仕事ぶりからわかる離婚にいたる可能性の高い共働き世帯の特徴!

指輪

最近は晩婚化が進んでいると言われていますが、要因として考えられるのは女性の社会進出だと思うのですがいかがでしょうか?もちろん早く結婚して子供を持ちたいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、最近女性と話ししていてよく聞くのは仕事が楽しいとか、恋愛している時間があまり取れないであったり様々です。

恋愛自体にはあまり後ろ向きな意見は私の周りでは聞けないのですが、それでも恋愛に対して興味ないという女性は少なくありません。

また一昔前では男性が外で働き女性が家庭のことをするというのが一般的な概念でしたが、今は男性も女性もそこまで所得の差がなくなってきたということは言うまでもありません。あなたの職場にも結婚してからも働き続ける女性がいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん働き続ける理由は様々だと思います。生きがいであったり、働かないと生活ができないなどそれこそ個人の考え方や価値観など様々ですので何が正しいとかなんていうのは言えないでしょう。

最近は”イクメン”なんて言葉も出てくるぐらい男性側の積極的な子育ての参加であったりということが注目されてはいますが、それでも女性が負担している部分のほうが多いというのも事実でしょう。そんな風にお互いが協力できているように見えても日々お互いが忙しく過ごしていたりすると夫婦の間に亀裂が入ってしまったりしてしまうものです。そして亀裂が入って修復できずに離婚してしまう家庭がいるのも事実です。

もちろんそれぞれ事情はありますが、やっぱり離婚する可能性が高いのは共働きの家庭ではないでしょうか?そこで今回はお互いが忙しく働いている家庭にスポットを当てて“離婚に至りがちな人達の特徴”について、ご紹介したいと思います。

 

1. 家庭の事情を話したがる

家庭が円満そうな世帯ほど怪しい場合もあるものです。

一般的な感覚からすれば意外かもしれませんが、結婚した喜びであったり、子どもがいることなどのアピールが必要以上に多いのは何かを隠そうとしているのかも。というのもそういった幸せという気持ちを自分自身でアピールすることで理想と違う家庭であっても納得させようとしている場合があるのです。ですので常に子どもや夫の話…ばかりしている方というのは実はうまくいかずに離婚してしまうということも。

 

2. 寝ても覚めても仕事ばかり

仕事が充実して忙しいのは悪いことではないのですが、結婚して過程を持つとどうしてもバランスを取れる能力が必要になってきます。多くの家庭の場合、家庭のことについてどちらかが負担する割合が多くなってしまいます。

実際、家事など分担でという約束をしても理想通りにいかないことがほとんどです。そしてこういった忙しくしている人でも離婚しない人と離婚しやすい人の特徴というのはわかれるのです。多くの場合、男性が家庭をかえりみずに働き詰めることが多いのではないかと思うのですが、「○○さんに、奥さんいたの?」というくらい仕事ばかりしている人であったりというのは、職場のどこにでもいますよね。これは男女問わずに仕事を一番優先にしすぎている場合、すれ違いが起こり夫婦仲が冷め切ってしまうのです。

そしてとくにですが、子どもがいない夫婦のほうが離婚にいたることがあります。

もちろん生活していく上で仕事もとても大切なものですが、結婚する前にはお互いの仕事に対する考え方であったり、夫婦2人だけの時間の取り方についてコミュニケーションを十分にとっておくことが大切かもしれません。

 

3. めんどくさいのは嫌!

最近は飲み会なんかも減っていると言われている時代ですからそうおいった会社の付き合いなんかでお金を使うということも減っているかと思いますが、現実で言えば会社の付き合いが減っているだけで、個人で使うお金はそこまで変わっていません。

ですので仕事はほどほどに、その後の友達との飲み会や趣味に時間かけたりするような場合、なかなか大人になれておらず、結婚してもお金や時間の使い方で夫婦間でもめることが少なくありません。

男性であれば女性に対して消極的な人であってもキャバクラ通いは感覚的に違いますし、ギャンブルなんかも問題となりやすいのです。もちろん女性でも、仕事仲間とわいわい飲みに行ったりクラブ通いなどが好きという方は注意が必要です。そういった独身の時の楽しい感覚から抜けきれずに子どもができてから極端に時間が無くなったり、夫の協力が得られないことを理由に離婚を検討するのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

最初の項目に関わることですが、職場で夫や妻の愚痴を言う人というのは、表面的にはケンカがしょっちゅうあったとしても夫婦間がうまくいっていることが多く、愚痴は半分のろけだったりするものです。もちろんそうでない場合もありますが・・・・。

ただ離婚は家庭それぞれの事情がありますので、いい悪いはありませんが、離婚したくないなと思っている場合は、このような特徴に当てはまるかどうか振り返ってみるのもいいかもしれないですね。

関連記事

ピックアップ記事

女性 仮面

2015.6.25

大好きな相手に”本当の自分を知ってもらいたい”と悩んでしまっているあなたへの処方箋

コンプレックスというのは誰でも持っていますが、そういった自分が気になっているところ、つまり悪いところを隠して恋愛を続けていっても、うまくいか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る