「えっ…ありがとう…」密かにドン引きされてるかも?ガッカリするクリスマスプレゼント

young happy handsome man with presents

もうすぐクリスマスですね♪

彼や彼女など恋人がいる方であればそろそろ頭を悩ますのがクリスマスプレゼントではないでしょうか?恋人へのクリスマスプレゼント、あなたは何を贈ろうと考えていますか?

もちろん社会人であればそれなりに自由になるお金もあるでしょうし、学生の頃とは違った工夫をしたいとか考えるのではないでしょうか?もちろん全ての人が贈り物を考えるのが好きということはないかと思いますが、探し出してみればいろいろと相手のことを考えて、何を贈ろうかと考えれば選んでいる時間が意外にも楽しく感じてしまうこともあるものです。

ですがそんな風に一生懸命、選んだプレゼントだったのに、密かにがっかりされてしまうことも絶対に”ない”なんてことはありませんよね?そこで今回は、せっかくプレゼントするんだったら喜んでもらいたいと考えるのではないかと思うのですが、ガッカリされないために考慮しておきたいことをご紹介したいと思います。

 

1. 趣味じゃない

相手の好みなどがよくわかっているのであれば問題はないように思ってしまいがちですが、実は意外と難しいのが洋服です。

というのも男性であれば、服が好きな人というのは妙なこだわりがあったりする方も多く、好みでなければもらうとこまってしまったりする場合があるのです。もちろん女性も流行などに敏感ですし、その時々に応じて思考が変わるため服などはかなりハードルが高いと言えるでしょう。もちろんリクエストなどあれば別ですが、洋服に関しては自分の判断で相手へ贈るプレゼントを考えるのは注意したほうがよいかもしれません。

また男性が女性に贈るプレゼントでたまに”ぬいぐるみ”なんかも考えられる方もいらっしゃるかと思いますが、興味のない人にとっては、困った贈り物でしかないでしょう。

 

2. いかにも無理してる?

ちゃんと普段から計画立てていてプレゼント用に資金管理できているのであれば別ですが、ここで注意したいのはギャンブルなどで一儲けしたお金でプレゼントを贈ることは絶対にしないようにしましょう。

特に男性なんかに多いのではないかと思いますが、やっぱりギャンブルなんかで勝った”泡銭”でのプレゼントというのは素直に喜べないことが多いものです。もちろんお金の出処という部分もあるんですが、気になるのはギャンブルに依存してしまっている場合などです。

ちょくちょくギャンブルなんかに出かけている事が知られていて普段は対してお金を使わないのに、今回だけ高額なものをもらってしまうとギャンブルのことが気になってしまって、素直に喜べなくなてしまうのです。

またそれだけでなく、見栄を張って頑張るのもいいのですが、お互いの事をよく知っているのであれば無理しているとかというのもなんとなく感じてしまうものです。その無理しているレベルがちょっと頑張っている程度であれば嬉しく感じるものですが、あまりにも違和感があるレベルであればやっぱり心配してしまうのです。

実際に借金したりとかというパターンであれば相手からすればそっちのほうが気になって仕方ないものです。

 

 

3. ケチってるのがバレバレ

前項とは逆のパターンではあるのですが、あまりに高価なものも気後れしちゃうけれど、あまりにケチっているのがバレても気まずくなってしまいますよね?

もちろん金額ではないのですが、せめて大事な人に対してのプレゼントですからある程度のことは考慮しておくほうが良いでしょう。また学生ではなく、大人なわけですからあまりに節約しすぎるのはやめておいたほうが良いでしょう。

もちろん日頃から節約志向の人は特に意識出来てなくて日頃の感覚で選んでしまう場合などもあるかもしれませんが、”これでいいだろう”というような気持ちというのは、贈り物自体に現れてしまうものです。

 

まとめ

いかがでしたか?

プレゼントなどの贈り物を考える場合、大切なのは相手に喜んでもらいたいという気持ちです。”金額でない”というのはそういった部分ですが、”がっかり”される典型的なパターンとしては、やはり自分都合というものが見えてしまうからなんです。

それが選んだり、考えたりする時間かもしれませんし、ケチってしまった場合の金額なのかはわかりません。

ですがプレゼントを渡す時なんかはお互いの大切な時間を共有しているわけですから、幸せを感じたいですよね?ですので上記の事を踏まえて、しっかり相手を想ってプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る