時代が変われば女子も変わる!イマドキ女子が結婚相手に望む条件”三温”とは?

カップル ハグ3

あなたは結婚相手の条件として何かありますか?何を望みますか?

いろんな考え方や価値観など様々だとは思いますが、時代の流れというものは正直で時代に応じて多くの人が望むことというのは同じように変わってくるものです。

”三高”という言葉をご存知の方もいらっしゃるとは思うのですが、”三高”を望んでいる女性なんてもうそんなにいないのではないでしょうか?そこで今回は時代の移り変わりとともに女性たちが結婚相手に望む特徴というのをまとめてみました。

1. バブル期といえば”三高”

先ほど”三高”という言葉に少し触れましたが”三高”とは一体何かと言うとバブル期の女性が結婚相手に望むことをまとめた言葉です。

  • 高学歴

  • 高収入

  • 高身長

いかがでしょうか?この3つの”高”がそろった男性のことを”三高”といい、当時の女性の憧れでした。バブル期なんてもう20年も30年も前のこと、1986年12月から1991年2月までの4年3か月がバブル期と言われています。女性たちが奮起して、結婚相手を探し求める姿が目に浮かびますよね。正直言って、今の時代も三高であるに越したことはないと思いますがなかなか今の世の中では高収入という面では難しいのが現実です。

2. バブル崩壊後、現実に直面して…

バブルが崩壊したあとも正直リッチな結婚生活を夢見る女性はなかなかいなくなりませんでしたが、当たり前のことですが一部の人たちを除いては高収入なんて望めなくなってきました。

日本景気が低迷してくると、なかなか高収入という面でクリアは難しくなってきます。
時代が変われば女性の考え方も変わるもので高望みしすぎなくてもいいと思ったんでしょう…。次に現れたのは”三平”と言われています。

  • 平均的な容姿

  • 平均的な年収

  • 平均的な性格

要は高望みができなくなったために平均であればいいかというのがこの頃の女性です。とは言うものの、専業主婦を夢見る人はまだまだたくさんおられました。そしてようやく最近、専業も厳しい時代ということに気づいて共働きでも仕方ないと思うように女性はなってきたのです。

とは言うものの実際のところで言えば平均的な収入なんてメディアで放送されているぐらいしか情報として入ってきませんから平均とはいってもなかなか平均の収入になることも大変だったのです。

3. 今求められるのは?

平均的な”三平”が求められることも結構長かったのですが、最近はどちらかというと社会的ステータスや外面よりも内面を重視するようになってきているのです。

今、世の女性が結婚相手に求める条件とは”三温”です。

”三温”とは…

  • 優しさ

  • 愛情

  • 安心感

いかがですか?

あのあなたが結婚相手に望むのは”三温”でしょうか?現在の多くの女性はお金よりも外見よりも自分のことを大切にしてくれる男性がいいようです。

まとめ

いかがでしたか?

”三高”・”三平”・”三温”と、時代や経済が変化するにつれて変わっていく結婚相手に求める条件。”三高”の男性がいないとはいいませんが、バブルの時期に比べるとやっぱりなかなか会えないものです。

そのため女性は結婚相手にあまり求めすぎない傾向になり、”三高”・”三平”・”三温”と変わってきたのですが、これは女性が結婚相手に対して『見た目重視』から『内面重視』に変化しているということが言えます。

高身長。高学歴、高収入の男性が隣にいるのは今でも女性の憧れかもしれませんが、あまり求めすぎては結婚できない事に気づいて次第に、平均的の見た目ならいい。お金持ちで性格ブスよりも性格が普通ならいい。という考えになりました。

そして最終的には、心の温かさや愛情の深さに重点を置くようになってきたのです。

見栄やプライドのために高望みをしてハイスペックな男性を狙うのであれば、自分を一途に愛してくれる、気の合う相手と結婚した方が幸せ、と考える人が増えたのかもしれませんね。

実際、今の10代や20代はリストラや大企業の倒産など、暗いニュースを小さい頃から見て育ったからこそ、先行く不透明な世の中でも精神的に支え合い、生きていけるようなパートナーを望んでいるのかもしれません。

時代とともにモテる男の条件は変化するものですが、これから人気が殺到しそうな”三温男子”。

婚活女子は、彼らの生態や女性の好みをしっかりリサーチしておいたほうがいいかもしれませんね。

関連記事

ピックアップ記事

満月 デート

2015.9.15

満月の威力が半端ない!?お月見デートを勧める理由と、やめたほうがいい理由!

皆さんは、お月見デートをしたことがありますか? 天気次第ではありますが、満月が鮮やかに見える夜というのは、絶好のお月見デート日和と言え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る