年上男性がドン引き!!若い女性の「勘違い若いアピール」の”あるある”。

女性 大笑い

男性は若い女性が好きというのは特に間違った認識ではありませんが、「20代前半は売り手市場!若さこそ最大の武器!」とは思っていませんか?ただ注意したいのは、その若さの上にあぐらをかいて「何してもOK!」と考えていると痛い目に会うかもしれません。若いからこその良さも、アピールする方向を間違えたり、やたら調子に乗ってしまうと、案外残念な結果を招いてしまうことも・・・。

そこで今回は取材を元に、年上男性からどん引かれないための若さアピールをご紹介します。

 

1.発言は慎重に

よく若いあるときにはありますが、『友達と飲んでて気付いたら駅で寝てた~』的な「まだまだ若いです!発言」をされると、もうついてけないなーって感じます。これが男子であれば、気をつけなよ(笑)で済みますが、女子である場合、自分のことも大事にできないの?と疑問を持たれてしまいます。

若さゆえのお酒の失敗談などを話すと「さすが若いね~」なんて言われて「エヘヘ、そうですか~?」と照れたくなるかもしれせんが、実際は「ついてけないわ」と距離を置かれてしまっている可能性が大きいです。また恋愛対象としても見てもらえなくなります。

また全員とは言いませんが、体力の面で若さをアピールすると年の差をネガティブに捉えられてしまう場合もあるので注意が必要です。若さをアピールするなら見た目などでさりげなく主張しておくほうが安心ですよ。

 

2.キャピキャピしすぎない

若い女性と話していると新鮮味を感じるものですが、長い時間ハイテンションで来られると年上男子は疲れてしまうものです。

キャッキャしている女子を、全男子が「若くて可愛いね」と思うわけではありません。若いけれど落ち着いているという雰囲気もたまには必要かも?

というのも、ちょっと遊ぶには元気なほうが楽しめますが、ずっと付き合っていく相手を選びたい時にあまりはしゃがれると「なんか違うな」と感じてしまうのです。普段は明るく元気でいいかもしれませんが、時折見せる大人の女性という雰囲気のギャップなどがあれば良いかもしれませんね。

こんなふうに言われると、いつだかの合コンで楽しんでいるように見せようとキャッキャとはしゃいでみせたのに、アレは逆効果だったのかな・・・となんだか虚しくなってきたりしていませんか?

 

3.「ゆとりだから~」

『ゆとり世代だから』って笑って言えば許されると思っているという人がたまにいるのが残念ですよね。

逆にあなたの世代でも、『ゆとり世代はこれだから…』と言われるのが嫌な人もいるはずです。敬語も謙譲語も満足に使えないようでは年上男性だけでなく、同世代にも白い目でみられてしまいますよ?

たしかにゆとり世代は円周率は3で習うし、台形の面積の公式を習ってないかもしれません。何かにつけて『ゆとり世代はこれだから…』と言われることもあるでしょうし、これは世代が上の人たちが反省すべき部分もあるかもしれません、といのも自ら望んだわけではないのに、「ゆとり世代」と周りから馬鹿にされているのは、客観的に見てゆとり教育が目指していたものをちゃんと理解していないから言えることだと思うのです。ですのでそんな風に馬鹿にされるのであれば、それなら自分から開き直ってしまいたい!そう思うこともあるでしょう。

ですが、「ゆとりだから~」と言っておけばちょっと失礼なことをしても許されるというわけではありません。自称することで馬鹿にされないどころか、相手をイライラさせてしまうなど、負の連鎖を生み出してしまうかもしれませんのでその点は注意が必要かもしれませんね!

 

4.「若いうちは経験!」

20代、モテ期がきて彼氏が絶えない人もいるかもしれません。ちょっと自慢したくなる気持ちもわかります!ですが、それを公の場で言っちゃってはもったいない・・・。たまに自分の経験人数の多さを自慢する方もおられますが、「若いうちは経験」の意味を履き違えているのではないでしょうか?

20歳そこらで元彼は2桁いってますって公言してる女子、冷静に考えてどう思いますか?周りはコメントしづらくてドン引きするだけです。いくら若さを武器にモテまくっていたとしても、隠しておくのが無難な選択です。

 

まとめ

男性は年齢を重ねると突然渋みが出てモテ始めることがありますが、その女バージョンはあまり聞きませんよね。確かに魅力的な大人の女性というのもありますが、それ相応の努力がいりますし、それは歳を重ねてからでいいと思うのです。

20代前半は20代前半でとても大事な時期!間違った若いアピールで貴重な数年を無駄にしないようにしましょう!

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る