女性が結婚を意識する時、決断する時。いちばん大切にしたいことは?

女性 考える4

結婚というと、人生において大きな決断をするときですよね。

男性にしろ女性にしろ”結婚”となると色々と考えてしまうものですが、ふと、今付き合っている彼氏や彼女と結婚したくなることってありませんか?男性側からすれば同女性にアプローチ、つまりプロポーズしようかと悩んでしまうものですよね。また女性側からしても男性とは違った視点で”結婚”ということを意識してしまいますよね。

そこで今回は女性側が結婚を意識するとき。つまり今の彼と結婚したいと考えてしまう瞬間というのをご紹介したいと思います。

もしこの記事を女性が読んでいらっしゃるのであれば、参考にしていただいて、男性が読んでいらっしゃるのであれば彼女にアプローチするタイミングというのを考えてみてもいいかもしれませんね。

それでは女性が結婚したい衝動に駆られるとき、結婚を決めるときのシチュエーションをご紹介します!

 

結婚を決意する瞬間

男性と女性が結婚したいと考えるときというのは共通することもあれば、やっぱり違うこともあるものです。ですのでまずは、女性はどのようなときに結婚を決意するのかを見ていきましょう。ただ、結婚を決意する瞬間の中には、ちょっと危険な瞬間や早とちりな瞬間が紛れ込んでいるのも事実。まずは一般的なタイミングを見ていきましょう。

 

もうこの人としかいないと感じたとき

一番シンプルな愛の表現ですが、結婚はもう、この感情に尽きます。

こういった気持ちがあれば離婚しないとは言い切れませんが、結婚してもこういった気持ちを持続しやすいのではないでしょうか?なんとなく、結婚した…という場合、やはり多くの方が後々トラブルに発展してしまうことも少なくないように思います。

まだこういった感情を経験されたことがない方、何か大きな出来事があると、「もうこの人と一緒になるしかない!」という感情が浮かび上がってきます。その感情が一過性のものでなければ、それがまさに結婚するタイミングです。

 

金銭的に余裕が出てきたとき

多くのカップルが結婚を意識していてもなかなか踏み切れないのが金銭的なもんだいであったりするのではないでしょうか?

これは男性側ももちろんのことですが、女性としても結婚したあとの人生設計であったり色々と考えていくものです。恋愛のゴールは結婚ですが、結婚は2人の人生でのスタートです。しょっぱなからつまづいてしまうことはやっぱり避けたいと考えるのが普通です。

そう考えると、現実的に考えなければいけないことが出てきます。それは金銭的な余裕です。金銭的な余裕がない時は結婚するタイミングではないと言えるでしょう。もちろんお金がなくても結婚はできます。ですが2人で何とかしていくんだ!という強い医師がはじめからないと金銭的に余裕がない状態ではトラブルになることが少なくありません。

というのも結婚にはいろいろと費用が掛かってしまいます。結婚式に新婚旅行…それだけでも大変な資金が必要となります。また、将来的に子供が欲しい、家を買いたいと考えているなら、結婚する時点からある程度の貯金が必要になってきます。

よく、貯金があまりないのに結婚してしまう夫婦がいますが、たいていの場合は苦労することがほとんどです。今の生活レベルを落とさずに結婚生活を送るためには、やはり貯金は大切なんです。

 

子供が欲しいと感じたとき

子供が欲しい、欲しくないはカップルにも個人にもよりますが、多くのカップルは自分たちの子供が欲しいと考えるのではないでしょうか?また最近は晩婚化が進んでいるとはいえ、子供を出産するということについては国も取り上げていますが、やはり初産で35歳くらいまでとも言われています。これは母体の影響m¥も考慮されているのですが、母体だけでなく子供への影響も考えられている現在の方針です。

そして兄弟などつくってあげたいと考えても実際の出産期限は38歳くらいまでと限定されています。もちろん、治療を受けながら高齢出産される方も少なくありませんがリスクが伴うのです。

そういった将来のことを考えると、やっぱり早めに結婚して未来設計図を描いた方がいいのかも…。と感じる時というのは結婚するタイミングであってもいいのではないでしょうか。

