もう頭は”パンク”状態。ま~ったくいい”アイデア”が出てこないと悩んでいる方のために

街並み

プライベートはともかく、仕事をしていれば様々な場面でアイデアを求められることが多いのではないでしょうか?

斬新な発想でなくても、ちょっとした改善を求められる場合などケースや求められることは様々ですが、仕事で必要な企画であったり、アイデアがあると思いますが、みなさんはどんなふうにアイデアをひねり出しているのでしょうか?

多くの場合、基本的なことはマニュアルなどしっかりと管理されている事も少なくないのではないかと思いますが、教えてくれるのはきっちりと決まったルールであったりするものだけです。

それに対して、アイデアだったり企画の仕方なんかというのは、マニュアル化なんてできないですし、そもそも人に教えてもらえる機会なんていうのはほとんどないのではないでしょうか?

実際、どんな職種であっても、仕事をしている上で“企画”が必要であったり、”アイデア”をじ練りださなければいけないことは少なくありません。

そこで今回は、”企画”出会ったり、”アイデア”だったりを引き出すにはどういった取り組みが必要であったり、環境が良いのか?というのをご紹介したいと思います。

 

1. とにかくアイデアをたくさん出そう

基本的には集中してアイデアをたくさん出すことに集中してみましょう。

質ではなく、量です。多くの場合、ちょっとしたアイデアが出てきた場合、そのことについて掘り下げようと考えてしまうのです。そうすることで時間を取られてしまいがちになってしまったり、頭が凝り固まってしまうので柔軟な発想がどんどんとできなくなっていってしまうのです。

ひとつの”アイデア”が出てきてそのことに対してどうやって実行するかというのはアイデアを絞り出すこととは全く別の事と考えるようにしましょう。アイデアをひねり出すことと、どうやって実行するかというのは全く別物です。

まずはとにかくアイデアをたくさん捻り出す事に集中しましょう。

2. アイデアを出すことを楽しもう

先ほども少し触れましたが、アイデアが出てきた時にそのことをどうやって実行するか?という事を考え出すとなかなか先に進まず行き詰まることが少なくありません。たしかに大したアイデアが出てこないかもしれません。ですがアイデアを考え出すときに一番大事なのは、やっぱり心です。

どんなことでも、“不可能はない”と自分自身が思い込むことができなければ、ちょっとした壁や制限が出てきた場合、そこで思考が止まったり、不安になったってしまったりするのです。そうすると同時にいいアイデアが生まれなくなってしまうのです。

”企画”であったり、”アイデア”であったりは、まずは好きなだけ自由に考え、それ自体を楽しめることが大切です。

というのも、ワクワクしないアイデアは、他の人が聞いても面白くないはずです。

 

3. 一人で出かける

友人と一緒に出かけた方がいろんな話が出てきていい”アイデア”なんかも生まれそうな気がするかと思いますが、居心地のいい環境だと普段と変わらない可能性が高いものです。

きっと悩まなければいけない”企画”であったり”アイデア”であったりというのは今までと違ったアプローチが必要な場合が多いのではないでしょうか?そう考えるといつもと違う環境に自分を置いて、感じたり、経験をする方が、今まで自分の中になかった考え方に出会える唯一の方法といえます。

 

4. 自分の頭だけで考えよう

情報に溢れる現在はこういった非常にシンプルであることでも実践するのが難しくなりつつあります。

というのも多くの方は仕事中はスマホを片時も放さずに、常に触っていたり、デスクでは四六時中パソコンに向かっているということがほとんどだと思いますが、そんな状況の中で本当に自分の頭で考えている時間があるかというとどうでしょう?

きっとインターネットに出ている情報を頼りにしている事を気付く方も多いのではないでしょうか?シンプルに、自分の頭だけを使って考える時間を作ることはやはり”企画”であったり、”アイデア”を出すためには必要なことなんです。

 

 

5. 考えたアイデアは、どんどん人に話してみよう

自分で考えた”企画”であったり、”アイデア”などはどんどん人に話をするようにしてみましょう。

そうすることで、アイデアが思わぬ形に変化することもあります。先ほどの1人旅とは逆のように感じる方もおられるかもしれませんが、大きな根底は自分の気持ちである”企画”であったり、”アイデア”があって始めて発展する可能性があるのです。

もちろん漠然としたアイデアなどであっても、人に話すことでアイデアそのものが明確になってくる場合があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

仕事の進め方などは教わることはあっても、アイデアの出し方であったりというのはなかなか人に聞いても教わることはできません。

ただ仕事、ビジネスを通じて言えばこういった”企画”であったり、アイデアが大事であったりしますので、新しいアイデアを積極的に出していくことは非常に意味があることですし、自分のアイデアが具体化されると何よりも喜びを感じれるはずです。ぜひ、チャレンジし続けることを諦めないようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る