カッコよくいきたいならカッコよくない出来事も言うべき理由。

晴天

仕事をしていればいろんな事が起こりうるものですが、失敗して起こられてしまったり、クライアントから叱られてしまうこともあるでしょう。

いくら仕事がバリバリできる人であっても、こういった経験というのは1度や2度ではないはずです。もちろんこういったネガティブなことというのは悔しかったりする場合もあるでしょうし、本当に自分の不注意などで引き起こしたことなどであれば、情けなく感じてしまうこともあるのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

時には、もう逃げ出したくなってしまうことなんかもあるのではないかと思いますが、そうもいかないのが現実です。そんなことしたら今まで地道に築き上げてきた信頼関係などが一気に崩れ去ってしまうことも少なくありません。

ですがそうはいっても乗り越えるためには時間が必要であったりしますし、時には対処しきれず、落ち込んでしまいなかなか本来の自分に戻ることができない場合だってあるのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな人生の失敗談についてですが、人には隠したいと考えるようなことであってもあえて話すことで思いもよらないメリットが得られる場合があるのです。ではなぜそういった失敗談を話すことでメリットが得られるのか?ということをご紹介したいと思います。

 

 

1. 親近感を持たれる

あなたの周りに何をやらしても完璧な人っていらっしゃいますか?

もしかするとあなたが見ている部分というのは完璧で非のつけどころなどないかもしれませんが、人間で何をやらせても完璧な人なんていうのは存在しません。時には失敗もしますし、24時間一緒に過ごしてみれば意外な一面なども見ることができるはずです。

ただ、多くの人たちというのは自分のダメなところというのは必至に隠そうとするものです。これはどんな人でもそういった心理を持っていて自分をよく見せたいという意識の表れなんです。

ですが、そんな完璧な人、憧れはするかもしれませんが、どこかとっつきにくい印象などないでしょうか?それよりもちょっぴり開き直って”失敗してしまった~”と笑顔で言ってのけましょう。

もちろんあまりにも能天気すぎるのも注意は必要ですが、中途半端にカッコつけずにいることのほうがよほど重要なんです。

多くの優れた人、つまり完璧な人であっても昔は多くの失敗を経験しているはすです。ただその失敗の原因というのは常に何か新しいことにチャレンジし続けているからと考えてもあながち間違ってはいないでしょう。

人は誰でもミスをしてしまいます。どれだけ注意していたとしてもです。

ですがそういった失敗を経験した同じ境遇の方からは自分だけじゃなかったんだと相手は一気に子おころを開いてくれるのです。多くの人は気取っていなくて、素直な振る舞いになどにとても親近感をかんじるものです。

 

2. 次に続く人のために勇気を与える

仕事だけでなく、新しいことにチャレンジして失敗したとしても次に続く人に大きな勇気を与えることは言うまでもありません。

道なき道を進む姿勢というのは誰でもできることではありません。とはいうものの、もちろん批判してくる人もいるのも事実です。

わざわざ道のないところを歩く必要性がどこにあるのか?といったところから抜け出せない方はこういった発想にとらわれがちですが、こういった方の多くは勇気を与えることも、そして尊敬されるということもこの先”ない”と断言してもいいかもしれません。

失敗談など人前で言うのは結構気が引けるものですが、そういった失敗というのを経験するにはまずは勇気がいるということを認識しておきましょう。そしてたとえ失敗したとしてもほとんどの人は理解してくれるはずです。できることならなかったことにしたいくらいツラい失敗を惜しげもなく語る姿に、人は勇気づけられることもありますし、たとえ失敗談だとしても果敢に挑む姿勢というのは尊敬に値することだと気付くのです。中には一生気付かない方もいらっしゃいますが・・・・。

 

3. 気分がすっきり解消

どうしても失敗してしまうと引きずってしまうものです。

またその失敗などを隠そうとすればするほどお慶にストレスを感じてしまったりするものですが、話してみればそういったもやもやからは解放されることは言うまでもありません。

もちろんあまりにも突飛なことである場合、なかなか理解してもらえなかったりする場合もありますが、そうはいっても中には”共感した”と感じてくれる人もおられるでしょうし、”勇気を得られた!”と考える方も少なくはないでしょう。

あなた自身は、自分の失敗談という恰好悪い事を人に話しするのを躊躇してしまうかもしれませんが、辛くて苦しいこの作業を通過することで“自分”が癒されることがほとんどなんです。

 

まとめ

いかがでしたか?

人というのは不思議なもので人の不幸は蜜の味というように昔からある一見イジワルな言葉ですがその蜜が人に勇気を与え、あなたを尊敬する信者になりうる可能性だってあるのです。

中途半端に隠し恰好をつけるのではなく、素直にいきてみるのも格好いい生き方の一つなのかもしれませんね。

画像:http://www.photo-ac.com/

関連記事

ピックアップ記事

満月 デート

2015.9.15

満月の威力が半端ない!?お月見デートを勧める理由と、やめたほうがいい理由!

皆さんは、お月見デートをしたことがありますか? 天気次第ではありますが、満月が鮮やかに見える夜というのは、絶好のお月見デート日和と言え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る