急に顔が老けてきたと感じるのであれば眼精疲労が原因かも?

女性 疲労

日中は過ごしやすい気候ですが最近は朝晩が少し冷え込みますよね。

最近、「少し体調が悪いかも…」とか「体がだるく感じる…」など感じている方も多いのでは?季節の変わり目は風邪をひきやすかったりしますが、秋の夜長といってずーとスマホやパソコンなど触っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった夜更しは、一般的に美容に良くないというのは結構広まったりしていますが、スマホやパソコン画面を見る機会が多いのもまた美容に良くないということをご存知でしょうか?

そこで今回はスマホやパソコンなどの情報端末が見る時間が長いほど美容に良くないという事をご紹介したいと思います。

 

目を酷使すると老け顔に

秋は読書の秋と言われていますが、最近はタブレットなんかで読書する方もいらっしゃるのではないかと思いますが、いずれにせよ今の時代は目を酷使する時代とも言えます。

目が疲れてくるとどうしても表情が疲れた印象になります。そして疲れた表情だけでなく、スマホやパソコンなど見るときの姿勢が老け顔を促進させてしまうのです。デスクトップなどでなければパソコンであってもどうしても顔を下に向けるような姿勢になってしまいますし、スマホなんかはほぼ顔が下向きになってしまいます。この顔を下に向ける姿勢というのが老け顔をr作り出してしまうのです。

どうしても顎を引く姿勢というのは頭を支える筋肉が緩む姿勢になります。頭を支える筋肉が緩むことで、頬もたるみますし、目の筋肉も緩んでしまうのですが、その状態が長ければ長いほど老け顔に結びついてしまうのです。

 

眼精疲労がシワやクマの原因に

目の疲労が老け顔に関係してくる大きな原因は血行不良です。

同じ姿勢を続けていると、だるく感じたりすることから分かるように、肩がこったり首がこったりしてしまいます。そうすることで頭への血流量が減少してしまうと当然ながら目に行くはずの血流も減少してしまいます。

そうすることで酸素であったり栄養であったりと本来必要なものが血流不足により生じやすくなってしまうのです。また目の周りなどにも影響し、肌のハリなどがなくなり、シワやクマが出てきたりしてしまうのです。

じっと画面を凝視することで、眼球はもちろんのこと、まぶたなどの運動機能も低下し、まぶたが下がってきたりすることで、目が小さく見えたりと女子には耐え難い状況になってしまうのです。

これでは化粧でいくらカバーしようとしても、根本的なことを解決しなくては改善されません。普段から疲れた目をした目がパッチリと開くのは難しいですよね?ここから分かるように目の印象というのはとても大きなもので、老けた印象を出してしまう目をいくらその場しのぎで対応しようとしても難しいのです。ですのでまず目の疲れを取り除かなければ老け顔を食い止めることができないのです。

 

どうしても目を酷使する時代ですが、仕方ないからと目の疲れを放置していると、老け顔を増長してしまい、眼精疲労から視力低下を招いてしまったり、さらには目の病気にも結びつく可能性だってあるのです。

 

日頃の意識で目の疲れを和らげる

今はもうパソコンであったり、タブレット、スマホなど情報端末がなければ仕事も成り立ちにくい時代になってきています。ですが何もしないでいると上記のように老け顔を招いてしまうのです。そこで日頃意識したい事をご紹介しますので眼精疲労からくる老け顔をできる限り予防しましょう!

 

 

目をパチパチさせる

目をギュッと閉じて、開いてを繰り返しましょう。そして眼球を左右へ動かしてみると目の周りがストレッチされている感覚を感じることが出来るはずです。しっかり行うことで眼精疲労はもちろんのこと、目の周りの筋肉も鍛えることができるのでお勧めです。

空いた時間、常に取り組めば老け顔も解消されているかもしれません。

 

目の周りを刺激する

目頭の上であったり、目の下であったり眼球と骨の境にあるツボをやさしく刺激しましょう。じんわり目の疲れを感じることができるかと思います。またこめかみのくぼみに親指の腹で軽く押さえることでも眼精疲労を和らげることができます。

 

まとめ

いかがでしたか?

眼精疲労が原因で老け顔になるなんて嫌ですよね?日頃から少し意識してマッサージであったり、目の運動を行うことで眼睛疲労っを和らげることが可能なんです。気がついたら老けていた!なんてことないようにぜひ試してみましょう!

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る