【必見!】カップルでの旅行がカップルの卒業旅行にならないように気をつけること。

カップル 旅行

大好きな彼や彼女との旅行…楽しみですよね。

この幸せであるはずの旅行が一歩間違うと卒業旅行に変わってしまうこともあるのです。みなさんは”成田離婚”とか聞いたことありますか?バブル期にはやった言葉ですが、今でもしっかりと受け継がれているようで関西地区では”関空離婚”という言葉もあるそう。

というのも1日中行動を共にする旅行、うっかりやってしまった…普段出ない悪い一面が出てしまった…など、失敗談も多いようです。せっかくの彼との旅行、彼からの卒業、破局旅行ではなく、もう一歩2人が絆を深めれるような旅行に失態ですよね?

そこで今回はカップル旅行を良い思い出にするために気をつけたいことをまとめてみました。

 

荷物の準備は、大丈夫?

特に女性に多いのが、旅行に行くとなるとあれこれ考えてこれも必要かも?あれも必要かも?となってしまいがちです。そうでなくても女の子は嫌でも荷物が増えがちです。ですので彼より荷物が多くなるのは仕方がないことでが、彼が荷物重そうだからとあなたの荷物を持ってあげたのに、ホテルで中を見たら不要な物ばっかり…となってしまっては彼もげんなりしてしまいます。

本当に必要なものかどうか?しっかり考えて荷物をまとめましょう。そしてもしかしたら必要かも?と思うような荷物は彼と相談して決めてみてはいかがでしょうか?準備もせっかくですから楽しいものにしたいですよね?

特に女性の場合、彼がげんなりしてしまわないように気をつけましょう。

 

旅行に行く前に疲れないように!

先ほど準備で”彼と楽しく”とお話しましたが、お互いに言えることですが、必要以上に一方に頼りすぎるのもいけません。

きっと旅行に行くとなると、どこを見ようか、何を食べようかと、仲良く相談するのも楽しさのひとつですよね?けれどよくあるのが、「どこ行きたい?」と聞いても「任せるよ」、「好きな所でいいよ」とか「ここどうかな?」と見せても「いいんじゃない」というような気のない返事…これはいけませんよね?

貴方が逆の立場であればきっとこう思うはずです。「本当に旅行行く気あるの!?」と…

今までみなさんはそういったことでトラブルになったこととかありませんか?

わいわいあれこれしっかりと計画を決めるのが楽しいという人も居れば、行った先の雰囲気で旅行を楽しみたいという人も居ます。
ですのであなたの意見ばかり押し付けられても、相手はげんなりするだけで旅行自体も楽しみでなくなってきてしまいます。
もしも相手が、あまり話に乗ってこないようなら、一から一緒に決めるのではなく要点ごとに意見をもらうなど話に参加してもらう工夫が必要ではないでしょうか。

 

旅行は非日常!普段以上に体調管理に気を使おう

旅行は楽しい反面、馴れない土地では体調も崩しがちです…。特に怪我をしないように…など自分自身でコントロールできる部分では気をつけることができるものの思わぬトラブルが発生することがあるのも事実です。

例えば、履き慣れない靴を履いてしまって靴ずれしてしまうということはよくありますよね?ですので怪我はもちろんのこと、非日常の体験をしに行くのですから、身なりなどは日常使い慣れているようなもので身を包んだほうが良いかもしれませんね?

また、最低限の薬や、絆創膏はバッグに入れておいて損はありませんので余計なものを持つくらいであれば優先して準備するようにしておきましょう。いざと言う時にサッと出せれば印象も良くなりますよね?

 

整理整頓!特に水回りの清潔さを保つべし!

お互いの生活スタイルをあまり把握できていないカップルなどが一番気にしやすい点ですよね?そして特に気をつけなければいけないのは女性の方かもしれません。彼に幻滅されやすいポイントといえば、洗面台やバスグッズの使い方です。

細かいことを言うようですが、あなたは良くても相手が嫌がるというのは結構多いものです。

ですので使ったらちゃんと片付けるというよな整理整頓はしっかりと意識しておきましょう。特に水回りは結構気にしてみてしまう人が多いものです。旅行であればキッチンなどはないでしょうが、洗面台まわりやトイレなどを清潔に保ち、荷物や服の整理整頓をしましょう。

あまり気にしない人はホント気にしないですが、気にする人は結構気にするものです。特に日数の長い旅行となるとつい油断してしまいがちですが、ずっと相手に見られている事を忘れないようにしましょう。24時間、二人で行動を共にする旅行です。お互い気持ちよく過ごせるようにしたいですよね?

 

え…移動ばかりじゃない!? 無謀な予定組んでないか確認してみて!

「ここも、あそこも行きたい♡」という気持ちもわからなくはないですが、その計画本当に大丈夫ですか?

移動時間や混雑状況に配慮した計画を立てなければいけません。特に長い移動時間や、過密スケジュールは険悪ムードの原因になってしまいます。また移動で車を使う場合、途中の渋滞などもある程度考慮しなければ大変なことになるかもしれません!
スケジュールを事前にしっかりと決めるにしても、ゆったりとした突然のトラブルにも柔軟に対応できる計画を心がけましょう。

特にありがちなのが北海道の大きさを理解していない人がいるので北海道を予定している人は要注意ですよ!

今回の旅行では行けなかっても次があるでしょう?次の楽しみのために取っておいてはどうでしょうか?現地であそこにも行きたかったけれどまた今度一緒に行こうね!って約束しておけばいいのです。それだけでも倦怠期防止に大いに役立ちますよ!

 

お互いに無理の無いお金の使い方を

ホテルや交通機関、そしてチケット代やショッピングに食事など…旅先ではとにかくお金を使います。

私の経験上、計画している費用の1.2~1.5倍は行く場所や内容にもよりますが、かかるケースが多いように思います。ですのでどこにお金をかけるか節約するかを事前に話し合っておくと良いかもしれませんね。

また2人で旅行費用えお貯金するなどがおすすめかもしれません。どちらかが多く負担するとなると多く負担する方が少し無理をしてしまいがちに思えます。ですので2人で貯金すればその貯金額内で…というふうに意識がいきますのでオススメです。

 

旅先での喧嘩は仕方の無いこと

喧嘩なんてしたくない!と思っていてもいい意味でも悪い意味でも嫌なところが目に付いたりしてしまうのがカップル旅行です。例えば、支度が遅い、だらしない、普段見れなかった一面についイラッ…としてしまうこともあるでしょう。

ですが、これはこれでいいと思うのです。お互いの新たな一面が見れた訳ですから、前向きに受け止めましょう!

大切なのは喧嘩をしてしまった後の対処です。
いつまでもくどくど文句を言い続けたり、その出来事以外の過去の話まで引っ張り出してくるのは絶対ダメです!どうしても話し合いたい事があっても、その場は丸く収めて旅行を終えてからにするのがマナーですよ!嫌なことがあっても最後まで笑顔でいることが大事です。家に帰ったら意外と悪いことしたな…なんてこともありえます。

ハプニングや喧嘩、思うように行かなくてあまり楽しめなかった…ということもあるかもしれません。だからと言って暗い顔をしていてはいけません。あなたが笑顔で居るだけでどんな嫌な思い出も、良い思い出に変わるのですから。

 

まとめ

いかがでしたか?経験のある方は経験あると思うのですがどれも大事なことばかりだと思うのです。

カップル旅行が、卒業旅行・破局旅行にならないようにお互いが2人で一緒に旅行を楽しむんだという意識を忘れないようにしましょう!

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る