えっ?なんで?「他に好きな人が出来た…」に隠された女性のホンネを公開!!

女性 涙2

付き合っている彼女からの突然の告白…「ほかに好きな人ができた…」あまりにもショックでどうすればいいか困惑してしまう方も多いのではないでしょうか?実際、彼がいても、他に好きな人が出来た経験があるという女性は結構多いもの。

また別に女性だけでなく、男性においても付き合っている彼女とは別に好きになってしまうこともありますよね。「他に好きな人が出来た」は、別れの言葉として定番ですが、女性は、この言葉の裏に少し違った本心が隠されていることもあるようなのでご紹介したいと思います。

 

別れを告げる時の定番「他に好きな人が出来たから」

付き合っている彼氏がいるのに、どうしても他の人を好きになってしまった……。これは男性に限らず女性においてもよくあることではないでしょうか?好きな人と付き合っているはずなのに、あの人のことが気になる…彼はいるけど彼とは違った魅力があってドキドキする…

こういったことをきっかけに別れたことがあったり、別れを告げられたりすることなど経験のある方は多いのではないでしょうか?別れを決意したとき、よく使われるのは「ほかに好きな人ができた」というセリフ。

まぁ、どう頑張ってもそれを覆したくても覆せない場合が多いものですが、この言葉の裏に隠されたホンネがあることも多いようですのでご紹介します。

 

1. 言葉通り、本当に好きな人が出来た時。

これは何も隠された言葉がない場合ですが、本当に好きな人が出来て、今の彼と別れたい時に使います。ただ、そういった思いを持ってしまったが故にもう付き合えないことを表現しているのですが誠実な気持ちという場合、もうこれ以上どうしようもないというのが正直なところです。

ただし、いきなりこういった状況になるというのはあまりなくて、だんだんと近いはずの2人が疎遠になってしまったり、体を求めても拒否されてしまったりということがあるのではないでしょうか。

そして多くはあなたの知らないところで次の恋が進んでいるということは否めません。というのも、その気になっている人と付き合えそうになった時も。こういった言い回しで行ってくる場合もあります。

 

2. 「もう疲れた・・・。ごめんなさい」付き合うのが無理な時。

この場合もいきなりというシチュエーションは少ないと言えます。実施、付き合ってみたけれど、ちょっと色々無理かも…。という場合が考えられます。好きだったけど、付き合ううちに「何かこの人疲れる…」と感じてしまったり、この人好きかも!と思ったけれどなんかちょっと違うと感じてしまったり様々ですが、実際に付き合ってみて嫌な面が見えてしまい彼に対して冷めてしまったなどした場合にも使われます。

 

3. 好きになれると思ったけど、好きになれなかった時。

男性で実際にあるのではないかと思うのですが、男性だけでなく女性にもありえることです。付き合っていくうちに好きになれると思ったけれど…なれなかった場合でもこの言葉が使われる場合があります。

ただそういった事情を知られたくないために、別れたいからという理由で、もっともっぽい理由をつけただけというパターンもあります。このパターンは相手からの告白ではなく自分から告白して付き合いだした場合、相手は好きになれるかもと思ったけど、結局心から好きになれずに…というパターンです。

実際のところ寂しかったり、焦ったりと理由は様々ですが、女性の半数は好きでもない人と付き合ってしまうデータもあるようで、好きじゃなくても、男性から告白されて付き合う女性は約半数にものぼるようです。

理想と現実は違うとはよく言ったもので、正直今の相手が理想と近いかどうかというとそうでもないという人が多いのではないでしょうか?

 

4. 別れ話をゴタゴタにしないために言う場合も。

この言葉を言われるともうそれ以上なかなか突っ込むことが難しいですよね?誰?と聞いても知ったところで虚しくなる場合だってあるわけですし、いろんな自己防錆が自然とされていくものです。

普通に理由も聞けずに別れたいと言われてもなかなか納得できないことも多いもの。ですので自分が悪いとアピールし、別れてもらうことで別れ話が面倒くさくならないようにしている場合もあります。一番の理由は、相手に未練を残されると困るので、心変わりをアピールすることなのかも。もちろん、言われた方が、他の良い人を見つけられるようにという気遣いもあるのかもしれませんね。

 

5. 好きな人なんていないけど、相手の気持ちを確かめたい時。

2人の関係が悪くない時であってもこういうことを言われる場合があります。

理由が上記に記述している内容である場合、いきなりという展開は極まれで、なんとなく別れを感じることがあるのではないかと思いますが、この項目に関しては、本当に自分を好きか疑問に思ったり、不安になった時、相手の気持ちを確認するために言う場合も多いようです。ですのでなんの前触れもなくこういったことを言われた場合、気持ちを確かめられている場合があります。

本当に好きでいてくれているのかを確かめたいがために、他の存在をちらつかせ、やきもちなどを妬いて欲しいと思っている場合もあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

もしかしたら藁をも掴む思いでこの記事にたどり着いた方もおられるかもしれませんが、”いきなり言われた…”以外はほぼ別れ話です。あまり復縁など期待せず、相手を思うのなら、しっかり言葉を受け止めて返答するようにしてみてはいかがでしょうか?

ポジティブに考えるのであれば、はっきりと言ってもらえるだけでも次の恋にすすみやすくなりますよね。

少しはまだ、引きずってしまうかもしれませんが次の恋がうまくいくように願っています。

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る