ちょっと言い過ぎ!と周りに注意された男性へ、”女の子に意地悪していませんか?”

男性 意地悪

いつの時代も変わらないなぁと思うのがこの話題。”好きな女の子につい意地悪をしてしまう……”ほんとよく聞く話題ですよね。

これはもう女性のほうも知っていることだとは思うのですが、その対象となっている女性はそんな彼の好意に気付くことはほとんどありません。これが不思議なことに周りにいる女性にはそういった”カン”が鋭く働くことが多いのも不思議なものです。そんなちょっと気になる女性に対して、ついつい”いじわる”してしまう男子は意外と多いものです。とはいえ、自覚してくれている男子はまだましかもしれません。

 

自分の気持ちが認識できていない男子が結構多い

残念なことに自分では好きな女の子に意地悪をしている自覚などまったくない……意地悪なんてするわけがないと思っている男子が多いのが現実というものです。 というか、気になる女子に意地悪をするしない以前に、自分の彼女への気持ちがいったいなんなのか? 彼女に対する思いは、ラブなのかライクなのか? 友だちとして好きなのか、男友だちと一緒の感覚なのか? そのあたりの違いというか、自分の気持ちの種類についてもよくわかっていない男子がほとんどだったりします。そして周りに”ツッコまれて”、ようやく自分の気持ちと向き合うといった事が結構多いです。

今回は、ある特定の女子にやたらとかかっていってしまう、意地悪してしまう自分に気づいたとき、男子としてどんな行動を取ればいいのか? という問題について考えてみることにします。まずは、男子が気になる女子にどんな意地悪をしてしまうのか例をあげてみることにします。

 

●思ってもいないのに、バカだのアホだの、なんだのかんだのと彼女を罵倒してしまう。

●飲み会の席など、わざわざ人が大勢いる前で、彼女のミスや失敗談などをおもしろおかしく話してしまう。

●仕事や勉強のことで、用事があって話しかけられると「そんなこともわからないの?」「そんなことくらいで?」といった冷たい態度を取ってしまう。

●彼女のささいなミスをくどくどとお説教して怒ったり、イヤミをいったりして追及してしまう。

●基本、彼女の存在に気づかないふり。話しかけられてもスルーしたり、人を介して話したりしている。

 

うわぁ・・・といってしまいそうなほどですが、何なんでしょう?

言ってて悲しくなるほどの意地悪ぶり、冷たさです。女の子があまりにもかわいそうすぎます。けれど、自分では、そんなことをしているつもりはないという男子は、ひとまずどうしてこんな冷たい態度を取る自分が出てきてしまうのか、考えてみるといいと思います。

 

 

どうして冷たい態度等が出てきてしまうのか?

好きだか何だかよくわからない、そんなこと考えたこともないという場合は、状況をよくみて冷静に自分の気持ちをふりかえってみることが大切です。

以下の質問に答えてみてください!

◯仕事や勉強をしている彼女をみて、要領がよくなかったり、お人好しで人の手伝いばかりしたりしている姿が気になるから。

◯彼女のことを考えると、自分だけをみてほしいというような感情がわいてきて、そわそわと落ち着かない気持ちになってしまうから。

◯彼女と楽しく話ができると、とてもうれしくて幸せな気持ちになるが、他の男と楽しそうにしている姿を見るとイライラしてしまうから。

◯彼女の姿を見るために彼女が行きそうなあたりをうろうろしてしまったり、電車の時間をあわせたりしている自分がいる。

◯彼女はひとりでなんでも抱え込んでしまう。少しは助けを求めてくれればいいのにと思ってしまうから。

◯自分以外の人間には、笑顔を、みせるのに自分にはその笑顔を見せてくれないから。

◯上司であろうとなんだろうと、他の男と仲良さそうに話しているのをみると、シットしてしまうから。

◯メルアドやLINEのアドレスを教えてほしい。

こんな状況に思い当たるフシがあるのでしたら、それは彼女をラブの意味で好きなのではないかと思います。

自分でも気づかず、意地悪していたりしてしまっていた場合、女の子に悲しい思いやさみしい思いをさせているのだとしたら、そして、自分でも、そんなことをしている現状がイヤになりそうなら、やはり自分の気持ちを見つめなおしてみたほうがいいはずです。

 

まとめ

いかがですか?

彼女を「好きだ」と思ったら、次にそれがラブなのかライクなのか見極めて、ラブだなぁと思ったら、これからは彼女に対する態度をあらためればいいと思います。どうあらためるか? といえば、もちろん、たくさんホメてやさしくして。大事にして見守ってあげればいいだけのことです。

好きな人にやさしくするのは簡単なことだと思いますので、まずは自分の気持ちに自分で気づくこと、彼女に対する自分の気持ちにとことん向き合ってみることからはじめてみましょう。そうすると、おのずとこたえはみえてくるはずです。彼女が誰かと付き合うことになって初めて気づいて落ち込むことのないように自分の気持ちに気づいたら、好きな女の子にやさしくできるいい男になってもらいたいと思います。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

花火大会

2015.7.22

【保存版】花火デートに出かけるなら彼と相談して一緒に準備するのがコツ!

もう梅雨明けもして安心して花火を見に行くことができる時期になってきましたね。 暑い夏といえば花火デートはいつもとは違う浴衣姿に、彼もあなた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る