20代女子の5割が彼氏ナシ!30代では7割!「未恋女子」急増中!

女子会

明治安田生活福祉研究所の調査では、20代未婚女子の半数が「彼氏がいない」と回答。そして30代でいえば10人に7人が、「彼氏がいない」と回答しています。20代といえば、人生の中で最も恋愛に興味のあるお年頃のはず。それにもかかわらず、半分以上が「恋人ナシ」とは驚きのデータですよね。
そんななか、巷では「未恋女子」という人種がじわじわと増えているようです。未恋女子とは、恋に対して興味を持たない人のこと。このような人がなぜ増えているのか探ってみました。

異性に興味がない

  • 男性に興味を持つことができないんです。今のままの生活で満足している

    自分が男性と交際するイメージがまったく浮かばないそう。女友達に囲まれて過ごす毎日に満足しきっているため、今の生活から抜け出せなくなっているのだとか。またあるアンケートでは、「異性より同性の友達と一緒にいる方が落ち着く」という20代女子は7割。ここ数年の「女子会ブーム」をみても、若い女子たちが「同性の友人と過ごすこと」に安心感を得ていることが分かります。
    「一緒にいて楽しい男の子がいれば付き合いたいけど…」というAさん。いまいち押しの弱い草食男子にやきもきしている様子も伝わってきました。

友人関係が面倒

  • 毎日忙しくて自分のことで精一杯。今の環境は、女友達との関係がギクシャクしてます。仲良しグループの中で誰か1人が恋愛をすると、『裏切った』と言われて、仲間外れにされてしまう

    「人間関係の疲れから、恋愛する気になれない」というかたも。「彼氏がいない女同士の絆」が重荷となって、恋愛と縁のない生活をおくるケースもあるようです。気持ちに余裕がないと、なかなか恋愛と向き合えないものです。一緒にいてお互いに足を引っ張り合うような友達であれば、思い切って距離をおくことも検討したいところですよね。

深い仲になるのが怖い

  • もし好きな人と付き合えたとしても、深い関係になると自分の嫌なところもみられるし。それで嫌われてしまうのなら、友達以上の関係にはなりたくない。

    最近は、SNSで気軽につながれるようになった分、友達の人数が多く、不特定多数の人と仲良くする傾向があると言われています。しかし彼女たちが、それらの友達とホンネの付き合いができているかというと、必ずしもそうではないのが実情だそう。
    KY(空気を読む)文化の中で育った今の若い世代は、友達同士であっても過剰に気を遣い、コミュニティ内で求められている「キャラ」を演じようとします。今は表面的な付き合いが当たり前なので、異性に対しても自分の弱みをみせることができず、いまひとつ距離を縮められないのかもしれません。

 

勝手な推測ですが、SNSという非常に便利なコミュニティサイトがあるおかげで、不特定多数の方との交友が可能になったことは言うまでもありません。

そして中高年の世代からでは考え付かない人脈などができたりするのもSNSの特徴とも言えます。ただ今回のこの今迄では想像もしなかった結果が出てきたということは時代の流れとして片づけるには少し怖いものもあります。

それは、不特定多数の方との交友が忙しすぎて本来のプライベートな時間までもが一体化しているようになってしまっているのではないかという感じです。

また、ちょっとしたやり取りで特定の人と深くかかわることがないので、相手に合わせるという傾向も強く過剰な気遣いが多いのでしょう。そういう状況にいるとどうしても、特定の人と深くかかわることを敬遠しがちになってしまうのもわからなくもありません。

「別に恋愛なんてしなくても、楽しいし・・・」若い女子たちからは、そんなホンネが聞こえてきました。

そんな未恋派でも、心の底から今の人生を楽しんで、充実しているならもちろんそのままでもいいでしょうし、無理に「恋愛」する必要はないと思うのです。
しかし、このアンケート調査では”結婚をしたい””子供がほしい”と考えている男性・女性はどちらも半数以上の方は考えられているというデータもあり、もし心のどこかで「本当は恋愛したいけど・・・」という引っ掛かりがあるのなら、勇気をだして「恋愛」というゾーンに踏み込んでみてもいいかもしれません。きっと新たなシアワセの形が見つかるのではないでしょうか。

 

関連記事

ピックアップ記事

女性 仮面

2015.6.25

大好きな相手に”本当の自分を知ってもらいたい”と悩んでしまっているあなたへの処方箋

コンプレックスというのは誰でも持っていますが、そういった自分が気になっているところ、つまり悪いところを隠して恋愛を続けていっても、うまくいか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る