彼と結婚して大丈夫?結婚して幸せになれる男性の特徴とは?

ウエディング

みなさんは恋愛と結婚って別物とかんがえていらっしゃるのでしょうか?
若いころであればあまりそういったことも考えなかったりするものでう、好きな人と大恋愛の末、やがては結婚するというようなことを漠然と考えていらっしゃるのではないかと思いますが、社会にでて荒波にもまれると好きだけれど結婚しても大丈夫なのか?と言うようなことを考えたりしてしまいがちになってしまいます。

というのも、”好き”という感情だけでは、やっぱり生活していく上で不安をかんじてしまったりしてしまうものです。もちろん社会にでてからも恋愛の延長が結婚と考える方も少なくはないのですが、人それぞれに考え方が違いますし、結婚に対するイメージであったり、価値観というのもやっぱりそれぞれです。

ただよくあるのは、恋愛も、社会経験もそれぞれに経験を積めば積むほど、何かが見えてくる反面、迷路に迷い込んだようにわからなくなってしまうことも少なくありません。そんな迷路に迷い込んでしまうと、何をどうすればよいのか、何が正しいのかというのがさっぱりわからなくなることがあります。
そんな時にふと思うのは、”幸せって何?”というようなことを自問してしまったり、してしまうのではないでしょうか?

もちろん結婚する相手のことを”好き!”と言えることは大事なのですが、やっぱり悩んでしまうこともあるわけで、そんな風に悩んでしまっている女子のみなさんに、“結婚すれば幸せになれる”男性のタイプについて、ご紹介したいと思います。

1. もてる男よりもお人よしなオタクタイプ

やっぱり不安であったりというのは幸せな結婚生活を送る上ではないほうがいいものです。信頼できる人と一緒になれるほうがそういった心の負担はなくなりますので、幸せになりやすいと言えるでしょう。

というのも、結婚生活というのはパートナーと一緒に人生を過ごすことですので、特別なこともたまにはあるかもしれませんが、多くは日常の繰り返しでしかありません。
そんな日常に不安を抱えるような相手との結婚というのはどちらかというとストレスがたまることばかりです。

夫婦がともに前に進んでいくためには、自分自身の弱い部分もダメな部分もさらけ出せる相手でなくては、務まりません。

ここで単純に考えると一般的に”モテる男”というのは、妻からすればやっぱり余計な心配事が耐えないのではないでしょうか?そういう風に考えると”モテる”ことはないにしても、精神的な負担を考えるのであれば、お人好しなオタクタイプをは夫にするほうが安心するのです。

2. 明るいほうが良いけれどお笑い系でないほうがいい

きっと女性の多くは一緒にいて楽しい人がいいと考えるかと思うのですが、ただ女性を喜ばすことに長けているような男性というのはやっぱり注意したほうが良いでしょう。

もちろん一緒にいて楽しいというのはとっても重要なことに思いますが、その楽しさの内容が単に”話がおもしろい”とかというのはあまり結婚相手として避けたほうがいいかもしれません。

ただ、ちょっと不器用であって、周りを盛り上げるようと必死になるようなタイプであれば見極めてみてもいいかもしれません。というのもそういったサービス精神というのは毛婚生活においては少し重要だからです。
3. 真面目で堅実なつまらない非モテタイプ

少し年齢を重ねれば、一般的に女性がパートナーに求めることの中には、間違いなく経済力や出世などの安定感を求めるのではないでしょうか?

しかし若い頃というのは、どちらかと言えば自分を振り回すようような相手に惹かれてしまったりしてしまうものでしょう。そして、ただ真面目が取り柄のような男性には見向きもしなかったこともあるのではないでしょうか?

ですが、恋愛と違って結婚というのは日常の生活というものにお互いが責任を持たなければいけません。そう考えると何と言っても安定感こそが決め手であり、ふりまわされるような結婚生活というのは注意したほうがいいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

もちろん恋愛の末に結婚するというのも素敵ですが、結婚するのであればどうせであれば、し幸せになりたいですよね?

今までは、外見でさけてしまったり、見向きもしなかった男性に対しても、少しは目を向けてみることで、少し結婚への見方を変える良いきっかけになるのではないでしょうか。

それではいい結婚相手が見つかりますように。

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る