婚活中の女子必見!「稼げない男」を見分けるためのチェックポイント【後篇】

男性 酒飲み

前回に引き続いて、生活の要となる”稼げない男”を見分けるためのチェックポイント【後編】をお届けします。

婚活中の女性にとって、結婚する相手が”稼げない男”というのはよほど自立できた女性でないとかなり参った状態になってしまいます。

最近では3平だ3Kだと言われていますが、それ以前に無気力なのが”稼げない男”です。どう頑張ってもというかは頑張る気がありませんので脈も減ったくれもありません。そんなダメ男をつかまえてしまわないようにぜひチェックしておきましょう!

前回の記事から読みたいかたはこちら

婚活中の女子必見!「稼げない男」を見分けるためのチェックポイント【前篇

それではまた見ていきましょう!

 

稼げない男の特徴

 

1. 運動嫌い

今現在、運動しているかしていないかではなくどこかに出かけるにしても家の外から出ることに対して億劫になって姉妹がちな人は要注意です。そもそも運動することは、健康を維持するために必要不可欠です。また、身体を動かすことはストレスの解消にもつながります。

こういった自分の未来に対してプラスにしかならないとわかっているのに頑なに嫌うのは、将来の自分の姿を真剣にイメージできていないからです。真剣に将来の姿をイメージできないというのは、当然ながら稼げない男の特徴と言わざるをえません。

2. 本を読まない

最近は活字離れと言われていますが、やはり稼いでいる男というのは情報に対して貪欲です。

もちろん情報があればいいというわけではありませんが、様々な情報・知識をもっっているというのはビジネスにおいても様々な視点で物事を考えることができるようになるためとても重要な部分ではあります。

稀にほんと感覚だけでことを成してしまう方はおられますが、それでも本の代わりに友好関係がとてつもなく広かったりする傾向があります。このご時世、幅広い知識と見識がなければ、成功することはできません。そのために、様々な本を読み見識を深めることが不可欠です。本を全く読まないような人は、時代の流れに置いてけぼりを食うのが関の山です。

 

3. デスクトップがごちゃごちゃ

整理整頓ということが多くのビジネス書で取り上げられていると思いますが、やはり資料があちこちに散乱している状態では仕事ができる人と到底思えません。ただ、机の上は綺麗でもパソコンのデスクトップはいかがでしょうか?今や、ビジネスパーソンの必需品とも言えるパソコン。そのデスクトップが整理されていない人は、頭の中もごたごたしていると言っても過言ではないでしょう。ファイルを間違えて、大事な情報を外部に漏らしてしまうという重大なミスにもつながりかねません。

表面上だけ整理ができている人は多いものですが、きっちり整理できている人というのは意外と少ないかもしれませんね。

 

4. 数字が苦手

稼ぐということは何か?どんな仕事でも、最終的には必ず数字に置き換えられます。

数値化することで事実を客観的に見ることもできるので、新たな目標も立てやすくなります。しかし、データや数値といった数字そのものに苦手意識がある人はこれがうまくできないのです。

もちろん努力される方もおられるでしょう。ですが多くの方は苦手意識を持つとその時点で諦めてしまうのです。克服しようと努力しているなら別ですが、「世の中数字じゃない、心だ!」なんて思っている人はいつまでたっても成功しません。

 

5. 人の名前を覚えない

全く人の名前を覚えられない人がたまにいてますが、人の名前をなかなか覚えられない人は、ビジネスチャンスを逃しやすいことが多いです。これは経験ある方が多いかと思いますが、名刺交換しただけの方であっても名前を覚えていると結構、喜ばれるものです。

相手の名前を呼ぶことは、信頼関係を築く第一歩なので、そこで遅れを取る人は稼げるようにはなりません。

 

6. 付き合いを断れない

人が生きていく中で優先すべきことというのは日々変わっていきます。

その中で、優先すべき事を放っておいて付き合いだからと飲み二ケーションに勤しむ方が多くいらっしゃいます。ですが何もかも付き合いを優先しなければいけないというのは、日頃の人間関係がうまくいっていない場合があるのではないでしょうか?日頃のストレスの発散や、仕事上の付き合いのために飲みに行くのはもちろん必要なことです。

ですが毎回、毎回、無理をしなければいけないというのは時間とお金を浪費しているにしか過ぎないことが多くあるものです。

もしくは単なる寂しがり屋という場合もあるかもしれませんが、そういった場合は1人で行動、判断できないと考えられますのでその場合も注意が必要です。

 

7. 交友関係が狭い

同じメンバーばかりで集まっても、会話の内容は「愚痴」や「悪口」が主体になるので、あまり得るものはありません。

もちろん狭く深い人間関係も大切です。しかし、そればかりになってしまう人は、自分にとって有益な情報も人脈も得ることができず、成功をおさめることはできないのです。もちろん狭く深い付き合いをしている方が何らかの手を差し伸べてくれる可能性というのは充分に考えられますが、それでもその後のことを決めるのは本人です。

ですので極端に交友関係が狭い方というのは注意が必要です。

 

8. ほしいものをすぐ買う

必要なものであれば、その時に購入したほうがよいでしょう。

ですが多くのものは必要でないものがほとんどのはずです。ですがそういったことをあまり考えもせず、ほしいと思ったら、何でもすぐに買ってしまう人は目先の欲望を満たすことしか頭にない人です。

こういった人というのはビジネスチャンスにおいても大事な時に必要なお金がなかったりしてしまうことがあります。計画性がないというのは非常に問題です。

 

9. いつも財布の中を気にする

これは先ほどとは逆でいわゆる”ケチ”な人です。

お金を使うタイミングがわかっていないのです。お金持ちはよく”ケチ”と言われていますが、それは無駄なことにお金を使わないということであって、ここぞという時にはしっかりとお金を出すのです。

「何に使うか」よりも「財布にいくらあるか」ということばかり気にする人は稼げない男の可能性が高いです。

確かに貯金という視点で考えれば間違ってはいないのですが、傾向としては予算管理ばかりしてしまいがちです。ビジネスで稼げる人はお金を「何に使うか」を重視した視点、つまり投資する思考を持っています。だから、チャンスを逃すこともありません。

 

まとめ

いかがでしたか?稼ぐ男と稼げない男の違いはお分かりになったでしょうか?

こういった癖というのは外から見ていてはわからないものですが、少し付き合ってみれば見えてくることも多いはず。もちろん稼げないから分かれるというのを勧めるつもりはありませんが、もしあまりにひどいようであれば指摘してあげればいいかもしれませんね。

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る