妻のイライラを解消!?もう一度やり直したいと考えた時に意識したいこと

手をつなぐ

最近は”イクメン”と呼ばれるような旦那さんが増えているという情報に「うちの旦那はまったく協力的でない!」とイライラしている奥様方も多いのではないかと思いますが、そうはいっても家族のために一生懸命働いている旦那を考えると感謝する気持ちなどもあるのではないでしょうか?

ここ最近は共働きの世帯というのも決して珍しくありませんから、家事については分担しているご家庭も多いので何もしいない旦那にイライラしてしまってばかりいるという状況かもしれませんが、そうは言っても旦那に愛情を持って接しないとやっぱり夫婦間の関係に亀裂がはいってしまいます。

ただ、残念なのが旦那側が一切協力していないという事を自分で認識しているのであればあとは行動に移せばいくらか状況も一変するかと思いますが、家事も少しはしているのに妻がイライラしっぱなしで悩んでしまう旦那さんというのも少なからず存在しいます。

自分は協力しているつもりだけど妻がそのことを認めてくれないなんていうのは結構多いもので、その事をきっかけに夫婦関係が悪くなり”帰宅恐怖症”に陥ってしまう旦那さんも結構いるものです。

そこで今回は、本当に深刻な状況に陥ると”離婚”という文字が見え隠れしてくるのですが、まだ妻との関係をやり直せるように頑張ってみようと思うのであれば以下のことを試してもらいたいと思います。

 

妻が喜ぶ3つのキーワード

多くの妻が旦那に対して不満に思っているのは先ほども言いましたが、”家事分担”です。家事分担はやはり今の時代では当たり前で”イクメン”はもう一歩先の話で子育てにもやっぱり積極的に絡んでいかなければいけません。
またそれ以外に妻が不満を持つ部分で大きい割合を占めるのは、”話を聞いてくれない”であったり、”気配りがない”という部分が多くの妻が不満にもつ要素なのです。

ここで感じていただきたいのは、これらの不満要素ですが共通点があるのがおわかりでしょうか?

たとえばですが、仕事後に疲れていても旦那の為に一生懸命料理したのに「おいしい!」であったり、「ありがとう。」などの言葉もなく、無言で食べた挙句、食器もそのままにしておいてはやっぱり妻からすると不満しか残りません。
たった一言でいいのです。思いやりのある言葉を妻に伝えることで一日の頑張りが報われたような気がするのです。

人の気持ちを考えることにあまり複雑なことはいりません。シンプルに“思いやり”が大切なんです。

1. ”さりげなさ”が大切

今の時代は、夫婦が協力して家事をこなすというのが主流です。
もちろん様々な価値観の変化などもありますが、一番は女性も働きに出て家計を支えているという状況の影響が大きいのではないかと思いますが、”やっといてあげた”というようなふいんきを出すのはNGといえます。

もちろん家事を手伝って負担を少しばかり軽くするという心がけはいいのですが、家事はお互いが頑張らないといけないものですから”やっといてあげた”と言われても感謝する気にもならないでしょう。

まだまだ多くの家庭では共働きで2人とも働いていたとしても、働く妻が過重に家事の分担を負っている場合が少なくありません。ですがそういった状況であったとしても、それが当たり前となり、たまに手伝って”やってあげた”感をかもしだす言い方をすると、妻を“カチン”とさせてしまうことも。

 

2. ちょっとした変化に気づく

女性は、いくつになっても女性です。

やっぱり、些細な変化であっても頑張っている部分をほめられたら嬉しいものです。
よくあるパターンで言えば、ダイエットを気にしている女性に対してデリカシーのない言葉を投げかけるのはNGです。

またおしゃれを気にしてちょくちょく服なんかも買い足したりする場合であってもある程度のことは”いいじゃん”や”似合ってる”なんて言葉を投げかけるように意識しましょう。

もちろん家計に大きく影響するような事態でないかぎりは妻が頑張っておしゃれしていることに応援できるような姿勢で接するほうがいいでしょう。なかなか男性の場合、気づけないことも少なくないのですが、日頃から意識して妻を見ていればちょっとしたメイクの変化などであっても気づくことができるものです。

もちろん気づいた時は否定するのではなく、ちゃんとほめてあげることが大切です。

3. リラックス

外にいるときも、家の中にいるときも完璧を演じるのは難しいです。
やっぱり家にいるときはリラックスしたいものです。大人になっても気の許せる相手とはちょっとしたことでも一緒に笑ったりすることが出来るものです。

もちろんあなた自身がリラックスできていたとしても相手もリラックスできる環境でなければなりません。外ではしっかり者を演じていても、家ではちょっとおっちょこちょいな一面であったりあるかもしれませんが、そんな一面も笑って過ごせる関係であり続けるというのはとても大切なことなんです。

ふとした瞬間、平穏な日々であっても普通に過ごせる幸せを感じれれば、一緒にいて幸せと感じれるようになるはずです。

バラエティ番組を一緒に見て大笑いしたり、一緒にDVDで映画を観て感動したり、そんな普通の出来事であっても幸せを実感することもあるはず。

 

まとめ

いかがでしたか?
恋愛の始まりのころのように、休みの日に四六時中くっついていた“あの頃”には戻れないかもしれません。でも、帰宅したら2人、もしくは家族の時間が待っているというのは、心のよりどころになることもあります。
愛情は何もしなくても継続できるものではありません。思いやりの積み重ねで、お互いの愛情が継続できるのです。ですので心地のよい関係を築いてくださいね!

 

画像:http://free-images.gatag.net/

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る