【事件発令!】いつもはスーツビシッとしてるのに私服がダサかった時の対処法

女性 驚く4

最近は男性でもオシャレな方って増えてますが私服にはあまりこだわらないでいる人もいるものです。

いつもは仕事などではスーツでバッチリ決めている男性であっても、オフの日はもちろん私服ですからBBQや出張の空き時間であったりした時に、そんな男性の至福を見る機会も案外あるものです。

ですがスーツと私服はイメージ的にも大きく違いますので、スーツ姿はあんなに格好よかったのに私服が超絶ダサくてガッカリ、という事態に遭遇する人も多いのではないでしょうか?多少ダサいぐらいであればスルーできるものの超絶にダサかったりした場合、どうしたら良いのか対処に困ることもあるのでは?

そこで今回は、“男性社員の私服がダサかった時の対処法”をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください!

 

1. 提案はダメ

ついついダサいと女性としては口を出したくなってしまうかもしれませんが、一番やってはいけないのが、提案です。

というのも提案される側からすれば、遠回しにダメだし、もしくは変だといわれているのはバレバレです。もちろんもともと服自体にそこまでこだわりがない場合であれば気にしないかもしれませんが、そうは言ってもダサイ彼なりにポリシーを持って服を選んでいるかもしれません。ですのでそれを無下に否定してしまうような提案するという行為は彼のプライドが傷ついてしまいます。

 

2. 「可愛い」という

本当の仲間内の相手でなければ相手も相手なりに服装は気にしているはずなので、プライベートであれ、仕事の付き合いなどであれ、オフの時間で上司や取引先の男性などと会う場合などは、必ずどこかを褒めれる要素をしっかりと見つけましょう。

ただ無理して「おしゃれですね」というのはいわない方がいいでしょう。そのあと変に話が膨れ上がっても対応に困りますし、心にもないこと、つまり嘘をつき続けるのには限界があります。ですので頑張ってどこか一か所、何でもいいので褒めれるポイントを見つけましょう。時計でもいいですしバック、はたまたボタンでも良いです。「○○可愛いですね♡」位でとどめておくのがベストです。

どうしても褒めるポイントが見つからなければ、自分のファッション知識をフル回転させ最悪ジーンズの縫い糸でも良いのでとにかく「可愛い」といっておくようにしましょう。

 

3. 笑いに変えてみる

年上であったり、上司であったり、または取引先であったりする場合は、上記の「可愛い」というコメントが無難ですが、年下や同僚であったりした場合というのは素直にコメントしてもいいかも。ただ重たい否定というのは言われた方もどうおすればいいか困ってしまうので、明るめに「え~それはダサいよ。超面白いね、私服!」などと笑いに変えるのもオススメです。

そこから「もう……今度一緒に選んであげるよ。GUでいい?」などといったりすればもしかするともしかする展開になるかもしれませんよね。

また周りの反応を見て、相手のあまりのダサさにフリーズしてしまっているのであれば、そういった冗談混じりの言い方で行けば、凍っていた場の空気も和むかもしれません。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

正直、ファッションとなると男は一気に疎くなる方も少なくありません。また仕事上の付き合いであれば多少気にするけれどプライベートはどうでもいいという男性もけっこう多いものです。また全く無頓着ならあなたの言葉もさほど刺さりません(どっちがいいかは人それぞれですが…。)ただもしその相手があなたの気になる男性だった場合、無頓着過ぎるのも違和感を感じてしまいますよね。

また無頓着なら彼を変えてあげる!という気持ちも芽生えるかもしれませんが、ダサいうえに変なこだわりがあると余計にやっかいですよね。

とは言うもののダサい彼を見た瞬間というのは反応に困ってしまうもの。上記のことを頭に入れて対応してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

ピックアップ記事

男性 考える

2015.6.20

”なぜ僕には彼女がいないか…”を理論的に考えてみた。

好きな相手と出会い、恋に落ちる。 最初はどちらか一方の想いであっても、ステップを踏みながら親密になり、やがて2人は恋人に…。 一般的に交…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る