮屈になってしまった男性は、知らず知らずのうちに大きなストレスを抱え込んでしまうのです。

女性は男性を信頼し、のびのびと自由に行動させることが大切です。それによって、彼の内に秘めた才能が開花する可能性が大いにあるのです!

 

2. 自己チューな女

わがままで、自己中心的な女性は”さげまん”に間違いありません。

物事が自分の思い通りにいかないと誰かに当たってしまっているようなことはないですか?八つ当たりする相手が彼氏だったら最悪な状況は間違いありません。

欲しいものは何でも手に入らないと気が済まない…など、わがままし放題の女性は、確実に男性のストレスの要因になってしまうのです。ストレスが溜まれば、男性は仕事に集中できませんよね。仕事に集中できないとなると出世なんて見込めませんよね。

 

3. 負けず嫌い

なんでも、いつでも自分が一番でなくては気が済まない!

そんな女性は”さげまん”の気質が十分にあると考えられます。誰に対しても自分の方が勝っていなければ人間関係がうまくいかない…そんなあなたは、自粛することをお勧めします。というかそれなら男性に対して何も求める必要なんてありません。

人は協力して生きていくものです。誰が勝ったとか負けたとかあんていうものは将来のパートナーと刺激しあうことはあっても競い合う必要なんてありませんよね。もちろん彼女の頑張りに奮起して努力できる男性なら、相乗効果をもたらすこと間違いなしですが、自暴自棄になってしまったり開き直ってしまう事の方が多いのではないでしょうか?

 

4. 浪費癖がある

女性の多くは、ショッピングなど大好きだと思うのですが、溜まったストレスを買い物で発散させすぎる場合は注意が必要です。

というのも多くの家庭でお金を管理しているのは、女性の方です。結婚することになったら、もしかしたらあなたがお金の管理をすることになるかも知れませんよね。そんなとき、旦那様のお給料まで使い込んでしまったら…家計は破たんしてしまいます。

その時の旦那の心境はどうでしょう?いつも限られた小遣いでやりくりしているのに、家ではあなたが何も考えずに自分勝手にお金を使い込んでいる。そんな状況では協力して何kをしようとする気持ちにになんてなれませんよね。

仮にあなたに対する未練が出てきてしまった場合、生活を抜け出す術もなく夢も希望ももてない生活を続けざるを得ないのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

”さげまん”ではなく、せっかく大好きな男性とお付き合いするのであれば、相手のためになる、力になれるような関係を築きたいものですよね。そのためには、あなたが一歩引いて男性を立ててあげることが大事だと言えるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る