営業に配置転換された・・・や、新社会人必見!名刺交換の基本マナー

名刺交換

仕事をしていれば様々な人に会う機会があるかと思いますが、人に合えばやはり挨拶が必要になってきますよね。

毎日とは言いませんが、しょっちゅう名刺交換をされているのではないでしょうか?もちろん営業を仕事としている人であれば多い日には何枚も交換したり、なにかの集まりに行こうものならさはりそれなりに名刺を交換する機会というのが増えるものです。

ですがそんな風に当たり前のように繰り返される名刺交換ですが、マナーなど知らないままに名刺交換してしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?もちろん全員が全員名刺交換のマナーを守っているのか?というとそうでもないような気もしますが、知っているのと知っていないのとではやはり知っている人からすれば見る目も変わってくるものです。

もしかすると印象を悪くしてしまうかもしれませんし、逆にある程度しっかりとしたマナーを知っていればそれだけで印象も良くなる可能性があります。

人と関わる場合、第一印象というのはとても大事ですからそういった名刺交換の場面でちょっとしたことであってもマナーが間違っていたとしたら、これほど恥ずかしいことはありませんよね。

そこで今回は、名刺交換の時に気にしておいたほうがいいビジネスマナーについてご紹介したいと思います。多くの社会人がもしかするとわかったつもりになっているかもしれないそのマナーについて、もう一度確認してみてはいかがでしょうか?

 

1. 文字やロゴには指がかからないように意識する

自分の名刺であっても、受け取る名刺であっても印字されている文字やロゴ、場合によっては写真などもあるかと思いますが、それらに指がかからないように注意しましょう。

こう改めて言われると、 当たり前のように感じることではありますが”ハッ”とさせられた方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?当たり前過ぎて逆に意識から飛んでしまっていたなんていう場合は改めて注意するようにしましょう。

 

2. テーブル越しの名刺交換はNG!

座ったままで名刺交換するような人はおられないとは思いますが、テーブルに座っていて腰を羽化してはいるものの机の上での名刺交換というのはマナーとしてはNGです。まして自分が相手よりも目下である場合、席からたって、テーブルを回って交換にいきましょう。

もちろん狭いなどいろいろなシチュエーションもあるかと思いますが、移動しづらい状況であってもテーブルからずれて立って名刺交換するなど意識すべき点はいくつかあるものです。

できることであれば、席を立って、相手の前まで移動するようにして名刺交換をするようにしましょう。

 

3. 手や指先も綺麗に

これも当たり前のことですが、自分の手についても意識するようにしましょう。

インクで汚れている手であったり、爪にゴミが溜まってしまっていたり、やはり名刺を渡す手、受け取る手の清潔感というのは意識しておいた方がいいでしょう。

 

4. 相手が目上なら差し出すのは相手よりも低い位置で

名刺交換のさい、相手が目上の相手であるのであれば自分が差し出す名刺は相手よりも下にしなければいけません。

このシチュエーションは相手と同じタイミングで名刺を差し出したと時に意識すべきことですが、なにも考えずに名刺交換をしてしまうことのないようにしましょう。

 

5. 右手で渡して左手で受ける

結構多いケースなのは同時に名刺を差し出してしまうケースです。

目上であれ、目下であれ相手方と同時に名刺を差し出す感じになってしまった場合というのは、右手で渡して、左手でいただくようにするのが基本です。

もしこのことをあなたが知らなかった場合、お互いに”ぎこちない”名刺交換になってしまう場合があるからです。そして先程も言いましたが相手が芽羽であれば自分の差し出す名刺は相手よりも”低い位置”ということを忘れないように注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今まで特に意識していなかったというのであればこれからは上記のことを意識するように注意しましょう。これくらいであればすぐに頭に入れることは可能でしょう。あとは習慣としして身につくまで意識していればいいだけです。

当たり前のようなことばかりですが、逆に考えればこういった当たり前のことだからこそ意識してミスのないようにしておきたいところですよね。特にフリーランスとして今まで頑張ってきてそういったことを知る機会が少なかったりした方にも意識して頂ければと思います。

画像:https://c2.staticflickr.com

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る