恋愛対象として見れない、見ていなかった彼から告白された時の対処法。女性が勘違いしやすいポイント

男性 ショック3

「好きだ」という気持ちを伝えられると男性と女性の反応は違います。

男性は好きでもない女性と付き合うことができる人が多いのですが女性の場合、多くの人は「好きでもない人と付き合うなんて無理!」と思う人が多いんです。

ただ、女性は好意を寄せられるとその人のことが気になってしまったり「好きなのかも?」という一時の感情に流されやすい面もあるものです。ですので好きでもない相手から好意を伝えられた時は冷静に考えてみて下さい。最近ひと肌恋しくて誰に好意を寄せられていても流されてしまいそうだ!なんてことがないように、男性心理から上手な告白の断り方を覚えておいて損はないのではないでしょうか?

今回は傷つけないような告白の断り方をご紹介します。

 

傷つけない告白の断り方とは

一番してはいけない断り方は相手のプライドを傷つけるような断り方です。

これは相手のことを思う事はもちろんのこと、プライドを傷つけてしまった女性は”最低な女”という印象を持たれてしまいがちです。

ですので男性のプライドを傷つけないような断り方を考えておく必要があります。

好きでもない相手から突然告白をされた時にいかにも拒絶したり、「実は好きじゃない人けど付き合った」なんてことにならないことがベストです。相手の気持ちを無下にするような断り方をしないこと、男性が納得するような”いいわけ”を考えておくことが大切です。

 

友達だと思っていた男性から告白をされた場合

告白をされたけど今の関係を壊したくないから、傷つけない断り方をしたい!という方は、その気持ちを素直に相手に伝えることが無難かもしれません。ただフラれた彼が傷つく?というか悩んでしまうことは否めません。そしてあなたの思いと裏腹に今までの関係が継続されないことがほとんどだと思えます。

ただし、絶対に「今までの関係でいたかったのに」と相手を責めてはダメです。あなたのことを好きになることに明確な理由なんてないからです。友達であったとしても彼なりに悩んだ末の結果なんです。それを否定や非難するようなことは絶対にやめましょう。ただあなたが望むのであれば、「告白をされたけど今の関係のままで、これからもいたい」という想いとして伝えましょう。

ただその先は彼が決めることであなたにはなんの権限もありませんし、逆に告白をされた相手なんかとこの先友達でいられる自信がないというような方も多いかもしれませんね。ですので”友達以上に考えることができない”で十分なのかもしれません。

 

他に好きな人がいるのに告白をされた場合

一般的に女性がよく勘違いするのは男性へのフォローです。彼の今後をフォローするような一言を入れて断るとより彼も立ち直りやすくなると考えていませんか?これは大きな間違いなんです。逆にそのフォローが彼を悩ませてしまうことになります。

ほんとに彼のことを思うのであれば、”ずっと前から別に好きな人がいる”で十分です。

間違っても”あなたのことは嫌いじゃない”なんてことは言わないようにしてください。そんなフォローをされる方が余計に惨めさを感じてしまいます。きっぱりと”あなたとは付き合えない”と伝えましょう。

 

自分を卑下するような断り方は彼からしても迷惑

「私じゃあなたに釣り合わない」「自信がない」なんて自分を卑下するような断り方をしてしまうと、男性も「それでも君が好きだ!」「ありのままの君が良い」と食い下がるにも食い下がれません。

一世一代の告白をしてくれた相手に、そんな卑怯な言い訳はかわいそうだと思いませんか?彼が原因ではなく自分に自信がないからだなんて、彼も諦めきれないような言い訳をすると、彼にとても失礼です。

あくまでも自分の価値を下げるいいわけではなく、タイミングや気持ちなどの自分側の問題であるということを言い訳にしてください。

 

あなたが恋愛モードのスイッチが入っていない場合

よくあることで一番、難しい問題かもしれませんね。

確かに悪い気はしないけれど恋愛する気になれないという経験のある方も結構おられるのではないかと思いますが、それなりの理由がある場合も多いものです。仕事に集中したいなどいい例ですが、理由がわかっているのであればその理由をお伝えすればいいかと思います。ですが全く付き合う気がないのならスパッと!と断るべきです!

  • あなたとお付き合いする気はありません。ごめんなさい

  • 彼氏を作る気はありません。気持ちはうれしいよ。ありがとう

すごく潔い断り方ですが、一番良いのはこんな風に断ることなんです。

全く付き合う気がないのであれば、相手の気持ちや言い訳をぐるぐる考えず、「ごめんなさい」と一言言ってあげてください。気持ちを伝えた時一番辛いのは返事を貰うまでの待つ時間なんですよ。あなたが付き合う気がないのであれば、そんな辛い時間を与えたくありませんよね?

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は男性から女性への告白にフォーカスしていますが、告白というのは片思いから、恋愛成就か失恋のどちらかへと転んでしまうリスクを背負った行為です。そんなリスクを背負ってまで気持ちを伝えてくれるのですから、どんな断り方をしても断った時点で相手に「傷」を与えているんです。

あれこれ考えずに自分の素直な気持ちと相手を敬う気持ち、この2つを言葉に乗せて相手に伝えるようにしましょう。

決して思わせぶりな態度だけは取らないことをオススメします。

関連記事

ピックアップ記事

バーベキュー

2015.4.21

【女性編】バーベキュー合コンするなら押さえておきたい好感度アップさせるコツ!

これから本格的にアウトドアを楽しめるシーズンに入っていきますね! アウトドアで合コンといえばバーベキュー!そんなBBQは普段の飲みの場では…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る