お試し期間!?同棲をすることの一般的なメリット・デメリット!

カップル ベッド2

よく言われていたのは同棲するんだったら結婚したら?ということをとく言われていたと思いますが、現在では、結婚前に同棲をするカップルが約6割いるそうです。けれど、結婚前の同棲ってどうなんだろう?と悩んでいませんか?そこで今回はメリットとデメリットをご紹介しますので、あなたにとってどっちがベストか見極める判断材料にしてみてくださいね!

 

メリット1:生活設計が立てやすい

彼もあなたも一人暮らしであれば、結婚前の同棲で生活費などの二重出費を抑えるメリットがありますし、金銭感覚が理解できます。

結婚前は2人とも自由にお金を使えたでしょうが、結婚後は生活費を彼のみが負担するのか、それとも折半にするのかなど話し合う必要があります。ですのでそういった問題を同棲中に解消しておくことで、結婚後の金銭管理で揉めることが少なくなるというメリットはあります。

お金の話はなかなかしにくい問題ではありますが、結婚後に話し合うよりも彼の手取りや自分の手取りを話し合っておくのも大事なことです。2人の手取りを合わせると毎月いくら入ってきて、どの程度貯蓄できるかなどの生活設計を立てやすいこともあり、住宅や車などの購入検討も立てやすくなります。

そして実際に2人で現実を知ることができます。まず机上の上での計画と変わってくることもあるのでそういったイレギュラー的な部分に対するやりくりを事前に確認できるというのは大きなメリットと言えるかもしれません。

 

メリット2:式準備・引っ越しが重ならない

結婚前に同棲をするということで、結婚式準備と新居への引っ越しなどが重ならないため、バタバタすることが少ないというメリットがあります。

結婚をするときは、様々な準備をする必要がありますし、それを一度にこなそうとするとマリッジブルーの原因になってしまったり、余裕がなくなり彼と喧嘩をしてしまう危険性もあります。その点では、先に新居を決めて同棲を開始することで、式の準備なども進めやすくなります。

もちろん同棲を始める前にもお互い色々と思う事は発生するかもしれませんが、式本番に向けてについて言えばそういった精神的不安定な要素も改善できるのではないでしょうか?結婚式のアイテム作りやリストなども、同棲中であれば寝る前に話し合うことも出来るので、彼が式準備に協力的になってくれるという話もあります。

 

メリット3:2人の生活リズムや約束が作れる

結婚前の同棲で、「暮らしてみないと分からない相手の姿」を見ることが出来ます。

同棲前は、一日ごろごろしてジャンクフードでゲーム三昧!ということを出来ても、相手の目があるとなかなか好き勝手には生活できないものです。また、友達と遊びに行くということも、出掛けにくいと感じてしまう恐れもあります。

しかし、結婚後にいきなり生活リズムを変えるのは難しいことでもあります。

お互いに「遊びに行っても〇時までには帰る」というような、2人の生活リズムを作っておくことで結婚後に急激な生活の変化で疲れてしまうという事態を防ぐことが出来ます。家事の分担なども話し合っておけば、仕事と家事で四苦八苦しなくて済む可能性もありますよ!

また1人の時間を互いに尊重し合うようにすると、結婚後も円満に過ごせるコツにも繋がります。

 

デメリット1:新鮮さを感じなくなる

お互いに帰る場所が一緒であれば、必然的に休日に2人でデートをするということが減ってしまうことがあります。

まだ結婚前なのに、生活臭が漂う夫婦のようになってしまい、互いに新鮮さを感じないまま結婚をするというデメリットが生じてしまう先輩カップルも多くいるのも事実です。

時には、2人で仕事後に外で待ち合わせをして食事をしてみる、デートスポットに出掛けてみるというような「結婚前に新鮮さを失わない努力」を2人でしてみましょう!これは倦怠期中のカップルが取り組むようなことではありますが、やっぱり2人にとって外的な要因で構わないので新しいことを取り組むというのは大切なことではないでしょうか?

日帰り旅行などで新鮮さを忘れないようにすると、結婚後も新鮮な気持ちで毎日を過ごせますし、時には互いに実家へ帰省して、家族と過ごす時間を設けてみるというのも「これから結婚するんだ」という再認識できる良いきっかけになりますよ!

 

デメリット2:ずるずるとした関係になる

同棲を決めるに当たっての一番の注意が必要なのが、お互いの意識の差です。というのも、2人の間でなんとなく「結婚しようね」という話が出ているだけでの段階で同棲するのは、とても危険!?なんです。こういう場合での同棲が始まるケースでは男性は「結婚相手にふさわしい相手かどうか」を見極めることを目的とし、女性は「疑似体験」として同棲を考えることが多いものです。

同棲を始めるのであれば、きちんと婚約の話が出ており、両家からも祝福されて、式の日取りも決まっているという状態であれば、結婚前に一緒に暮らすのも「期間が決められている」のでお勧めです。

しかし、そういった期限が定まっていないと、「結婚はまだいいかな」とずるずるした関係になってしまい、別れてしまうカップルも多いものです。

ただこれに関しては賛否両論あるかと思います。もし同棲を始めた相手がとんでもない人間だった場合、見極め期間として同棲するのであればそれはそれでありなのかな?と思う部分もありますし、結婚を決めたあとに「やっぱり無理…」なんていうのもかなりしんどい思いをしてしまいますよね。

お互いの同棲目的が合致しているのであればそれはそれでメリットのにもなり得るということではないでしょうか?

 

デメリット3:親孝行をする時間が減る

これはあなた自身の意識の問題とも思えますが、結婚前に彼と暮らし始めることで、嫁ぐ前の娘として親孝行をする時間が減ってしまうことが考えられます。結婚しても娘なのには変わりはありませんが、新しい家庭を彼と築いていけば、あまり実家に頻繁に通うことが出来なくなるのも事実です。

ですが、同棲を始めても実家に帰る頻度を増やしたり、家族旅行を計画したりと親と過ごす時間を設けることをすることで、この問題は解消されます!何も言わなくても嫁ぐ娘のことを思い、寂しく感じている親のためにも、親孝行の時間を持てるようにしましょう!結婚は2人だけの問題ではないので、お互いの家族を大事に出来ることが大切ですよ。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

大好きな人と同じ屋根の下で寝起きを共にするということは幸せなことですが、それぞれの生活環境がさらけ出されるものでもあります。お互いを尊重しつつ、妥協点をうまくつかめれば、とても楽しいものになります。

けれどお互いが納得できなかったり相手のことを理解できなければそれはそれで大変なものになります。あなたならどう考えるでしょうか?

関連記事

ピックアップ記事

女性 仮面

2015.6.25

大好きな相手に”本当の自分を知ってもらいたい”と悩んでしまっているあなたへの処方箋

コンプレックスというのは誰でも持っていますが、そういった自分が気になっているところ、つまり悪いところを隠して恋愛を続けていっても、うまくいか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る