結婚したら男は変わる!?そんな見込みの低いものにかけないで違う人見つけましょ!絶対に離婚することになる男の特徴

rikonn

恋人同士という恋愛関係の場合、多少のことは気にしないものです。相手の多少の欠点はスルーしてしまいがちな恋人という関係ですが、結婚後にその多少の欠点が原因で大きなトラブルになる可能性もあるのです。

というのも結婚前に彼に対して感じていた小さな違和感が、結婚後の大きな苛立ちのモトに変わったという声は実はかなり多く、離婚原因にもなりかねないような大事な部分だったんです。

そこで今回は結婚前には必ず確認しておきたい「残念な夫の兆候」をご紹介させていただきたいと思います。

 

郵便物を放置する

結婚前に彼の部屋に遊びにいくことがあれば、ぜひチェックしてほしいのが郵便物関係です。彼は、郵便物をポストにためっぱなしにしていたり、部屋に持ってきても開封もしないで放置するタイプではありませんか?

現実から目をそらす頼りない男のルーズさが最初に現れるのは郵便物の処理です。「一通り目を通し、必要なものは処理、不要なものは捨てる」だけのことができない人は、結婚してからもやるべき事を放置したり、面倒な事からひたすら逃げる傾向があります。

郵便物だけでは一概には言えませんがそれでも、いろんなものごとに対して「俺に聞かれてもわかんないよ」とはぐらかされたり「フリーランスだけど『面倒だから』と確定申告をしていなかった」などの場合、かなりのダメ物件の可能性があります。

 

お金の管理ができない

お金の管理は重要です。独身男性の場合、金銭感覚がルーズな人が多いのは事実です。

けれどあなたはこう思っているかもしれませんね。金銭感覚にルーズな彼でも、結婚すれば家計を握るのは私だし、何とかなるでしょ…と、いかがですか?たしかに金銭感覚などは修正できることもありますが、問題はそこではないのです。いくら会社では予算管理など出来ていたとしても、お金の管理が苦手な彼の本当の問題は「想像力がないこと」なんです。

「想像力がないこと」の何が問題になるのかというと、先の生活や人生をリアルに考えられない場合、苦労するのはあなたです。家計の内訳を何度話しても理解できず『子どもに金がかかるのはわかったけど、今生まれてないんだからいいだろ』などと無茶苦茶なことを要求してくる場合もあります。

また子供ができれば間違いなく育児に追われることになります。そんな中、想像力のない彼の場合、いくら訴えても理解してもらえないことになりえます。例えば「私は育児でぼろぼろなのに、夫は趣味に時間とお金をかけまくり。文句を言ったら『自分も好きなもの買えばいいじゃないか』とお金を渡して解決するような心無い答えなどされる恐れもあります。その想像力のなさから生まれる思いやりのなさに泣かされた離婚経験者は多数いるはずです。

 

謝ることができない

男性はなかなか謝ることができません。

ケンカのたびに「わざとじゃなかった」「言わなくってもわかるだろ」など、理由を付けて謝らない男性は、即座に旦那候補から外したいものです。基本的に恋愛に関する情報でも男性はプライドが高いし、折れてあげることも必要という考えが蔓延していますが、ケースバイケースです。結婚後にそういったダメ男に泣かされるケースは多数おられます。

人に頭を下げるのが苦手な男性は多いのですが、冷静に考えてみましょう。

”プライドが邪魔して謝れない=他人の気持ちより自分の気持ち優先”ということです。

きっとこういう男性は結婚したら、身内である妻にはより傍若無人な振る舞いをするでしょう。あなた自身も気持ちを踏みにじられるように感じることも多く、精神的なダメージはかなり大きいことは間違いありません!

彼が他人にも同じように接しているなら、年齢を重ねるごとにどんどん人望がなくなり、人間関係も狭まっていくはずです。一緒にいると、寂しい晩年が待っているかも知れませんし、そういった旦那がうっとしくて仕方なくなる可能性もありますよ。

 

何かと親に頼る

実家が裕福で、親に愛されて育ってきた彼でも、何でも親に頼る場合は要注意です。

一人暮らしなのに彼ママがしょっちゅう料理を作りにきたり、部屋を掃除したりしていませんか?こんな場合は結婚しても彼は「自分の家庭を持った」という実感が持てず、彼の実家色に染まることを求められたり、妻一人がアウェイ感を感じるケースもあります。

また、お金の面でも頼りすぎはキケンです。結婚にあたって、親がお金を出してくれることは嬉しい面もありますが、その度が過ぎていたり、婚約指輪などの「できれば彼自身のお金で買ってほしいもの」まで、彼の親の財布から出ている場合は要注意です。「金を出すなら口も出す」親が、新婚生活に干渉しまくる可能性も。

 

まとめ

いかがでしたか?

「結婚したら変わるかも?」と期待してしまいがちですが、「結婚前にできない事は結婚してもできない」と考えておくほうがいいです。彼に対して「おかしいな?」と違和感を覚える事があったら、その理由はなんなのか早めに深掘りしてみるのもいいかも知れません。

ただそれでも、そんな欠点を持った男性と結婚するという意思があるのであれば今後そのことにあなたが口にして意見を言うべきことではありません。それぐらいの覚悟がなければ結婚したとしても不幸な結果に終わってしまうことが可能性として大きいからです。結婚は恋人関係と違って気軽にしゅうせいできるものでもありませんので注意しましょう!

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る