バツイチ男子はやっぱりモテる!バツイチ男子の魅力とは?

カップル デート3

会社の同僚男子であったり、周りにいる友人である男子にも、いわゆる“バツイチ”な男子が何人かいるのではないでしょうか?

最近は離婚歴のある方というのは珍しくなくなってきましたよね。

なんか魅力あると感じるような男子が実はバツイチだったなんてこともあるのではないでしょうか?傍から見ている限りそりゃ人間ですから完璧とまではいかないまでも「どうして前の奥さんとうまくいかなかったのか?」なんて気になることもあるかと思います。

もしかしたらそんな風に気にしだしているのは恋のはじまりかも♪

ですがそんなバツイチ男子って意外なほどモテると思いませんか!?

もしかしたら、あなたが「イイな」と思っている同僚男子であったり友人男子を他の女子も同様の想いで見つめているかもしれません!そこで今回はそんなバツイチ男子の魅力について迫りたいと思います。なぜバツイチ男子がモテるのか納得デキる3つの理由をお伝えしていきましょう。

 

1. 自分の短所を知っている

離婚というと、役所に離婚届を出すことです。

基本的にはその作業だけなんですが、離婚に至るまでには様々なシチュエーションがあります。離婚する原因などにもよりますが、なかなかお互いに否はないけれど別れを選択するなんていう悲しくも切ない青春ドラマみたいなことってまずないでしょう。

多くは、すったもんだの挙句に離婚届を提出…というケースだと思いますが、そのような状況というのは並大抵のものではなく、互いの欠点を罵りあって破局を迎える夫婦も少なくありません。

もちろん何らかの大きなきっかけはどちらかが作るのですが、お互いが傷つくなんてこともあります。ですのでバツイチ男子というのは自分の欠点をよく理解しているケースが多いんです。

もちろん人それぞれ自分自身の長所だ短所だというのは大体はわかっているのですが、離婚に至るまでというのはそういった短所も自分の努力でなく、相手にそのことをカバーしてもらおうと考える場合が少なくありません。

また場合によっては自分の短所に気づかずにいる男子もいる中で、自分の短所を補ってさらに人生を良いものにしていこうと考えているバツイチ男子というのはやっぱり魅力的に映るのです。

 

2. 目上の人と接するのがうまい

結婚というのは2人の問題でないということは有名ですが、結婚していたということは以前のパートナーの両親や祖父母などの親族とのお付き合いもあったはずです。だからこそ、目上の人との接しかたを心得ている男性も多いんです。

また独身で若いと一般的な常識であっても知ってはいるけれど経験したことがないため対応であったりレスポンスが悪かったりしてしまうことが多いのですが、バツイチ男子というのはそういった場数を踏む機会が多いため、上司や取引先とでえあったり、はたまた目上の人に対してスマートにお付き合いできる様子を見て、純粋に尊敬してしまう事も少なくないのです。

これには対応だけでなく、やっぱり丁寧な言葉遣いであったり、その年代に合わせた話題の引き出しであったり様々ですが、なかなか経験していないと難しいことがあるのですが、そんなこともスルッとやってのけるバツイチ男子にキュンとしてしまうのです。

 

3. 女性の扱いに慣れている

独身男子と違って大きく差が出るのはこの部分かもしれません。

もちろん独身男子であっても女性の扱いになれている方はいらっしゃいますが、トータル的に見て女性と一緒に生活していただけあって、バツイチ男子というのは女性をよく知っているんです。

何を言ったら怒るのか、どう振る舞うべきなのか?何をすれば機嫌が良いのか…などなど、女性の扱い方にいい意味で慣れているのもバツイチ男子の特徴です。女性からすればかゆいところに手の届かない男子というのはある意味やきもきしたりストレスが溜まったりしてしまうのですが、もたもたと野暮な対応をしてくる男性と違って、バツイチ男子にオトナの魅力すら感じちゃうのは彼らが女性という生き物をよく知っているからともいえるのではないでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたか?

今、密かに胸キュンしている男性がバツイチだった場合、上の項目のいずれかに心当たりなんかはありますか?

もしも思いあたるところがあるのであれば、そんな気になるバツイチ男子も密かにあなた以外からもアプローチを受けている可能性が大です。もし譲れない!と思おうのであれば誰かとゴールインされちゃう前に、積極的にアプローチしましょう!

関連記事

ピックアップ記事

女性 仮面

2015.6.25

大好きな相手に”本当の自分を知ってもらいたい”と悩んでしまっているあなたへの処方箋

コンプレックスというのは誰でも持っていますが、そういった自分が気になっているところ、つまり悪いところを隠して恋愛を続けていっても、うまくいか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る