既婚者と二人きりの食事に行く時に注意したいこと

男性 手

既婚者に食事に誘われたら、あなたはいったいどうしますか。

複数で行くなら行ってもいいと思いますか?会社の上司や友達など、既婚者に食事へ誘われたけれど、二人きりで行くことにためらいがある。気になる人が実は既婚者で、二人で食事に行くことになったが後ろめたい。正直、どこからが不倫と言われるような事になるのか、悩んでしまいますよね。

一度、不倫にはまっってしまったら、不倫にいたらなくても不倫を疑われるというケースもありまう。

そんな状況になってしまうと思いもよらないトラブルに巻き込まれる恐れがあります。もちろん考え方は人それぞれなので一概には言えませんが、既婚者と二人で食事に行くという段階である程度何らかの葛藤がsるのではないでしょうか?

そこで今回は既婚者と食事に行く女性の心理について、どのような場合に気をつけたら良いのかお伝えいたしますので、ぜひあなたのケースに当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

 

既婚者に二人きりの食事へ誘われた時の注意点

 

1. 二人で食事に行くその理由や目的を確認しておく

既婚者である相手と、なぜわざわざ二人で食事に行くのか、理由をあらかじめ聞いておけば解決する場合もあります。

誘ってきた彼が上司で、あなたに注意や忠告しなければいけないけれど周りに誰もいない方がいいと判断した場合などであれば一緒に行って構わないと判断できるでしょう。ただし、2人で行くお店がその彼がいう目的に合っているかどうかというところは判断したほうが良いでしょう。仕事の話であれば、帰り道の途中にあるカフェであったり、いつもみんなで行くようなお店、飲み会なんかをする居酒屋で十分です。特にお酒が入る前提のようなお店は注意したほうがいいかもしれません。ましてムード感あふれるバー等である必要はありませんよね。

怪しいなと思ったら簡単に承諾せず、「こちらのお店にしませんか?」と警戒しなくてもすむようなお店をあなたから提案するのも一つの手です。目的が不明の場合には注意したいところです。

 

2. 断りきれないでの付き合いはNG。

多くの女性が陥りがちなのは嫌われたくない!という気持ちが先行している場合、注意が必要です。どうしても嫌われるのが怖いという方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、断りきれずにイエスと言ってしまうのは、トラブルの元です。

もしあなたが正直なところ「行きたくないなぁ」と思っているのであれば、無理してその既婚者との二人での食事に行く必要はないでしょう。仕事上のつながりの彼であれば「話があるのなら今聞きますけど?」等と対案を出して、行かずに済ませるのがベストでしょう。

また可能性として考えられることは、それほど親しくもないのに二人での食事に誘うのは、やはり相手の男性に下心があるとういうことも考えられますよね。簡単に誘いを承諾してしまうとあなたにそのつもりがなくても相手が本気になってしつこく迫ってくるようになったり、よく断れない女性というのもいrたっしゃいますが、男性にそのように思われてしまってはセクハラの対象にされてしまうかもしれません。

また既婚者ですから、多くの場合、ダメモトで言っているだけの可能性もあります。それなのにあなたがOKすることによって、「いけるのでは?」と勘違いしてしまうことにもなりかねませんので注意しましょう。

しいて言えば食事を断ったぐらいで気まづくなるような関係であるのであれば、どのみちその人とは一緒に何かをできる状態ではありません。二人きりで行かないで済む方法を探し出してみて下さい。

 

3. 夫婦仲の相談をされたらアウト

食事に誘われて信頼できる人だと思って、その既婚者との二人での食事に行ったとします。

もちろん話の内容が不明なまま”のこのこ”行く方はいないかと思いますが、一応目的があって最初は目的通りの話し合いで時間が経過することがほとんどだと思います。ですが、だんだん話の内容が奥さんのグチであったり夫婦仲の相談をされるようになった時点で帰りましょう。

ドラマでも定番ですが、「最近妻とうまくいってなくて…」はほとんどが下心のある既婚者男性の定番セリフです。

悩み事を相談されたりすると気になってしまう方もおられるかもしれませんが、別にあなたに対して解決策を求めているわけでもなんでもありませんし、遊ぶんだったら遊べるけど?的余地がここにあるぞとアピールしているだけです。

そもそも考えてもらいたいのが、あなたが未婚であるのならば、なぜあなたにわざわざ相談するのかということです。だってあなたには女性の気持ちは分かっても奥さんという立場の気持ちはなかなかわかりづらいからです。そう考えれば本当に奥さんとうまくやりたいと考えているのであれば、もっといい相談相手がいてもいいですよね?ですので間違っても同情などしないように注意しましょう。

 

4. もしあなたがその彼を好きだったとしてもアウト

一番厄介なのはあなたが彼を好きかも…と感じてしまった場合です。

やっぱり好きな人からの食事のお誘いとなると喜んで行ってしまうかもしれませんが、これではズルズルと不倫関係に陥ってしまうだけです。後々トラブルになる可能性が高くなりますのでしっかりと筋を通してからにしましょう。本来、筋を通さないといけないのは、ちゃんと別れてからということが大事です。

多くの不倫女性は結局、別れる気のない既婚男性にいいように利用されて終わる…ただの遊び相手でしかありません。

よくあるのが「離婚するから」と言うセリフですが、口先では言っていてもほぼそのことに対する覚悟なんてできていません。ダラダラ付き合うことになるパターンが目に見えています。「離婚するから…」は一番信用できない言葉なので注意しましょう。

もし既婚者を好きになってしまった場合、難しいことかもしれませんが潔く諦める方へ考えましょう。それでもその人を信じたいというのであればその人の離婚が成立するまで辛抱強く待ちましょう。中途半端な気持ちで付き合うのは禁物です。

 

まとめ

いかがでしたか?

既婚者がわざわざ2人きりの食事に誘うのは何らかの理由が考えられることが濃厚です。

もちろん何らかのワケありの場合もありますが、まぁほとんどは”下心いっぱい!”ということでしょう。既婚者と食事に行く女性の心理として、いろいろ思うこともあるかもしれませんが、男性視線で見ていけば下心があることがほとんどです。

先程も述べていますが、家庭事情のことを相談しだすと完全にOUTと思っていいかも。まちがっても同情などしてはいけません。そういう家庭状況になるにはそれなりの理由はあるでしょう(もちろん彼に責任がない場合もある)。けれどそんなことをあなたに相談するのもスジが違います。彼の周りに起こっていることは彼の責任で解決しなければなりません。

そして一番注意しなければいけないのはあなたが安易に彼の誘いに応じないことです。

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る