情やトラブルとおさらば!彼との別れを考えたときに考えたいこと。

カップル 喧嘩6

恋愛を続けていく中でい行ことも悪いこともありますが、別れを選択する場合ってありますよね。

ですが付き合いが長ければ長いほど、今後改善される見込みがなくてもズルズルと関係を続けてしまう場合もあります。また同棲している時なんか色々と面倒なことが起こるのも事実。

そこで今回は別れを意識した時に悩んでしまってる場合に参考にしてもらえるものをピックアップさせていただきましたのでぜひ参考にしていてください!

カップル ケンカ

疲れる・めんどくさい彼氏にサヨナラ!正しい恋人との別れ方

そろそろダメかも。今の恋愛がなんかめんどくさくなってきた。こんなふうに感じるあなたはどういうふうに彼と別れるのがいいかと悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

別れを選択する理由は人それぞれですが、恋人との関係が終焉を迎えるのは、結婚して家族となるか、お別れをして他人に戻るかの二択しかありません。これはどれだけカップルがいても恋人として最終的にたどり着く結論はこの2つしかありませんよね。つまり、結婚を考えられない相手とは、いつかはお別れするものです。

そこで今回は、彼氏とお別れを考えたら、どのような行動をとるべきなのか?というテーマで考えたいと思いますが、お互いが納得して別れを選択するというのも多くはありません。また女性から別れを切り出す場合、男性は一般的に見て未練を残す方が多いので、面倒な性格の彼氏の場合やっかいな存在になってしまいます。ですがそんなめんどくさい彼氏を相手にしても、スマートに別れることができる方法をご紹介したいと思います。

 

女性 荷物をまとめる

「彼と別れたい!」でも同時に同棲を解消しなきゃ…きっぱりと別れ話をするために

恋愛は結婚するという選択がなかた場合、別れというものがほとんどの方には訪れるものですが、同棲していると思い立ってもなかなか言い出せないことは少なくありません。理由は様々だと思いますが、よほど相手のことが嫌いにならない限り情もありますから言い出せないで関係をズルズルと続けてしまうのです。

ですが、一旦別れを意識するほど悩むとなると、その後の関係が元のようによくなることもなかなか望めませんから、きっぱりと別れを告げることがベストな選択と言えます。

今回はそんなふうに同棲している相手とうまく別れる方法をご紹介したいと思います。

 

男性 浮気

泣いてないで行動しよう!初めて浮気されたあなたへ、浮気癖のある男を見抜く方法

よく男性の浮気癖の悩み事など抱える女性がおられますよね。

”今まで付き合ってきた彼とは浮気が原因で別れた!男なんて浮気するもの!”など割り切っている強者はともかくとして、初めて浮気をされるという経験はとても辛いものです。そして浮気した当の本人は、はじめての浮気にはそれなりの罪悪感を感じますが、何度か浮気を重ねるにつれて、後ろめたさは軽減されていきます。それがいわゆる人間の慣れというもので怖い部分でもあります。

そして浮気されたのが初めてでなければ、「またか…」という感じで良くも悪くも強さを備えている印象がありますが、初めて浮気されたという方には彼を信じるか信じないかという状況でしょう。

そして彼のことがまだ好きなために、「一度の犯した過ちを次から改めてくれる」と考えてらっしゃるかもしれませんが、そんなのは幻想に近いかもしれません。

なぜなら心理学的に後ろめたいことでも自分が経験することで、その受容域(つまり許される領域)が広がるからです。

rikonn

結婚したら男は変わる!?そんな見込みの低いものにかけないで違う人見つけましょ!絶対に離婚することになる男の特徴

恋人同士という恋愛関係の場合、多少のことは気にしないものです。相手の多少の欠点はスルーしてしまいがちな恋人という関係ですが、結婚後にその多少の欠点が原因で大きなトラブルになる可能性もあるのです。

というのも結婚前に彼に対して感じていた小さな違和感が、結婚後の大きな苛立ちのモトに変わったという声は実はかなり多く、離婚原因にもなりかねないような大事な部分だったんです。

そこで今回は結婚前には必ず確認しておきたい「残念な夫の兆候」をご紹介させていただきたいと思います。

いかがでしたか?

情など人には優しさというものがありますが、それにばかり溺れているような相手では一緒に溺れてしまうことは間違いありません。自分の将来にとってどうなのかというのを見極めていただくきっかけになれれば幸いです。

関連記事

ピックアップ記事

女性 怒る

2015.6.24

男性に嫌われる女はなんと…!?冷め切った夫婦でありがちな○○できないオンナ

男子から嫌われる女子の特徴をあげると、必ず入ってくる項目があります。冷め切った夫婦でありがちな○○できないオンナ。そこで今回は、男子に嫌われ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る