頑張っている姿は魅力的だけど、気を惹こうと必死になるのは要注意!

女性 物思い

人が頑張っている姿ってとても魅力的ですよね。

学生の頃なんかは部活に励む先輩であったり、同級生にキュンとしてしまったという経験のある女子も多いのではないかと思うのですが、やっぱり頑張っている姿というのは普段よりも何倍もよく感じてしまいますよね。男子が頑張っている姿はもちろんの事、女子が頑張っている姿というのも男子は惹かれるんです。

ですが頑張っているのと、必死というのとではなんかイメージが違いますよね。頑張っているというと、しっかり計画的に前向きに行動しているイメージが湧きやすいものですが、必死な状況というのは、もう退路が断たれてしまって前も後ろも関係なくとりあえず今の状況を脱したいというようなイメージが持たれます。

ここで考えて欲しいのは、”頑張っている女性”と、”必死な女性”とではどちらが魅力的に見えるかというとやっぱり計画的に行動している”頑張っている女性”の方ではないでしょうか?

実際、何かの目標に頑張っている姿というのは惹かれる要素ばかりではないかと思うのですが、そんな中に必死さが見えると真剣なのはいいのですが、状況によっては”引かれる”場合もあるようです。

そこで今回は”引かれる女性”、自己アピールばかりの恋活、婚活女性の特徴をご紹介したいと思います。

 

 

”私、いい女です!”アピール

最近はSNSを利用していない人のほうが少ないのではないかと思いますが、そんなSNSの投稿でやっぱり微妙なのが自己アピールの投稿でしょう。もちろん旅行に行った時などの思い出をみんなに共感してもらいたいというのはわからなくもありませんし、みんなでおすすめの場所の情報共有というのはアリかと思いますが、手料理であったり、その日のコーディネートなどあまりにも頻度が多いのは注意が必要でしょう。

料理なんていうのは家庭的な女っ性を求める男性からすればそれなりに好感がもてますが、調子に乗ってしまうと家庭的アピールが鼻についてしまうのです。それに毎日だと新鮮味もありませんし、飽きられてしまうので手料理などをアップするのは頻度を考えたほうがいいかもしれません。また、服のコーディネートなんかも、たまにであればいいでしょうが、毎日毎日服のコーディネートなんか更新されても見る気も失せるものです。

最近はFacebookなどのSNSなどが主流ですが、友達としてつながっている場合、別に見たくなくてもタイムラインなどに情報がチラチラ出て来てしまうのです。もし手料理や服のコーディネートを載せるのであればSNSではなく、その情報が欲しくて見に来る人向けにブログにすることをおすすめします。

周囲には控えめだけれど、「ブログでは結構人気があるんだよ♪」という方が見る目も変わることでしょう。度を超した”いい女”アピールというのは周りの男性から”引かれて”いまいますので注意が必要です。

 

会うたびに”紹介して”

草食系なんかが流行る前というのは、男性が女性に対してよく言っていた言葉ではないかと思うのですが、最近は女性の方が恋愛に対して必死になっているようなイメージがありますよね。会う度に「誰かいい人いない?」なんて聞いていないでしょうか?

これでは、男性的には”必死すぎ!”というイメージしか湧きません。また冷静に考えて欲しいのですが草食動物って群れで行動してますよね?ここから考えて欲しいのはそんな風に必死すぎる女性についての話題がそのグループで広まってしまっているかもしれませんよ?

普段はあまり噂話なんて興味のない男性ですが、ネタになるようなことであれば案外、一気に広まりますので注意が必要です。もちろんあなたの事をよく理解してくれているような人脈を頼るのは大事なことですが、頼る相手を間違ってしまったり、露骨に催促するのはイメージダウンにつながります。

たまには声かける程度の方が、男友達のほうから「いい男がいるから紹介するよ!」と言われるかもしれません。

 

他人の権威を利用する

人の自慢話を聞くだけでもげんなりするものですが、自分の友人や知り合いの自慢話をしてくる人というのは疲れてしまいますよね。

特に少し華やかな業界の人と知り合いというのは確かにすごいけれど…だから?という印象が勝ってしまいます。周りの権威を借りて自分自身の価値を高めようとするのはカッコ悪いですよ?

相手がそういった人を紹介して欲しいという状況であればとても印象が良くなりまうが、他人の権威をあたかも自分がそうであるようなモノの言い方というのはひんしゅく買います。

 

根拠がないのにベタ褒めしてくる

恋愛などについてどう自分に目を向けてもらうかということで、相手を褒めるということがよく挙げられていますが、バカの一つ覚えのように、「すご~い!」と言いまくるのは気をつけたほうがいいでしょう。

確かに人は褒められると嬉しくなるのですが、あまりにも露骨に気を惹こうと褒めまくっては相手も違和感しか感じません。特に男性は一般的に褒められることがとても嬉しく感じるのですが、それでも違和感ありすぎる褒めというのは一筋縄にはいかないのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

頑張っている姿というのはたくさんの人が好感を持ちますが、恋愛したくて必死なアピールというのは違和感しか残りません。挙げ句の果てには笑いものにされる可能性がありますので薄っぺらい対応というのは注意したほうがいいでしょう。

男性が女性に求めるのは、居心地の良さです。頑張っている人の横では応援もしたくなりますが、必死な人の横にいては落ち着きませんよね。こういったことをしっかりと理解して必死に取り組むのではなく、頑張るというスタンスに切り替えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ピックアップ記事

満月 デート

2015.9.15

満月の威力が半端ない!?お月見デートを勧める理由と、やめたほうがいい理由!

皆さんは、お月見デートをしたことがありますか? 天気次第ではありますが、満月が鮮やかに見える夜というのは、絶好のお月見デート日和と言え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る