あなたは結婚式は挙げたい?それとも違うところにお金をかける?

結婚 ドレス

最近は結婚に対して消極的な方も少なくありませんが、多くの女性が子供のころに管エアたことがあるのではないかと思うのが”お嫁さんになる!”といったことではないでしょうか?

そしてイメージはやっぱりウエディングドレスを着て…というイメージだと思うのですがいかがでしょう?
もちろん結婚式の華やかなイメージであったり、大好きで、とても大切な友人たちに祝福されて…幸せ一杯の気持ちを感じることをきっとイメージしてたと思うのです。

きっとドラマであったり、映画であったりそういった結婚式のシチュエーションを目にすればきっと結婚式への憧れだったりというのが心に響くかと思うのですがいかがでしょうか?女性にとっては憧れの舞台である結婚式のはずなんですが、最近は入籍しても結婚式を挙げないパターンというのも決してめずらしくないのです。

そう、いわゆる”ナシ婚”というやつなのですが、最近は結婚式を挙げないことが流行りつつ?あるようです。もちろん最近は低価格で結婚式を挙げれるプランであったり、サービスであったりというのもあるのですが、そもそも結婚式を挙げないという事が少なくないようです。

そこで今回は、”ナシ婚”を選択する理由であったり、結婚式の現状についてお伝えしたいと思います。

 

1. “ナシ婚”を選択する理由

少し前は格安プランの結婚式なんかが提案されるようなサービスがでてきたばかりなのに、最近はそもそも結婚式を挙げるという選択肢以外に結婚式自体を執り行わないということが少なくないようです。

一般的な結婚式の多くはチャペルで愛を誓った後、ホテルであったりその会場のの大きな宴会場などを貸し切って、盛大に行われることが多かったのですが、最近は経済的な理由などから結婚式自体を執り行わないことが主流になりつつあるようです。

ホテルで結婚式、そして披露宴をあげようものなら、やはり結構なお金がかかることは間違いありません。こういったことから、結婚式、披露宴を執り行わないという選択に至るようんです。

また経済的な理由以外であれば、これも最近はめずらしいことではないのですが、”おめでた婚”で結婚したということも理由としてあげられるようです。お腹が大きくなる前などであれば式をしようと考えるパターンもあるのですが、お腹が大きくなるとどうしても、ウエディングドレスを着ることが難しくなってしまいますし、これから生まれてくる子供の為にお金を置いておきたいと考える場合もあるようです。

 

2. 結婚式に価値を見出せないでの”ナシ婚”

経済的な理由から“ナシ婚”を選ぶ人が多い近年ですが、そもそも結婚式や披露宴をするということに価値を見出せないでいる場合も少なくありません。

というのも、たった1日で百万単位のお金がなくなってしまうことに抵抗を感じるようです。結婚式にお金をかけるのであれば、新婚旅行であったり、これから始まる新生活の準備などにお金をかけたいと考える方が結構多いようです。

最近はまた親戚づきあいなんかも薄くなりつつある現代ですから、身内だけの食事会の開催や、友人だけでの2次会的な集まりで十分と考える方も少なくないのです。

親からすればなんとなく切ないイメージでもあるのですが、そういう結婚を迎える年頃の子供を持つ親としても、幾度とくる不景気的な話を無視するわけにもいきませんし、本来であれば豪華志向の強かった結婚式も大分、見方が変わってきて現実的で効率を求められるようなものに変わってきたのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?
キーワードとなりつつある“ナシ婚”ですが、結婚式を挙げないにしても、人生の一大イベントとしてのポジションおは変わりません。ただ、盛大に行われるのが当たり前であった結婚式も、近年の懐事情や価値観の変化により、その費用を抑える傾向が強くなってきたようです。

もちろん景気などもありますし流行り、廃りがありますから“結婚式を挙げる・挙げない”についても今後さらに自由な風潮が定着していくかもしれませんね。

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る