 

ちょっと待って!と言いたいタイミング

それでは、ちょっと思いとどまったほうがいいと思うような結婚を決める瞬間というのをご紹介します。焦るばかりに結婚して失敗…そんな事態は何としてでも回避しなければいけません。

 

周りがどんどん結婚していく

多くのアラサー女性が経験したことがあるのではないでしょうか?晩婚化が進んでいるとは言っても周りが結婚していく場合、なんか取り残された気分になってしまいますよね。同年代の友達が…もしくは年下の知り合いたちがどんどん結婚していくと、「自分もそろそろ」と焦ってしまいます。

もし、現状で結婚してもいいと思えるような相手がいるのであればあまり焦る必要はないのではないでしょうか?金銭的な都合や相手の都合によっては、今すぐに結婚できない場合があります。結婚は焦りすぎても良くありません。一時の感情に流されて焦って結婚するよりも、じっくりと考えて結婚したほうが確実に成功しますよ!

ウェディングドレスを早く着たい

友人の綺麗になった花嫁姿を見るとどうしても憧れてしまうものですよね。

そして女性であればウェディングドレスは、自分がキレイなうちに着たい!とそんな風に考えているはずです。ですが年々増加していく体重に焦りを感じて、結婚を急ぐことは危険です。筆者の周りでも彼に結婚を迫って結婚された方がいたのですが、結局は分かれてしまっているパターンが2件中2件ありました。つまり100%ということです。

統計を出すには数があまりにも少ないですが、それでも焦って結婚している方というのは行き着く結末でいいイメージにならないというのが本音です。

彼氏のこと好きすぎる瞬間

恋愛のはじめは嫌なことも気にしないというか見えていないことがほとんどです。

好きという感情は悪いことではないのですが、一つ質問させてください。あなたは彼のことを尊敬していますか?彼はあなたのことを尊敬していますか?夫婦になるということはお互いを尊重しなければ成り立ちません。どちらか一方だけでもダメなんです。もちろん結婚してから構築するというパターンもありますが、約30%のカップルは価値観の違いなどという理由で離婚しているのが現実です。

そして離婚していない夫婦であってもそのうちの半数以上はどちらかが不満wお抱えてしまっているという現状です。

彼氏のことが大好きな瞬間、ずっと一緒にいたいと感じてしまいますよね。でもこれは一過性の感情です。本当にその男性でいいのか、冷静なときに判断してください。

会社を辞めたいと思ったとき

人生何があるかわかりませんが、仕事をしているのが嫌になる時もあります。

筆者は年中、遊んでいたい人間ですが、女性の場合、結婚すると仕事を辞める方が多いのではないでしょうか?理由は様々だと思います。ですので務めていた会社をどうしても辞めたかったりした場合、「早く結婚したい」とばかり考えてしまうものなんです。

ですが仕事を辞めたいという理由での結婚というのは自分本位であって相手の気持ちを一切考えていないということではないでしょうか?もちろん幸せになることもあるでしょう。けれどホントの理由を知ったとき相手はどう感じるでしょうか?

正直なところ会社を辞める理由は他にも作れますよね。ですが、結婚しても会社を辞めない人も多い世の中です。結婚と仕事を天秤にかけたり結びつけたりするのは、良くないのではないでしょうか。

体調をくずしたとき

体調を崩したときや、落ち込んでいるときってどうしても心が弱くなってしまいます。そんなとき、彼がずっと一緒にいてくれたらいいのに…と考えてしまいますよね。

至って普通の感情ですが、一時的な感情である場合がほとんどです。もし冷静になってからでも彼の支えにありがたさを感じられるのであれば結婚してもいかもしれません。急いで決断するのではなく、もう一度考えることが大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

男性側からすれば同じように感じる部分もあったかと思いますが、女性特有の感情というのも見えたのではないでしょうか?またアプローチすべきタイミングというのもなんとなくわかったかと思いますが、一番大事なのはお互いが尊敬しあえる関係なのかという事。

女性側も事情は色々とありますが、一度冷静に考えて見ることをおすすめします!

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る