大人の偏食は不評!?本気で偏食を治したいなら確認しておきたいこと!

好き嫌い

なんでも食べれるということは間違いなくいいことですが、普通、大人であっても食べ物の好き嫌いがあるものです。

ちょっと苦手なものがある程度であればそこまで気になりませんが、偏食な大人というのは一般的に見ても軽蔑されてしまいます。たとえ性格が良くても、食事デートなんかで偏食っぷりが見えてしまうと結構”ドン引き”してしまうことも少なくありません。

そもそも偏食という言葉自体もダイブ曖昧な使われ方がされる場合があるのでおさらいしておくと、好き嫌いというのは特定の何かがダメというぐらいに終わりますが、あまりにも食べ物の好き嫌いが極端で食べられる食品が限定されることを偏食といいます。

たとえば野菜をまったく食べないとが、逆に野菜しか食べないとかパンしか食べられないとか、極端な場合をいいます。

なぜ偏食にになってしまうのかは理由は様々ですが、多くは乳幼児期に経験する食べ物の種類が少なすぎたり、いろいろな食べ物を経験する機会が少なく、食べ物にうまく適応できなかったことが原因と考えられています。

どのみち、なんでも食べれるように頑張る方がいいのですが、いきなりは無理です。そこで今回はそんな悩みを解決するために、偏食を改善しつつ、ある程度、誤魔化す方法をご紹介していきますね!

 

1. こだわりがある事を先に伝えておく

偏食の人を見て思われることの多くが、”性格悪そう。”です。

偏食だから正確が悪いなんてのもある意味偏見ですが、そうは言っても周りの人達は大体のものを食べているのが現状かと思います。そこで”性格が悪く見られちゃう?”偏食に悩んでいる方のごまかし方1つめはこれです。
「私、これ苦手なの、子供っぽいでしょ〜」と相手に気づかれる前に、冗談っぽく伝えることです。無言で箸を付けなかったりした場合というのは、相手からしてもいろんな事を推測してしまいます。

『ただの好き嫌い?でもそれにしては野菜全部残ってる…偏食?』というように考えられてしまいます。もちろんメインのシ料理に関してはあなた自身も食べれるものを選ぶでしょうから大丈夫だとは思いますがいかがでしょう?

ただ困るのが、あまりにも特定の部類のものを残しすぎる時、多くは野菜が多いのではないかと思いますが、ファミレスなんかは温野菜が結構出たりしますよね。

ですので野菜はいいんだけど、温野菜が苦手なのという風に言っておきましょう。

またそういったこだわりがあるっぽくあらかじめ言っておけば、相手もレストラン選びの時に聞いてくれるはずです。
伝え方も重要で、決して「食べられない」「食べない」などの言葉を使わず、あくまでも「食べれるけれど、あまり好きではなく苦手なんです」という事を強調しましょう。そうすれば性格が悪くなんて、見られません!

相手も嫌な気分にならず、苦手なものが多いんだな〜ぐらいの気持ちでいれます。

 

2. 社会の場では我慢して食べる

上記のように、少し偏食気味程度であればなんとか乗り気れることも多いものですが、あまりにも偏食の度合いが強い場合というのは乗り切ることができません。あまりにこだわりが強すぎると「何この子…、性格悪いのかな」と思われてしまうものです。

これはいくら会社で一生懸命働いてよく評価されていても、偏食がバレてしまうと一気にイメージダウンされてしまう可能性も考えられます。

そうなってくると社会の場ではある程度我慢をせざるをえないこともあります。仕事の一部だと考え、いくらこだわりがあっても、周りに合わせてその場だけでもなんでも食べてみるのも、一つの解決方法です。そうした少しずつのチャレンジが偏食を改善する方法なんです。

辛いかもしれませんが、相手に性格が悪いと見られませんし、あなたの評価を落とさずに済みますよ。

 

3. 違う食べ方で挑戦してみる

偏食の人に多くみられるのが、嫌いなものの思い込みです。

思い込みは一種の価値観と考えてもらっていいかもしれません。意外と小さいからのトラウマからなど、食べず嫌いな方も多いのではないでしょうか?大人になってから食べてみると、「あれ?こんな味だった?」と感じる事も多いものです。

もちろんそれでも苦手が克服できない場合もあります。

そんな時は、今までと違った食べ方を試してみるといいかもしれません。ある料理であればその苦手な食感であったり、匂いがきつくても、違った調理にすると、食感や匂いが全然しないというパターンもあります。

嫌いだと思っていたものを一度試して、その食べ物に対する価値観を変えてみるのがおおきく改善するきっかけになったりもします。性格を疑われないためにも、ぜひ一度トライしてみましょう!

 

4. 同じものばかり食べるのをやめる

今までは、偏食と認識している方に向けたものでしたが、今回はそんなに偏食でもないけどという人にも気にしてもらいたい事です。偏食の人に多いのが、同じ食べ物を毎日同じ時間に同じ量食べるというこだわりの強さです。

これは忙しいビジネスマンであったりした場合、いつも同じチェーン店であったり、同じお店で食事するという方も多いのではないでしょうか?もちろんいろんなメニューを頼んでいる方は問題ありませんが、安さを求めて毎日、牛丼ばかり食べているということはありませんか?

これも一種の偏食であまりにもそういった期間が長く続いてしまうとそれ以外の食事が受け付けれなくなってしまったりしてしまうのです。

一般的に偏食になってしまっている人というのは、”これでなくてはダメ!”と考えこんでしまっている事が多いのです。

ですので、少しずつでいいので一定の食べ物への執着をなくしていくようにしましょう!
少しずつ、小さなものからでいいのでメニューを変えてみると、気づけば毎日違うメニューで、違うものが食べれるようになります。

無理せず自分のペースで試してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

偏食で悩んでいるということは、改善したいと考えているはず。無理は禁物ですが、少しずついろいろな料理を試していきましょう。そうすることで気がついたときには今よりもっといろいろなものが食べれているはずです。

ただ注意して欲しいのが、誰にでも苦手なものはあるということです。もしチャレンジした中にどうしても無理というものがあっても不思議ではありません。少し気を楽にして挑戦するようにしましょう!

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る